スポンサーリンク

 

 

こんばんは!銀猿です。

今週は牡馬三冠最後のレース、菊花賞ですね!

先週の秋華賞は仕事が忙しくて、馬券を購入出来たのが出走の5分前。

しかも、購入してすぐに呼ばれた為、ツイートすることが出来ませんでした。

購入した馬券は「アカイトリノムスメとファインルージュのワイド一点」でしたので、宝塚記念に続いて連続的中となりました。

まぁ後からだと何とでも言えますし、僕は有料予想を販売している訳でもないので、的中実績なんて何の意味もない訳ですが・・・

とりあえず、今週もGⅠ考察といきましょう!

 

 

やはり競馬場が違う!

 

今週の菊花賞も例年とは異なり、阪神での開催となります。

先週の秋華賞以上に悩ましいのが、距離が3,000mだと言うこと。

2,000mだった秋華賞は同一条件で沢山のレースが行われていた為、全体像を把握する事が出来ましたが、この距離だとそうはいきません。

過去10年で、阪神・芝・3,000mでレースが行われたのは全部で10レース。

そう。

年一でしか行われません。

ご存知、阪神大賞典専用のコースなんです。

個人的に10年前の競馬は「最早別物」と考えているので、レースサンプル数が極端に少なくなってしまいます。

難しい・・・

 

阪神・芝(内回り)・3,000m

 

秋華賞同様スタート直後に下り坂がある為、長距離戦にしてはテンの時計はやや早くなりがちも、そこはコーナーを6回も回る長旅。

道中のペースはほぼ確実に緩みます。

最後の直線が約360m弱と短い為、ラスト4F~5Fのロングスパート合戦になりやすりコース形態。

長く良い脚が使えるタイプに向き、京都と違い急坂を2度超えなければならないことから、例年の菊花賞に比べ、よりスタミナが要求される舞台だと想定します。

 

 

予想ポイント

 

完全無欠な個人的な予想ですが(当たり前)、今年の菊花賞の好走馬のザックリした想定を。

 

1.上がり重視

 

歴戦の古馬が集う阪神大賞典と比べ、3歳馬だけのレースとなるのでよりスローで流れると予想します。

が。

どんなにスローになったとしても、最後の末脚がメンバー中上位であることは必須だと想定。

過去10年の阪神大賞典で、勝ち馬は例外なく上がり3位以内の馬。

上がり3位以内の馬は、単勝・複勝どちらの回収率も余裕で100%超えていることからも、上がり3位以内を叩き出せそうな馬を探すことが最重要ポイント。

 

2.前走と今走との比較

 

条件替わりで一変することがあるのが競馬ですが、抜けた実績を持つ馬がいない今年は、特にその傾向が強く出る可能性に賭けてみたいな、と。

その方が穴馬を拾えますしね。

一気の距離延長+例年以上にスタミナが要求される舞台で、前走よりパフォーマンスを上げそうな馬を狙いたい。

 

 

3.血統

 

特殊な条件でのレースだけに、血統傾向は出やすいのではないか?と。

ただ昔のように、

「リアルシャダイを持つ馬」

「母父がダンスインザダーク」

みたいに、単純にはいかないでしょう。

3,000mを超えるレースでも結局ディープ産駒が強くて、その他の好走馬も、種牡馬はサンデー系かキングマンボ系がほとんどですからね。

そんな中でも「最後の一押し」が血統から出そうな馬を狙ってみたいです。

 

 

その2へ続く

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事