スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第106弾「陸奥一番星」の登場です。

初めに断っておきます。

この機種、全く分かりません。

前々回のハローサンタは、打った記憶がありましたが、本機は完全に脳内から消去されております。

と、前回のスノーキングと同じ始まり方をしてしまったが、本当に覚えていない。

「打った」

と、言う記憶は残っているものの、詳細は脳内に微塵もストックされていない。

なので、ここ二回同様「機種の解説」と言うよりは、自身が打った機種を「17年ぶりに調べてみました」という内容になります。

その辺りをご了承の上、お付き合い頂けると幸いです。

では、振り返っていきましょう。

 

 

基本情報

 

 

■メーカー

平和

■発売時期

2003年5月

 

 

BIG REG AT確率 機械割
設定1 1/485 1/1310 1/1058 95.6%
設定2 1/481 1/1310 1/872 98.6%
設定3 1/474 1/1310 1/693 102.7%
設定4 1/455 1/1310 1/553 109.0%
設定5 1/431 1/1310 1/464 115.1%
設定6 1/383 1/1310 1/363 119.9%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプ

 

 

本機は、通常のBIGとREGにプラスして、アシストタイム=ATを搭載機。

なので、分類はA+AT機となる。

細かい事を抜きに言えば、

「爆裂AT機」

である。

 

 

ゲーム性

 

 

一言で言えば、

「平和版サラリーマン金太郎」

である。

出玉増加の肝は、言わずと知れたATにある。

そのATへの突入経路や、継続ゲーム数など、サラ金に酷似。

シングルボーナスがナビの対象の為、出玉増加速度は、多くの爆裂AT機の中でもトップクラス。

「爆発力」という点で見れば、数多ある4号機の中でも、上位にランクされる事は間違いない。

 

 

 

簡単に

 

 

あまり細かい数字に意味はないけれど、簡単に。

 

モード

 

モードは、低確・高確A・高確Bの3つ。

当然「高確」の名が付く方がATに突入しやすい。

また、高確AとBは「重複」する場合もあるとの事。

この辺りは猛獣王に似ている。

移行契機はBIG終了後に高確Bへ。(平均約80ゲーム継続)

シングルのJAC正解時に高確Aへ。(平均27ゲーム継続)

高確Bから、リプレイ成立の約1/11で低確へ転落。

 

 

 

AT継続ゲーム数

 

ATの継続ゲーム数は「5(44%)・10(44%)・20(6%)・50(6%)」で振り分け。

平均約10.8回となるが、上乗せ時は、

「5(37%)・10(37%)・20(13%)・50(13%)」

と、20と50の選択率が上がる。

50ゲーム選択時の期待獲得枚数は、約1,600枚。

今では考えられない数字だな。

 

 

モチーフ

 

 

本機は所謂「デコトラ」をモチーフにした台。

「デコレーションされたトラック」ですね。

そう聞くと、個人的にはギンギン丸を思い出すのですが、本機の方は何故か妙にリアル。

筐体下部の絵も変にリアルで、可愛げがない(苦笑)

そのクセ、液晶画像は荒くて見づらい。

・・・何だか、大勝ちさせて貰ったのに、一度しか打たなかった理由が良く分かる気がする。

 

 

立ち回り

 

 

17年経って調べてみて、本機の中身が分かった今。

当時に戻って立ち回るとすれば・・・打たないね。

攻めどころがない。

出玉性能は高くとも、事故待ちに近いゲーム性では手が出せない。

6号機の今ならそれも良いだろうが、当時は他に選択肢が豊富。

出玉や勝ち易さ以外の部分でも強調材料に欠けるので、

わざわざ打つ必要はない。

 

 

まとめ

 

 

引退の危機を救ってくれたと言うのに、酷評してゴメンね。

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事