スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

昨日に引き続き、今日は個別に気になる馬を見てみたいと思います。

 

ステラベローチェ

 

皐月賞3着・ダービー3着・神戸新聞杯1着

一番人気想定がこのステラベローチェ。

春の実績もさることながら、前走の神戸新聞では不良馬場ながら、ダービー馬シャフリヤールを一蹴。

非常に強い勝ち方で菊花賞に駒を進めてきました。

この馬が唯一馬券圏内を外したのが共同通信杯。

血統からも「生粋の直線スピード比べ」では分が悪く、府中の1,800m・良馬場では敗戦もやむなしだったかと。

その点、持続力勝負が予想される菊花賞は得意な舞台・・・と、当初は僕も思っていたのですが、色々見ていると不安な点がチラホラ。

まず全く問題がないと思っていた血統面が少し怪しい。

父であるバゴは、ノーザンからのバックアップがあまりない中にも関わらず、走る馬を量産。

極めつけはご存知、グランプリ三連覇ホースであるクロノジェネシスの登場。

バゴ自身が凱旋門賞馬であることからも、長距離は問題ないかと思っていたのですが、2,500m以上のレースで勝った馬はたったの一頭だけ。

それも皆さんご存知の、クロノジェネシスの有馬記念のみ。

人気薄の馬が多かったことは事実ですし、延べ18回しか走っていないので何とも言えませんが「距離が長くなるからパフォーマンスを上げる」とは到底言えないでしょう。

それと、バゴ産駒は延長ローテよりも、短縮ローテの方が期待値が上がる傾向にあることも不安点。

もう一つの不安点は前走の「中京・芝2,200m・不良馬場」が、この馬にとってかなり向いたレース条件だったと思われること。

だとすれば、昨日あげた好走条件のうち「前走と今走の比較」・「血統」の部分で黄色信号が点滅です。

それでも実績最上位は間違いないですし、これまで全てのレースで上がり3位以内を叩き出している訳ですから、馬券圏内に入ってくる可能性が最も高い一頭であることは間違いありません。

一番人気になることは実績面から納得ですが、単勝オッズ3.0~3.5倍が適正オッズかな?と個人的には思っているので、その辺りで落ち着いてくれれば。

 

オーソクレース

ホープフルS2着・セントライト記念3着

このペースで書いていくと、朝までかかりそうなので(大袈裟)少しかいつまんで。

 

・エピファネイア産駒は、芝2,500m以上の期待値が高く、延長ローテが得意な点が○

・鞍上ルメールは、長距離戦では特に心強い◎

・4戦とも上がり3位以内を使えている点は◎

・GⅠ2着馬とは言え2歳GⅠでのものだし、勝ったのがダノンザキッドで3着がヨーホーレイクとくれば、レースレベル自体に疑問が出てきそう

・骨折休養明けを叩いて、叩き2戦目で良化が見込まれているが、3歳馬が9ヵ月の休み明けで-4kgと成長力に疑問。

・先週のアカイトリノムスメの例があるとはいえ、調教後の馬体重がそこから更に-4kgはかなり不安

・初の関西圏への輸送で大幅の馬体を減らしてしまうかも?

未知の魅力があることは確かですが、不安点も満載。

この条件ならば、単勝7~8倍はついて欲しい。

 

 

レッドジェネシス

 

京都新聞杯1着・神戸新聞杯2着

 

・ディープ産駒+母型にサドラーズウェルズが入っている血統は○

・9戦して上がり4位以下が一度だけなのは○

・鞍上強化

・長距離実績抜群の友道厩舎

・位置取りが後ろになりそうor川田Jが位置を取りにいくと、しまいが甘くなりそう(フリージア賞)

・GⅡを一つ勝っているだけなのに、前走のイメージからか人気が上がり過ぎ

この馬は面白い存在だと思うのですが、如何せん現時点で何故か単勝一番人気!

最終的には2or3番人気でしょうが、それでも人気先行の印象。

実績面を考えれば、5~6番人気でも良いようなものですが・・・

 

 

タイトルホルダー

 

弥生賞1着・皐月賞2着

 

・血統的にはスタミナが豊富そう

・唯一の春のクラシック連対馬

・前走は直線で前が壁になり全く追えず、ノーステッキで競馬にならず

・早い上がりが使えない×

・逃げられなかった逃げ馬は、馬券戦略上超有効な狙い目だと思うが、それも「人気薄」でこそ

レッドジェネシス同様、人気し過ぎに映る一頭。

単勝オッズ15倍以上は欲しい。

 

人気薄

 

現時点で下位人気が予想される馬の中で、銀猿的に気になる馬は、

 

・セファーラジエル
・ヴァイスメテオール
・グラティアス
・ヴィクティファルス

 

あたり。

ヴァイスメテオールは欧州血統の固まりみたいな血統構成で、距離が伸びて更に良くなる可能性がある。

ここ3戦全て上がり最速で走っており、前走の0.4秒差完勝も強い勝ち方だった。

鞍上がこのコースを走るのが初めてなのは不安だが、それを差し引いても面白い存在だと思う。

ヴィクティファルスも、長距離GⅠ実績のあるハーツクライ産駒に、サドラーズウェルズ系+トニービン+ロベルト系と「コレでもかっ!」と、欧州の名血を集めたような血統構成。

春のクラシックは今一つだったが、前走は詰まる不利もあった中での5着なので、まだ見限るには早い。

今年の3歳世代で最もレベルが高かったレースと目されているのが共同通信杯。

勝ち馬が後の皐月賞馬エフフォーリアで、3着が後のダービー馬シャフリヤール。

そして5着馬が菊花賞1番人気予想のステラベローチェ。

このメンバー相手で2着の実績は、レッドジェネシスとは比べ物にならないと思わない?

そして、ヴァイスメテオールと違い、鞍上がGⅠハンター池添Jなのも魅力。

GⅠの人気薄では、常に注意を払いたい騎手。

 

最後は指数で

 

予想はこんな感じですが、最終的にはオッズと指数を見てからなのはいつも通り。

希望としては、ヴァイスメテオールかヴィクティファルスに高い指数が与えられれば、強気で勝負に出たいレース。

人気馬達はいつもより厳しめにジャッジして、自分の決めた基準をクリアしなければ、一切買い目にいれない予定。

指数確認後の最終予想は、土曜日に!

 

 

おまけ

 

ちなみに土曜日の富士Sは、ロータスランドの単勝とそこからワイドへ。

このレースでダノンザキッドが着外に敗れるようなことがあれば、オーソレイクはますます買いにくくなるな。

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事