スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第68弾「釣りキチ三平」の登場です。

正式名称は「サンペイ」だそうですが、当ブログでは「釣りキチ三平」でいこうと思います。

有名漫画とのタイアップ機種ですが、銀猿は、この釣りキチ三平を一切読んだ事がないので、漫画の内容は全く分かりません。

加えて「釣り」自体も人生で二度しか行った事がなく、興味も殆どない為、本機のテーマは、個人的に全く「刺さりません」でした。

ですので、当然のように「一回しか打った事ないシリーズ」に該当します。

内容が「薄~く」なってしまうかもしれませんが、その辺りはご了承いただければ幸いです。

では、早速振り返っていきましょう。

 

スペック

 

 

■メーカー

サミー

■発売時期

2001年12月

 

BIG REG ART 機械割
設定1 1/376.6 1/873.8 1/387.8 95.9%
設定2 1/352.3 1/809.1 1/358.1 98.8%
設定3 1/327.7 1/753.3 1/324.4 102.4%
設定4 1/302 1/704.4 1/293.2 106.4%
設定5 1/280.1 1/655.4 1/266.4 110.4%
設定6 1/238.3 1/478.4 1/227.9 119.9%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典 777ニフティ様

 

 

タイプ

 

 

本機はA+ART。

普通のAタイプ同様にBIGとREGを装備し、それにプラスアルファとして、ARTを搭載。

付加価値の付いた機種だけに、設定6以外はボーナス確率がやや低めだが、世に言う「爆裂AT機」ほど、低い数字ではない。

勿論、そこは後述するARTの性能によるものだが、どちらと言うと「遊びやすいART機」と言ったイメージ。

同じメーカーで考えれば、システム的にはハードボイルドに近いが、スロット全体の雰囲気としては、以前出てきたラスベガスに似ている。

この時代であれば「マイルド系」に分類されるタイプ。

 

 

ART性能

 

ARTの突入契機は以下の二通り。

 

①.BIG終了後に50%

②.通常時の抽選に当選

①の方は、ハードボイルドと同じ。

こちらのARTは、50G固定。

「ART」なので、押し順が当たらないと取りこぼす9枚役を完全告知してくれるだけでなく、リプレイ確率もUPする。

②の方は、通常ゲーム中の抽選に当たれば突入する。

この抽選契機は1枚役。

「1枚役=ART」の図式は、ダブルチャレンジと同じ(ダブチャレはATだが)

BIG終了後からの突入とは違い「5Gor20Gor2000G」と、三種類のゲーム数がある、振り分けタイプ。

とは言え、ほぼ20Gと思っていて問題ない。

 

 

サンペイチャンス

 

上記ART突入契機「②」から始まるARTを「サンペイチャンス」と言うのだが、このサンペイチャンスが、ゲーム性の幅を広げる役割を担っている。

と、言うのも。

ボーナスが成立すると必ずサンペイチャンスに突入し、6G目に告知が入る仕組みとなっている。

いわゆる「プチRT」。

ガメラや花火百景にも搭載されていて、ボーナス成立後にリプレイ確率をUPさせる事で、演出を最後まで楽しむ為のモノ。

この5GのARTに必ず突入する事で、リプレイの連打が熱くなるし、ボーナスなのか、ARTなのかドキドキ出来るように考えられており、得られる出玉以上にスパイス的な意味を持つ存在。

 

 

ART2000

 

通常時から突入するARTには「2,000G」の振り分けが存在する。

本機の中で最も熱い瞬間かもしれないのが、ART20G終了時に出てくる演出で、この時三平がエイリヤンを釣り上げると、見事2,000GのARTに突入する。

ただし、上記通りBIG確率がそこまで低い訳ではないので、実質的には「次回のBIGまで」継続のARTになる。(REGを引いた場合は継続)

それでもディスクアップと比べた場合、低設定域の2,000G完走確率は、本機の方が上となる。

 

 

まとめ

 

個人的には、あまり「ピンッ」と来ない機種でしたが、皆さんは如何でしょうか?

漫画の原作を知っている方や、ファンの方にとっては、ART機とは言えマイルドタイプの本機は、手が出しやすかった分、沢山打たれた方も多いかもしれませんね。

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事