スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

十二ヶ月目に突入したパチスロ専業生活。

苦戦が続いた11月ではあったが、結果的に、収支は満足のいくものとなった。

このまま年内を乗り切りたいところだが、初日にパチンコ「ミルキーバー」で勝って以降は、どうにもしっくりこない。

鬼門の12月だけに、なるべく楽な展開で打っていきたいが・・・。

では、第131話をご覧ください。

 

過去最深

 

12月5日

今日は朝からクレイン店へ。

本日のイベントは「武蔵と小次郎」。

そう、一週間前に獣王の設定6をツモり、万枚を叩き出したイベントである。

当然、今日も狙いは獣王。

並び順から台取りは問題ない。

10時開店。

一目散に獣王のシマに向かい、お目当ての台にタバコを投げ入れる。

いつも通り開店チェックを済ませた後は、デモフラッシュチェック。

当然?の高確スタートを確認後、ペシペシ打ち始めると、運命の純ハズレは投資6Kの時。

こちらもいつも通り固唾を飲みながらドットを凝視するが、こちらも当然?のようにサバには入らず。

やはり、そんな簡単に設定6は掴めない。

お次は予定通りガメラ。

「634」札から一台を選び打ち始めると、まずまずの出足から、まずまずのハズレ確率。

「3はあるかな」

と、少しだけ余裕をかましていると、突如襲い掛かった特大ハマリ。

回せど、回せどBIGが引けない。

途中引いた3度のボーナスは、全てREG。

息も絶え絶え、追い銭に追い銭を重ね、ガメラでの総投資48K目に、やっとこさのBIG。

頭上の回転数はREGでリセットされる為、自分でハマリの回転数を計算してみると、実にBIG間「2,700ハマリッ!」

自身、過去最高に深いところまで連れていかれてしまった。

しかも、このBIGでハズレが2発。

設定3でも勿論出る可能性は十分だが、相当意気消沈。

その上、2,700ハマッて引いたBIGの出玉を「ペロリ」と食べられてしまっては、流石に戦意喪失。

泣きそうになる気持ちを表情には出さず、クールな面持ちでガメラを後にする。

この時点で、負債総額は54K。

戦う気力は失せているのだが、一応、店内をグルッと一周して帰ろうと巡回してみると、ゲッターに高設定を匂わせる確率の台を発見。

札が「634」なのが少々気がかりだが、一度BIGを引き当てて、判別すれば済む話。

さっきまでのテンションだだ下がり状態から、一変してやる気になるのだから、僕も相当単純である。

そのゲッター。

2KでREGを引き、その出玉がBIGへと繋がる。

入りからして「高設定」の雰囲気をガンガン感じるが、その感覚通り?判別プレイが来る前にBIGを重ねる見事な流れ。

正直「貰った!」と、思ったのだが・・・判別結果は不合格。

札を信じるなら、設定3か4の鬼引きと言う事になる。

「ずっと出てるし、良い波捕まえているから、ここは設定4と信じて続行!」

・・・とはならない。

この持ちコインの状態で設定を確認させてくれるならともかく、確証のない状況で、判別不合格台を打ち続ける事は出来ない。

ここで止めないのなら、減算値判別の意味が無くなってしまう。

ここは、幾ばくか収支を回復出来た事に満足して、撤収。

結果、今月初の惨敗となった。

 

 

店舗 機種 収支
クレイン 獣王 -6K
ガメラ -48K
ゲッターマウス +14.8K

 

 

コメント
クレイン店「武蔵と小次郎」。
ガメラで、BIG間2,700ハマリ炸裂!
小計 月間計
-39.2K +20.6K

 

 

第132話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事