スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

十二ヶ月目に突入したパチスロ専業生活。

専業生活に入る一年前、収支をキチンと付け始めたリーマンスロッター時代に、唯一負け越したのが、この12月。

個人的には「鬼門」と言える12月だが、初日にミルキーバーで快勝して以来、あまり芳しくなく、前回はガメラでBIG間2,700ハマリという、自己最大のハマリを喰らい、完敗を喫してしまった。

苦手意識がある状態なので、早く「安全圏」に突入して、肩肘の力を抜いてスロットを打ちたいのだが・・・。

では、第132話をご覧ください。

 

地味だな

 

12月6日

今日は朝からファースト店へ。

狙いは「抽選」。

何度も書いているが、ファースト店のスロットイベントは「対象機種全台設定5or6」と言う、激アツな内容。

その対象機種を打つ為には、ポイントを使って事前予約を取るか、当日の抽選で当たりを引かなかればならない。

今日は予約は取っていないので、抽選に渾身の力を込める。

収支も立ち回りも「今イチ」な状況だけに、ここで「当たり」を引いて、高設定を終日打ちたいところだったのだが、世の中そんなに甘くなく、瞬殺でハズレを引いた。

この日は、ラッキー店クレイン店もあまり使えるイベントではなかったので、抽選には外れたが、そのままファースト店に入店し、まずはデータ機器とにらめっこする。

あらかたの状況を確認後、選んだ台はラスベガス。

先日初打ちで勝たせて貰った台だが、まだ高設定らしき履歴も確認出来るので、この機種の中から、連日凹んでいる一台を選択する。

抽選に漏れた他のお客さんも殆ど入店していたが、皆、獣王大花火に向かっているので、ラスベガスの狙い台は余裕の空き台。

タバコを入れてから、開店チェックの一連の流れを済ませ、いざ、勝負開始。

初めて打った時は「ソコソコ面白い」と、言った印象だったが、もう少し打ち込んでイケば、もっと面白ポイントを見つける事が出来るかもしれない。

ペシペシ打ち始めると、初BIGは投資6K。

このBIGを皮切りに、再度のBIGからATへと、良い感じで繋がっていく。

ラスベガスは「AT機」だが、BIG確率に設定差が結構あるので、早い段階でのBIGの連打に、俄然やる気が湧いてくる。

この後は、一進一退を繰り返し「飲まれないが増えない」と言う、どうにも歯がゆい展開が続く。

設定推測が難しい中「飲まれるまでは続行」と決めて打ち続けてみたものの、残念ながら、夕方前に全て飲まれてしまった。

「さて」

こうなると、お次が難しい。

一番良いのは、イベント台が空き台になってその台をGETする事だが、そう簡単に空かないし、空いたとしても「軍団」的な集団の一人が打っていると、すぐさま仲間の為に台をおさえてしまう。

この辺りは「ピン」で動いてる弱点ではある。

6K負けで帰っても構わないのだが「まだ打ち足りない」と、心の声が聞こえるので、もう一度データの確認をしてみる。

すると、それ程強い自信は持てないが、何とか打てそうなガメラに気付く。

「ガメラだから、甘い判断してるんだろ?」

と、言われれば、正にその通り。

ガメラの場合、そのスペックを考えれば、設定1と2を回避出来れば、まぁまぁ何とかなる確率が高い。

まぁ、2,700ハマッといて言うのも何だが・・・。

ともかくガメラのシマに向かうと、狙い台は空いていた。

回されてはいるが、まだボーナスは引いていない。

コレなら、一応は打てる状況。

前日2,700ハマった記憶も鮮明なのに「一応」で打ってしまうところが、まだまだ「一年生」だが、座ったからにはボーナスを当てて、設定推測に励むのみ。

「一応」で選んだガメラだったが、まずは常識の範囲内でBIGを引いて一安心。

そしてこの後は、緩やかに出玉を伸ばしていく。

しかし、BIG中のハズレ確率は「あっても3」という、厳しい確率。

この程度だと過去の経験上、かなり設定1or2の確率が高まるのだが、案の定、何回目かのBIG中に、ハズレを3発引いてしまう。

だが、こうなれば分かりやすい。

「0ゲーム」とはいかなかったが、少々打ち込んで見切りをつける。

幸いにしてガメラでは浮き、ラスベガスの負債も回収出来たので、結果としては良しとする。

ただし、立ち回り的には全く褒められた内容ではなく、こんな事をしていると、またも「12月は負け越し」となってしまい「二年生」になれないぞっ!

 

 

店舗 機種 収支
ファースト ラスベガス -6K
ガメラ +15.9K

 

 

※一言コメントなし

 

 

小計 月間計
+9.9K +30.5K

 

 

第133話に続く

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事