スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第127弾「南国育ち」の登場です。

僕の住んでいた地域は「沖スロ不遇の地」として有名。

時期的には、この後から30パイの沖スロを設置する店も増え始め、遅まきながら沖スロブームが到来するのだが、その立役者となったのは、間違いなくこの南国育ちであった。

シンプルなゲーム性の中に、熱さを「ギュッ」と濃縮された、100%果汁ジュースのように濃厚な本機。

では、早速振り返っていきましょう!

 

 

基本情報

 

 

■メーカー

オリンピア

■発売時期

2004年5月

 

 

BIG REG 機械割
設定1 1/314 1/439 94.1%
設定2 1/300 1/421 96.4%
設定3 1/275 1/388 100.3%
設定4 1/245 1/344 107.3%
設定5 /232 1/308 112.2%
設定6 1/230 1/292 113.3%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴

 

 

・ストック機

・モードタイプ

・完全告知

・パトライト

・てふてふ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RT解除

 

 

 

本機はストック機なので、RTの解除=ボーナス放出となるのだが、通常時の放出条件は二つ。

純ハズレ&自力解除を合算した「ノーマル解除」と「天井」である。

特に特記事項はなく、通常時はレバーを叩いて「キュイーンッ!」という音ともにパトライトが光れば、めでたくボーナス確定。

BIG確定のプレミア告知などもあったが、光れば(鳴れば)ボーナスと、シンプル過ぎる程にシンプル。

 

 

設定1 1/324
設定2 1/318
設定3 1/309
設定4 1/295
設定5 1/277
設定6 1/244

 

 

 

天井の方は、ほぼ996ゲーム。

後述するモードA滞在時のみ、6,000ゲーム。

・・・ここまで深いと、最早天井でも何でもないが。

 

 

モード

 

 

モードは、

 

通常A・B

チャンスA・B

連チャンA・B

の、全6つ。

それぞれ、名前通りのイメージで問題ないが、大まかな特徴だけ。

通常Aはループしやすい為、なかなか連チャンしないが、移行する場合は、チャンスBor連チャンA。

但し、設定6のみ、75%で連チャンAに移行する。

 

通常Bは、チャンス・連チャンに移行しずらく、最も連チャンが期待出来ないモード。

 

チャンスAは、設定に関係なく約60%で連チャンAに移行。

残りの40%もチャンスAに滞在なので、連チャン目前のモード。

 

チャンスBも連チャンAに移行する確率が高いが、チャンスAと異なり、設定差がある。

単純に設定が高い程移行率が高く、設定1だと約55%だが、設定5なら75%。

設定6においては、約84%で移行する。

連チャンに移行しなかった場合は、チャンスBに滞在となる。

 

連チャンAからは、チャンスB以外のモードに移行する可能性があるが、最も高いのは連チャンB。

設定6以外は、約66%。

設定6は、約85%で連チャンBに移行する。

 

連チャンBからは、連チャンAへの移行率が高い。

中間設定である、3と4が最も高く約80%

低設定である、1と2が75%と次いで高い。

設定5は70%あるが、設定6だけは、移行率が約10%しかなく、約78%の高確率で、通常Bへ移行してしまう。

 

 

0ゲーム連

 

 

上記したモード移行で、連チャンAorBに移行すると、めでたく連チャンが確定。

本機の連チャンは、ほぼ「0ゲーム連」

ボーナス消化時に、盤面左の蝶々が見事に舞えば、その時点でレバーONでのボーナスが確定する。

蝶々が飛ぶのは、BIGの最後のジャックゲームかREG時。

そして、ボーナス終了後最初のレバーON時。

北斗の拳同様、8ゲーム間のジャックゲームに熱さを凝縮し、打ち手の心を鷲掴みにした演出。

感服の一言である。

 

 

設定6

 

 

 

本機最大の特徴として「設定6が分かり易い」と、言うものがある。

モード移行の特異性が、設定6を看破しやすくさせていたのだが、

ザックリ言えば、

「単発と3連を繰り返しやすい」

のが、設定6の特徴となる。

何故かと言えば、

 

①通常Aからは、75%で連チャンAに移行。

②連チャンAからは、約85%で連チャンBに移行。

③連チャンBからは、約78%で通常Bに移行。

④通常Bからは、約81%で通常Aに移行。

するからである。

少々分かりづらいかも知れないので、追加説明をば。

 

仮に、朝イチ通常Aにいたとしよう。(設定変更後は通常Aスタート)

ここで当たりを引くと、①になる可能性が高い。

3/4でてふてふが飛ぶ事になる。

そして、2連目終了時には、②になる可能性が高いので、約85%でてふてふが飛ぶ事になる。

で。

3連目終了時は③になるので、約78%で連チャン終了となってしまう。

通常に戻り再度当たりを引くと、今後は通常Bにいる可能性高いので、移行先は約81%の高確率で通常A。

残念ながら単発に終わるという寸法だ。

勿論、単発が2回続く場合もあるし、連チャンが5連する場合もあるのだが「多くの場合」単発と3連を繰り返す。

コレが、設定6が分かり易い要因である。

 

 

立ち回り

 

 

高設定狙い一本。

と、言うか、設定6狙い一本だった。

800ゲーム超えとかが落ちていれば、それは喜んで拾うのだが、わざわざ探してハイエナをする事はなかった。

熱いイベントや、設定6投入濃厚な場面で、積極的に狙っていくのが王道だろう。

但し「単発と3連」というワードから、初代獣王を思い浮かべてしまう方がいらっしゃるかもしれないが、それは全く見当違い。

本機の設定6は、ツモるまではワクワクドキドキするのだが、設定6が確定しまうと「行」になる事が多い。

「はいはい単発ね」

「ここは3連・・・単発かいっ!」

みたいな(苦笑)

それでも、安定感は高いので、積極的に狙っていく価値のある台ではあった。

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事