スポンサーリンク

 

 

 

勝ってはいる。

確かに、収支はプラスとなっているのだが、どうにもしっくりこない稼働が続く。

モヤモヤの原因は、間違いなく勝率の低さにある。

今年に入ってから、月間勝率5割を切る月が多発。

過去4年。

ここまで勝率が低かった事はない。

負ける日が多いと、精神衛生上あまりよろしくない。

元来、勝率に目をつむって、一撃を狙うタイプではない。

それだけ、余計に気掛かりな日が続く・・・。

では、2005年七月の稼働をご覧ください。

 

 

立ち回り

 

 

基本は北斗・・・と、長らく言い続けてきたが、今月は様相が異なる。

勿論、北斗自体は打っているのだが、その回数が大きく減っている。

要因は、ファースト店以外「コレッ!」と言えるお店が無くなってきたから。

北斗の拳自体、設定看破が優しく、次々と判別を繰り返してイケる機種ではない。

その為、闇雲に打っていては、簡単に負ける事が出来てしまう。

「使えるお店の減少」

なかなかの死活問題だ。

代わって、立ち回りのメインとなったのが「クレオフイベント」

等価のお店や、5.5枚交換のお店で実施しているお店を何店か見つけたので、曜日ごとのローテーションで回す立ち回りを行っていた。

ちなみに、よく打っていた機種は、鬼浜ジャグラーだ。

後はお馴染みのハイエナ。

機種も相変わらずの、吉宗銭形メインだったが、今月は、久しぶりに例の「魔性の女」榎本加奈子を打っている。

 

 

新機種

 

 

今月打った新機種は、

 

・パチスロ海物語

・リオデカーニバル

南国育ち

海物語は、先代?海一番同様ハイエナ専用マシン。

REGがないので、ハイエナしやすい機種だったのだが、連チャンゾーンがそれなりに長い事もあり、先代程お世話になる事はなかった。

このスペックなら、吉宗を打つ。

リオデカーニバルはネット製だし、RIOちゃんがドストライクな身としては、打たずにはいられなかったのだが、打ったのは二度だけ。

AT+ST機なのは覚えているのだが、あまり中身の記憶はない。

他のサイトを見てみても、何も思い出さない。

多分、面白くなかったのだろう。

最後の南国育ちは、沖スロ不遇の地域において、沖スロを一気に浸透させた立役者。

個人的にもよく打ったし、シンプルに面白かった機種。

この台の詳細は、明日の機種名鑑にて。

 

 

展開

 

「しっくりこない稼働」の原因は、勝率の低さだと書いた。

だが、そう感じるには、もう一つ理由がある。

それは「去年の結果」だ。

去年があまりに出来過ぎだった為、その対比で、今年の稼働が「今イチ」に感じてしまうのだろう。

6月終了時点の収支は、2001~2003年とほぼ同じだからね。

しかし!

今月は、その2004年を彷彿とさせる快進撃を、初日から見せる!

初日にいきなり、クレオフイベントで鬼浜の設定6を掴むと、コレが+109Kと、10万両オーバー勝利のスタート。

翌二日には、鬼浜・黄門ちゃま・海物語の三機種をハイエナし、何と合計+105Kの大勝利!

自身初となる、月初から二日続けて10万両オーバー勝ちの連勝となった!

ここで体調を崩し、3~5日は稼働を休んだのだが、勢いは止まらない。

稼働復帰した6日には、夕方に訪れたファースト店で、吉宗の「0・0」1,200ハマリと言う、よだれが溢れそうな台を発見。

喜び勇んで打ち始めると、僅か3Kで引いたBIGを皮切りに、連チャンループに1ゲーム連を絡めた上、松解除を引くおまけ付き!

あれよあれよコインが溢れ出し、何と、たったの3時間程で、軽く万枚を達成!

ハイエナ史上、自身歴代最高となる、+235Kを叩き出してしまった。

初日から三連勝で、全て10万両オーバー勝ち。

収支は、稼働三日目にして+458Kと、もの凄い数字になってしまった。

その後、ここから10日間程は出たり入ったりを繰り返し、折り返し地点となる15日終了時点では、+433Kと収支を伸ばせずじまい。

流れが変わったのは、16日。

等価のお店で、ジャグラーガールのオフ台をツモり、設定4ながら+31Kとキッチリ勝利を収めると、翌17日には、ボギー店のイベントで鬼浜の設定5を掴み+60K。

やはりパチスロは高設定台を打ってこそ。

20日には、別の等価店(同じグループ)のクレオフイベントで、GOGOジャグラーVのオフ台をGETし、+85K。

23日は、いつもの等価店で、一週間前同様、ガールのオフ台をツモり+33K。

24日に、ファースト店の北斗で、今月初の北斗設定5を打ち+35K。

27日には、やはり一週間前同様、別の等価店でGOGOジャグラーVのオフ台を掴み、+67K。

この時期。

まだまだジャグラーは主流ではなく、スロットスキルの高いユーザーは、あまり興味を示していなかった。

その為、ジャグラーのシマはスライムだらけ。

そんな中、青銅の剣を持って戦っているようなものだったので、オフ台が存在さえしてくれれば、何とかなる状況。

等価交換という交換率も味方し、今年一番の収支を収める事が出来た一ヵ月であった。

 

収支

 

 

12勝9敗 +722K

胸を張れる勝率ではないが、最低ラインはクリアしたので、まずは良しとしておく。

一方収支の方は、納得の数値。

去年を思い起こさせる快勝で、会心の一ヵ月。

 

今月の機種別収支ベスト3は、

 

一位 ジャグラー(+224K)

二位 吉宗(+213K)

三位 鬼浜爆走愚連隊(+171K)

遂に北斗が首位陥落。

代わって首位に躍り出たのは「ジャグラー」

二機種合算してのものなのだが、まぁ「ジャグラー」ひとまとめで良いでしょ?

吉宗は万枚一発。

鬼浜は、高設定&ハイエナの両刀使いが上手くハマッてくれた。

 

続いてはワースト機種。

 

一位 サンダー(-15K)

二位 スーパービンゴ(-9K)

三位 ガッツだ森の石松(-8K)

今月も特に「機種」で負けているものはない。

サンダーだって、1戦1敗でのもだしね。

そう考えると、あのエノカナでの負けッぷりは異常だな(汗)

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事