スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

十二ヶ月目に突入したパチスロ専業生活。

個人的な「鬼門」と位置付けている12月。

何とか早く安全圏に突入し、楽な展開に持ち込みたいのだが、そんな思いとは裏腹に収支の方は一向に伸びない。

焦っても仕方のない事だが、その中身が「高設定を掴んでのヒキ負け」ではなく「高設定を掴めていない」事が問題。

前途多難な12月・・・やはり「鬼門」なのだろうか?

では、第133話をご覧ください。

 

 

転落

 

12月7日

今日は朝からクレイン店へ。

狙いは、先日初めて打った「コンチ4X」。

この日は機種別イベントで、その対象機種がコンチ4X。

僕が最も好きな機種は何?

と、聞かれたら、間違いなく「コンチネンタルⅠ」と答える程、コンチ好きなのは以前書いただろうか?

まぁ、大好きな機種の冠名を受け継いでいるのだから、その中身を確認したくなるのは当然。

今日は絶好の機会と思い、気合を入れて参戦。

並びはソレ程でもなく、労せずして台を確保しいざ尋常に勝負開始。

ペシペシ打ち始めるが、当然ながら簡単にはRUSHに突入しない。

REGが揃えらない時は当然として、BIGを引いても入らず、極めつけは「まさか」のREG12択正解でもRUSHに入らなかった。(高確でも、当選率30%あるかないか程度の確率だが)

総投資32Kの時に、BIGを立て続けに引くがRUSHに入らず、そのままその出玉を飲まれたところでギブアップ。

設定が上か下かも検討がつかず、この機械の面白さも分からず、ただただ32K溶かしただけに終わってしまった。

まだ時間はあったので他店も見には行ったが、食指が動く台も見つけらず、戦意喪失してサッサと帰宅。

駄目スロッターは、収支がマイナスに転落したのに、自宅でお馬さん育成に励んだとさ。

 

店舗 機種 収支
クレイン コンチ4X -32K

 

 

コメント
クレイン店、機種別イベント。
「コンチ4X」
小計 月間計
-32K -1.5K

 

 

喜んではイケない

 

12月8日

今日も朝からクレイン店へ。

この日も機種別イベントで、対象機種は「ゲッターマウス」。

過去には、設定5も6もツモれている、実績のある機種。

12月に入ってから全く高設定をツモれていないので、今日こそは減算値判別に合格する台を見つけて、終日高設定台打ち切りコースに乗りたい。

イベント対象機種とは言え、ノーマルAタイプであるゲッターはそれ程人気はなく、台取りは楽勝。

狙い台をおさえて勝負開始。

ゲッターでやる事は決まっている。

「BIGを引いて減算値判別する」

そして、判別に合格すれば「閉店まで打ち切る」

ただコレだけである。

何とも分かり易い。

しかし、ソレもコレも「判別に合格する台」を見つけられたらの話である。

一台、また一台と判別を繰り返していくが、ことごとく不合格。

全部で5台しかないゲッターのうち、4台を判別して結果は全滅。

残りの一台は、若者が遊技中。

減算値判別はしていないので、そのうち止めるかもしれないが、この時点では箱も使っており、すぐに止める気配はない。

残り一台が高設定かどうかは分からないが、少し待って空くのなら「確認」はしたいところ。

ここは待機策を取る。

黙って待っていても良いのだが、張り付く訳にもいかないので、以前一度稼働した、隣にあるパチンコ・パチスロ併設のN・S店を覗きに行く。

今のご時世なら、一円パチンコでも打ちながら待つのも良いかもしれないが、この時代「低貸し」なんて営業、何処もやっていなかった。

なんの気なしに店内に入ると、一応イベントを開催中。

こちらも機種別イベントで、対象機種が「アステカ」。

ここで、僕の悪いクセがムクムク顔出す。

「う、打ちたい」

一ヵ月前、この店に来た時に打ったが、やはりアステカは面白い。

なかなか打つ機会に恵まれないので、目の前に曲がりなりにも打てるチャンスがあるとなれば、簡単には「抑制」出来ない。

結局、ゲッターの空き台待ちの最中にも関わらず、アステカを打ち始めてしまう。

台は「フィーリング」で選んだ(苦笑)

そんな「打ちたい衝動」に負けて打ち始めたアステカではあったが、予想に反してスタートダッシュに成功。

2KでBIGを引き、その上CTにも突入してしまった。

その後も「飲まれないけど、伸びない」まったりプレイではあったが、アステカの面白さを堪能。

しかしながら、目の前の台が高設定とは言えない挙動がハッキリしてくると、急激に現実に引き戻される。

時折、ゲッターの様子を見に行くが、それなりの出玉を確保し「全ツッパ」みたいな顔で、先程の若者が打ち続けている。

アステカは、CTのヒキ強のお陰で、現時点では浮いている。

ゲッターも、設定5以下を4台打ったにも関わらず浮いている。

目の前のアステカは、恐らく低設定濃厚。

そんな状況の中、急激にアステカ熱が冷めてしまった僕が取る行動はただ一つ。

「退店」

である。

不当に浮いた勝ちに満足して、両店から逃げるように撤収する事を選択。

そして、帰る前にファースト店の状況だけ確認する事にした。

 

ファースト店に到着。

軽く確認をするだけで帰るつもりだったのだが、花火に、BIG・REG共に設定5を超えている台を発見。

こんな履歴の台が空いている事に若干の疑問は感じたが、この店で減算値判別をする人間は殆ど見た事がない。

ここは当然「確認」の一手。

すると、今日のヒキを象徴するように投資僅か1KでBIG。

そして、判別プレイがくる前にまたBIGと、今日は本当にポンポンとBIGが引ける。

ただ、問題なのは、打つ台、打つ台低設定と言う事だけ。

ほらっ!この花火も判別不合格だと。

結局、一日中低設定台ばかり打ったにも関わらず、ヒキだけで勝った一日でしたとさ。

こんな勝ち方で喜んではイケない

 

 

店舗 機種 収支
クレイン ゲッターマウス +13K
N・S店 アステカ +4.8K
ファースト 花火 +9K

 

※一言コメントなし

 

 

小計 月間計
+26.8K +25.3K

 

 

 

第134話に続く

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事