スポンサーリンク

 

 

 

前回。

まさかの一撃が炸裂し、収支が+89Kまで一気に回復。

引退の危機が一転、何とか乗り切れる可能性が高まった。

だが。

巻き返しに繋がったのは「運」

本当に、ほぼラッキーだけで得た結果。

再現性は全くない。

来月、同じ事が出来る可能性は極めて低い。

コレではイケない。

ラッキーはラッキーとして、天が与えたもうチャンス。

キチンと立ち回りを見つめ直し、専業者を名乗るに恥じないパチスロを打たねばならない。

では、第480話をご覧ください。

 

 

変えるか?

 

 

6月28日

この日は、夕方まで所用の為、朝から稼働は出来ず。

決して、収支がプラスになったからと言って、このまま「打たずにプラス収支だワッショイ」を、狙った訳ではない。

19時過ぎ。

ラッキー&ボギー店に赴く。

理由は、明日の下見。

だったのだが、ついつい少し打ってしまった。

まずは巨人の星。

ハイエナなので全く持って問題なし。

時間的にも、打って当然の台。

コレは良い。

だが、次が気持ち悪い。

好きじゃないと言っている旋風の用心棒を打っている。

選択理由は、札が刺さったからだろう。

二週間近く前に、札が刺さったこの台を打って、+25Kと勝っている事。

そして、一昨日、昨日と、札台を打って快勝している事。

最後に、収支がマイナス圏を脱した事。

この辺りが相まって打ったのだろが、ハッキリ甘い。

考えも行動もヌルい。

自分の事ながら、最早嫌悪感すら感じる。

コレで専業者を名乗るのは、他の同業の方に失礼極まりないと思う。

正直、自分では、このノートを見返すまで、

「派手さはないし、テクニックや凄い武器がある訳ではないけれど、堅実で、自分をコントロールする事で勝ち続けていた専業者」

と、思っていた。

だが、評価を書き換える必要がある。

少なくとも、2003年6月時点の銀猿くんは、

「少しパチスロをかじった、運の強い青年」である。

この稼働日記のタイトルも、

「専業者編」から「パチスロニート編」に変えるか?

 

 

店舗 機種 収支
ボギー 巨人の星 -1K
旋風の用心棒 -2K

 

 

小計 月間計
-3K +89K

 

 

 

第481話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事