スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第69弾「キングパルサー」の登場です。

言わずと知れた、ストック機初期の名機。

それまでに登場したストック機は「ストックする期間」が設けられており、その間に貯めるだけ貯めて、その後一気に放出するゲーム性でした。

しかし本機は、通常のゲーム性はそのままに、本来確率のブレから生じるいわゆる「波」を、意図的に作る事を可能にした、当時としては画期的なパチスロ機。

以下に紹介するゲーム性は、一説には、巷の都市伝説をメーカーが具現化したモノと言われています。

「時代を彩った名機」に相応しい本機。

では、早速振り返っていきましょう。

 

 

スペック

 

■メーカー

山佐

■発売時期

2001年11月

 

 

BIG REG 機械割(フル攻略時)
設定1 1/297.9 1/606.8 98.5%
設定2 1/297.9 1/606.8 98.5%
設定3 1/282.5 1/512 102.8%
設定4 1/268.6 1/442.8 106.4%
設定5 1/256 1/390.1 110.9%
設定6 1/240.9 1/364.1 116.8%

 

 

 

 

 

 

 

 

出典 777ニフティ様

 

 

タイプ

 

本機はA+ST。

上記通りBIGとREGを持ち、その確率も通常のノーマルAタイプと同水準。

勿論ストック機なので、成立したボーナスは一旦内部にストック。

その後、所定の放出条件を満たせばボーナス放出となり、打ち手がボーナスを揃えられる状態となります。

 

 

ゲーム性

 

本機は、いわゆる「波」を意図的に作る事で、ゲーム性を広げた機種です。

その「波」は、ユーザー達の「都市伝説」を元に作られたと言われています。

その都市伝説とは、同社のメガヒットマシン「ニューパルサー」で噂されていた、

 

①設定1・3・5はハマリもキツいが、その分連チャンする。

②設定2・4はダラダラと出たり、ダラダラと吸い込んだりする。

と、言うモノでした。

この噂は、設定を知っているお店側の人間が発言する事も多く、まことしやかに巷に広がっていました。

この話を完全に具現化したのが、このキングパルサー。

本機はまさに、奇数は波が荒く、偶数は波が穏やかを、確率のムラではなく「設計」で作り出した機種でした。

現在の若者ユーザーがこのブログを読まれているとは思えないですが、どうですか?

昨今のスロットの多くも「奇数=荒い・偶数=穏やか」な機種が多くないですか?

元は、このキンパルが始まりであり、そのキンパルは、ニューパルの「噂」が元になっています。

ともかく、コレまで裏モノでしかあり得なかった、ゲーム性としての「ボーナスの連チャン」を、合法的に作り出したのが、画期的でした。

 

 

ボーナスの放出条件

 

 

本機は、成立したボーナスを一旦ストックします。

その貯めたボーナスは、特定条件を満たす事で放出(揃えられる)されます。

放出条件は全部で4つ。

 

 

①RT解除抽選に当選

②純ハズレ成立

③RTの振り分けにより、規定されたゲーム数を消化

④天井

※RTとは?

RT(リプレイタイム)とは、ストック機の場合、基本的に内部的なRTに突入し、殆どのゲームでリプレイが成立しています。

その為、ボーナスを揃える事が出来ないのですが、このリプレイの多くは制御で「揃いません」。

いわゆる「揃わないリプレイ」と呼ばれるものですが、このRTを一旦解除する事で、ボーナスを揃える事が出来るようになります。

ですので、RTの解除=ボーナス放出となります。

 

 

①RT解除抽選に当選

 

 

通常時、毎ゲーム解除抽選を行っており、その抽選に当選すると、ボーナス放出となります。

特徴としては、前兆演出を経由しないで、いきなりボーナス確定やリーチ目が出ます。

 

 

設定1 1/781
設定2 1/781
設定3 1/781
設定4 1/872
設定5 1/782
設定6 1/787

 

 

 

②純ハズレ成立

 

外部から見た場合、①と同じです。

内部的に解除抽選ではなく、引いたフラグが純ハズレと言う違いだけですが、その確率には、雲梯の差があります。

純ハズレ成立

全設定共通 1/16384

 

 

 

③RTの振り分けにより、規定されたゲーム数を消化

 

これがメインとなる放出条件。

ストックされたボーナスは、毎回、各設定による振り分け率により「何ゲーム消化時点でRT解除(ボーナス放出)する」か決められる事になります。

そして、この振り分けに設定差が存在する事で、設定による「波」を作り出す事が可能となります。

ここで、各設定の振り分け一覧表をお見せする事は出来ますが、恐らく、今更打てない機種の数字の羅列を見せられても、全く面白くないでしょうから(決して、表を作るのが面倒な訳ではない・・・)、少し、特徴が現れるようまとめてみました。

 

・32ゲーム以内に放出される確率は

設定1=40.24%

設定2=40.24%

設定3=40.63%

設定4=32.03%

設定5=46.48%

設定6=59.12%

 

・33~128ゲーム以内に放出される確率は

設定1=32.04%

設定2=32.04%

設定3=32.04%

設定4=27.75%

設定5=32.04%

設定6=29.31%

 

・256ゲームまでに放出する確率

 

設定1=80.09%

設定2=84.00%

設定3=78.14%

設定4=71.5%

設定5=84.38%

設定6=92.34%

 

 

・512ゲーム以上ハマる確率

 

設定1=14.46%

設定2=2.34%

設定3=14.07%

設定4=2.34%

設定5=9.78%

設定6=1.95%

 

・32ゲーム以内に連チャンする確率は設定1~3はほぼ同じで、一番連チャンするのは6、次いで5、最も連チャンしないのは4。

・33~128ゲーム以内の連チャン率は、32ゲーム以内ほど差がなく、1・2・3・5は一律で、ここでも最も連チャンしないのは4。

・256ゲームまでに放出する確率は、実は設定4が最も低い

ここまで見ると、設定4が「ハズレ」感を醸し出しているが、512ゲーム以上ハマる確率は二番目に低い

・128ゲーム目ジャストに放出されれば、設定6確定(1~5は振り分け率が0%)だが、6でも振り分け率は0.39%しかない

・設定6の天井は、1,024ゲーム

 

※振り分け率だけを見れば設定4が今イチに映るが、そもそも、本機のボーナス確率は普通のAタイプと同水準。

その為低設定の場合、単純にボーナスが貯まりにくい為、当然上記の数字以上にハマる。

RT解除のゲーム数は、あくまで「ボーナスがストックされている状態」で適用される事はお忘れなく。

 

④天井

設定1~5において、最も深いゲーム数が1,279ゲームの為、天井は1,280ゲームとなる

 

 

 

 

ゴメンなさい。

悪い癖が出ました。

長くなったので、次回に続きます。

キングパルサー(立ち回り編)

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事