スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

十二ヶ月目に突入したパチスロ専業生活。

2001年元日からスタートしたこの生活も、そろそろ一年が経とうとしている。

「負けたら即引退」

と、決めて始めた暮らしであったが、ここまでは、何とかかんとかやってこれた。

しかし、時は師走12月。

リーマンスロッター時代、最後の最後に負け越してしまった、ゲンの悪い月である。

キチンと立ち回って結果を残さなければ、年明け早々、就職活動に勤しまなければならなくなる。

では、第130話をご覧ください。

 

 

理由は?

 

12月4日

今日はラッキー店が因縁の?「武蔵と小次郎」開催の為、朝からラッキー店へ。

勿論狙いは獣王の設定6。

先日、系列店のクレイン店で掴み、万枚を達成する事が出来たが、やはり、ここラッキー店でもう一度ツモり、万枚出してこそ「真のリベンジ達成」と言えるだろう。(何度も言うが、僕が勝手に設定6を捨てただけだが・・・)

開店30分前に到着すると、先客は6名。

じっくり台を選んでいる時間はないだろうが、台取り自体は問題なさそう。

10時開店。

予想通り台を吟味している余裕はなく、取り敢えず「526」札にタバコを投げ入れた。

開店チェックを済ませ後は、獣王恒例のデモフラッシュ確認を経て(全台リセット)、いざ勝負開始。

命運を握る最初の純ハズレは、大体の確率通りである投資6Kの時。

涼しい顔をしながらも、目だけはドットを凝視していたが、そんな簡単に設定6がツモれる訳はなく、あえなく外れ。

ここは想定の範囲内なので、予定通りお次はガメラ・・・なのだが、この日のガメラは全台「526」札が刺さっている。

お店が「嘘はつかないけど、全台設定2です」と、言っているようで、どうにも気が進まない。

一応は、凹み台の上げ狙いで一台打ってみたものの、最初のBIGでハズレが2回と、一発でやる気をなくす。

ダメージが小さかった事に納得して撤退。

花火も全台「634」札だったので、こちらも探す気にはなれず。

どうにもやる気を感じられないので、この時点でラッキー店を諦める。

原付に跨り向かった先は、隣駅の系列店、クレイン店。

本日こちらは機種別イベントで、対象機種は獣王。

処女台はなく、全て回された状態。

しばらく観察していたが、6はなさそう。

そんな状況なので「打たずに撤退」が正解だと思うのだが、何故か二流スロッター銀猿は、ガメラに着席。

選んだ理由は何だろうか?

この時点で時刻は13時過ぎ。

まだ、設定の「せ」の字も見えてこない状況な上、イベント対象機種でもない。

そして、この店の設定の「クセ」を熟知している程、通ってもいない。

「はて?」

一体全体どんな理由があってガメラに座っているのか、皆目見当もつかない。

もっとも考えられる選択理由は「打ちたかったから」

コレが最もしっくりくる。

ここ最近ガメラでの収支が好調であり、ガメラ熱が上がっていたであろう事は、簡単に予想出来るし、ラッキー店で「打てる」と思っていたところが、どうにも手が出しづらい状況で打てなかった事も影響しているかもしれない。

「だが」

何の根拠もなく座ってしまえば、設定1を掴まされてしまう可能性は非常に高い。

いくらガメラとは言え、7.6枚交換の設定1は当然打てない。(設定2もね)

にも関わらず座っていいるのだから「何かしら」の根拠があったハズ。

いや、あって欲しい。

あったら良いなぁ~。

こんなあやふやな台選択であったが、結果としては、ラッキー店の負債を回収する事に成功。

こんな打ち方で勝ってしまうと、台選択が甘くなって、いつかしっぺ返しを喰らう事になるぞっ!

 

 

店舗 機種 収支
ラッキー 獣王 -7K
ガメラ -3.6K
クレイン ガメラ +14.7K

 

 

コメント
ラッキー店「武蔵と小次郎」。
クレイン店、機種別「獣王」。
小計 月間計
+4.1K +59.8K

 

 

第131話に続く

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事