スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第65弾「コンチ4X」の登場です。

サミー系が猛威を振るう中、アルゼが「待った」をかけるべく放った爆裂AT機。

名前に「コンチ」を冠してるのだから、気合は相当入っていたハズ。

それまでホールにおける設置比率では断トツを誇っていたアルゼだったが、サミーの台頭により、その牙城は完全に崩されていた。

パチスロ界のリーディングカンパニーとして、負ける訳にはいかない戦いの中リリースされた本機。

ファンの方も多かったのではないでしょうか?

では、振り返っていきましょう。

 

スペック

 

■メーカー

アルセ

■発売時期

2001年8月

 

BIG REG 機械割
設定1 1/399.6 1/79.5 95.7%
設定2 1/372.4 99.5%
設定3 1/348.6 103.7%
設定4 1/327.7 109.5%
設定5 1/292.6 117.3%
設定6 1/240.9 166.6%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプ

 

本機はタイプで言うとB+ATという区分。

ボーナスの構成は「BIG」・「REG」・「AT(スーパーラッシュ、以下SR)」の3種類。

まずは、どちらも特徴的なBIGとREGの説明から。

BIGは「B」タイプなので、JACKゲームが2回。

それにプラスして、ノーマルとスーパーの2種類が存在する、ツインBIGを搭載。

ノーマルの場合は、平均約280枚。

スーパーの場合は、平均約490枚と、獲得枚数の差は大きい。

SR中に引いたBIGは全てスーパーとなる為、SRとBIGの連打で大きく出玉を伸ばす事が可能となる。

※通常時にBIGを揃える際、普通に揃えると、1/128でスーパーBIGに昇格するが、赤7を「X」の形で揃えると、1/32でスーパーBIGに昇格する

 

そしてREGだが、こちらはもっと特徴的で、フラグが成立する確率は全設定共通で「1/79.5」と、高確率。

ただし、通常時は「12択(押し順6通り+2色)」「当てない」と揃わない為、ナビがない状態でREGが入賞する確率は
「1/954」となる。

そして、以前紹介したギャンブルコンボ同様、揃える事が出来るのは「成立プレイのみ」となっているので、揃えられなかった場合、REGフラグは「消滅」します。

ですので、その特性上、REGは完全告知となります。

BIG同様、SR中に引いたREGは全て「ナビ」が発生する為「目押しミス」がなければ、全てのREGを揃える事が可能となります。

 

 

SRの概要

 

本機のATであるSRは、その仕組みが非常に難解となっております。

少しでも分かりやすく伝わるように頑張って書かせて頂きますが、それでも分かりにくい場合は、コンチ4Xのせいではなく、僕の文章力の問題です(汗)

 

状態

 

獣王同様「高・低」の状態が存在し、高確率の方は当たりやすく連チャン性も高い。

当然、低確率の方は当たりにくく、連チャン性も低くなります。

低確から高確への移行は下記の通りです。

・BIG終了時の14/32

・REG「成立」時の3/32

・純ハズレ成立時の8/32

・中段チェリー成立時の16/32

・設定変更時
※但し、同一設定への打ち直しは、低確スタート確定

続いて、高確から低確への移行です。

・角チェリー当選時の4/32

・リプレイ当選時の3/32

※BIG終了時及び、設定変更時に高確に移行した場合は、50G保証されるが、その他の契機で移行した場合は、次ゲームより転落抽選が行われる

継続ゲーム数

SRの継続ゲーム数は「10(50%)」・「20(46.4%)」・「100(3.6%)」の3種類。

カッコ内はそれぞれの振り分け率となります。

 

抽選契機

 

獣王の場合、ATの抽選契機は「純ハズレ」のみであったが(天井を除く)、本機は、抽選契機も多岐にわたる。

まずは「通常」の抽選契機から。

・BIG当選時

・REGを「揃えた」時

・REGを「とりこぼした」時

・純ハズレを引いた時

・BIG間規定ゲーム消化(実質天井)
1,200(25%) or 1,500(50%) or 1,800(25%)
カッコ内はそれぞれの振り分け率

ここからはプレミア契機

・BIGの1G連チャン

・BIGで599枚(MAX)獲得

・BIG中のJACKハズレを引く

後、SR最終ゲームでリプレイを引くと、上乗せが確定します。

SR突入確率

ここからは、それぞれの状態及び設定による、SRの突入確率を一覧にします。

BIG当選時

低確率状態
設定1 10.058%
設定2 11.523%
設定3 11.523%
設定4 14.941%
設定5 14.941%
設定6 26.269%

 

高確率状態

設定1 20.019%
設定2 20.019%
設定3 22.753%
設定4 22.753%
設定5 26.269%
設定6 26.269%

 

 

REG成立時のSR突入率(REGを揃えた場合)

 

低確率状態

設定1 5.004%
設定2 7.031%
設定3 7.031%
設定4 10.449%
設定5 10.449%
設定6 30.859%

 

 

高確率状態

設定1 25.000%
設定2 25.000%
設定3 27.636%
設定4 27.636%
設定5 30.859%
設定6 30.859%

 

 

 

REG取りこぼし時

 

全設定共通:1.513%

 

純ハズレ出現時SR突入率

 

低確率状態
全設定共通:0.097%

高確率状態
全設定共通:3.125%

 

 

本機には数多くSRに突入するパターンが存在しますが、上記の表をご覧頂ければ分かりますが、基本的によく遭遇するモノは、BIGを引いた時と、REGを「揃えた」時になるでしょう。

そして、この二つパターンが、高低の状態による差が大きい為、如何に、高確でBIGを引くor REGを揃えられるかが、爆裂への突破口となります。

上記の表から分かる事がもう一点「設定6に高低の概念はない」と言う事です。

獣王のように「純ハズレ=AT」とはなりませんが、それでも、BIGの1/3でSRに突入する事、そのBIG確率がそもそも高い事から、ある程度打てば、設定6も看破出来るモノでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

上記以外にも、特別状態でのSR抽選の存在や、連チャンテーブルなどもありますが、とりあえず基本的なゲーム性の説明で一旦終了とします。

個人的にはサイバードラゴン同様、全く勝った記憶がなく「爆裂」を経験した事が一度もない機種でしたが、本機で、2万枚や3万枚の声を多数聞ききました。

ポイントを貯めて打てる機会でもあれば、必死でポイントを集めたんですけどねぇ。

 

 

今回の動画は、プロモーション動画ですが、非常に分かり易かったです。

普通に「3万枚」とか言っていて、時代を感じざるを得ません。

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事