スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第97弾「巨人の星」の登場です!

言わずと知れた、超有名漫画をモチーフとしたパチスロ機。

個人的には、元の漫画が大好きだった訳ではないが、パチスロ機となった巨人の星は大好きな機種だった。

非常にお世話になった台。

懐かしと感謝の意を込めながら、早速振り返っていきます。

 

 

スペック

 

■メーカー

アリストクラート

■発売時期

2002年9月

 

BIG REG 機械割
設定1 1/310 1/375 95.2%
設定2 1/299 1/362 97.2%
設定3 1/285 1/344 99.9%
設定4 1/266 1/321 103.9%
設定5 1/244 1/295 109.1%
設定6 1/211 1/268 115.6%

 

 

 

 

 

 

 

 

出典 777@Nifty様

 

 

 

 

基本

 

本機は、JACKゲームが2回しかないいわゆる「Bタイプ」

そして、成立したボーナスは、全て一旦ストックされるストックタイプ。

なので、B+STに区分される機種となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

勘違い

 

まず初めに、今回、大好きな巨人の星を振り返ってみて、僕が大きな勘違いをしていた事に気が付いた。

「高設定域の機械割が全然低くない」

いくつか調べてみたが、どこも同じような機械割表記となっていた。

僕の中では、

設定5=106%

設定6=108%

ぐらいの記憶だったし、現役時代、それを念頭に立ち回っていた。

でも、

「全然違うやんっ!」

前回の稼働日記にもそのように書いているが、あの時は本当にそう思っていたし、その後も、一貫してハイエナ一本で攻めていた。

幸いにして、設定6確定台を打った記憶はないのだが、どうやら16年の時を経て、あの頃、壮大にやらかしていた事に気が付かされてしまった。

 

 

ストック放出契機

 

 

気を取り直して、本機のゲーム性をご紹介。

ストック機なので、まずはボーナスの放出条件から。

本機の放出条件は三つ。

 

①規定RT数消化

②純ハズレ成立

③リプレイ4連

 

この中で、②の「純ハズレ」成立は、狙えるモノでもないし、成立しても特典もないし、外部からは分からないので、完全に無視でOK。

①と③が、メインであり、立ち回りのキーポイントになる。

 

 

規定RT数消化

 

 

 

RT解除条件の一つである、規定RT数消化。

解除ゲーム数に設定差が設けられてはいるが、その差はあまり大きくなく、ゾーン狙いや設定判別に使える代物ではない。

幾つかポイントがあり、ソコだけ抑えておけばOKだ。

 

 

①連チャンゾーンは128ゲーム

②天井は1,536ゲーム(設定6のみ1,280)

③ゾーン狙いは効果なし

 

少し補足していこう。

 

①連チャンゾーンは128ゲーム

 

 

「設定1~4=59.4%、設定5=60.9%、設定6=61.3%」と、全ての設定において、約60%で128ゲーム以内にボーナスが放出される。

問答無用の狙い目。

落ちていたら即拾う。

そして、ヤメ時は勿論128ゲーム。

 

②天井は1,536ゲーム(設定6のみ1,280)

 

文字通り、天井は1,536ゲームなのだが、設定6のみ1,280ゲームになっている。

1,281ゲームを超えれば「設定6を否定」するので、設定6狙いをしているのなら勿論判断材料になる。

上記の通り、僕は意識した事がほぼ無かったし「超えたら否定」なので、実践的にはそれ程役立つ訳ではない。

但し「設定6確定!」とか謳っているホールで、1,280ゲーム超えている台があれば、そのお店の信用度を測る材料にはなる。

 

③ゾーン狙いは効果なし

 

ストック機の場合、特定のゾーンだけ放出率が高く設定されている機種がある。

しかし、本機の場合、特別目立った「ゾーン」は存在しない為、気にしなくてOK。

 

 

演出

 

本機は、人気漫画のタイアップ機であるが、その原作の世界観を上手く演出に取り込んでいた。

特に「よく喋る」のだが、その台詞の一つ、1つが、各キャラクターの個性は引きだしており、非常に面白かった。

タイアップものは、原作に対する「愛」が非常に大切だと思っているのだが、本機はその「愛」が、とても感じられる仕上がりとなっていた。

原作にあるのかどうか知らないが、星一徹の「やりおった!」は、最高でした。

そして、演出面での最大の特徴は、

「5リール」

と、言う事。

今まで、4thリール機は数多く出てきたが、リールが5本ついたのは本機が初めて(の、ハズ)。

「パチスロの歴史を大きく変えた、異次元の演出!」と、言うわけではなかったが、こちらも上手く作られており、打っていて飽きない、非常に良く出来た台だったと思う。

 

 

続く

 

本機最大の特徴は、ここまでに挙げた内容ではなく、間違いなく「特訓モード」と呼ばれる、ナビシステムなのだが、結構長くなってしまうので、申し訳ないが、次回に続く。

 

特訓編

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事