スポンサーリンク

 

 

前回の稼働で、2003年2月が終了。

王様店の復活。

7.6枚交換店を主軸とした立ち回り。

そして、猛獣王での万枚炸裂

と、上手く歯車が噛み合い、終わってみれば過去最高の成績を収める事が出来た。

今月も、先月掴んだ基本の立ち回りを駆使して、好成績を出せるよう頑張っていこう!

では、第387話をご覧ください。

 

 

しつこく

 

 

3月1日

3月最初の稼働は、しつこく王様店から。

確かに前半戦は大車輪の活躍だったが、後半戦は失速している。

花火に設定が入らない事数回。

状況は改善されるのだろうか?

「期待」と言うよりも「確認」の意味合いが強い心境で朝イチから参戦。

狙いは当然花火。

今日も深追いはしないと決めて、色気のある二台だけを打つ。

結果だけを言えば、二台ともに×。

本格的に「終焉」の匂いが漂う。

予定通り、花火だけで王様店は終了。

原付に跨り、お店を移動する。

移動すると言っても、行くアテがある訳ではない。

行くとするならばボギー店でハイエナだが、あまりに時間が早過ぎる。

なので、ここからはお店探し。

3月とは言えまだ初日。

まだまだ極寒の街をアッチに行ったり、コッチに行ったりと彷徨ってみたが、コレと言った収穫は得られず。

夕方になり、震える身体をさすりながらボギー店に到着。

心底冷えた身体を温めながら打てる台を待っていると、拾えた台は、いつもの天井狙いの猛獣王。

しっかり期待値は積む事は出来たが、収支はマイナス。

見せ場なく、完敗スタートとなった。

 

店舗 機種 収支
王様 花火 -7K
ボギー 猛獣王 -15K

 

 

小計 月間計
-22K -22K

 

 

 

今後が楽しみ

 

 

3月2日

今日の朝イチはラッキー店から。

花火がイベント対象機種だったので、まずはここから。

先月同様この機種で基本を作り、たまの一撃で大きく収支を伸ばす展開を思い描いている。

その基本が作る事が可能なのも、減算値判別があってこそ。

減算値判別の素晴らしい所は、BIG一回で高設定がほぼ完ぺきに判別出来る事。

それは即ち、低設定の台もほぼ完ぺきに判別出来ると言う事になる。

だから、高設定台が掴めなくても、期待値がマイナス台をズルズル打たされずに済む。

・・・うん。

収支が普通にマイナスに終わっても、花火だからこそ素早く切り替えられるんだよ。

気を取り直していこう。

低設定の花火を三台打ち、現時点での収支は-10K。

まだまだ勝負は始まったばかり。

ここから、ここから。

だが、またもや時間が早過ぎて、ハイエナ出来る台がない。

ラッキー店、ボギー店、近所のJ・I店と、何度も何度も往復するが、なかなか打てる台がない。

やっと打てる台に辿り着いたのは、最後に花火をヤメてから4時間後。

ボギー店で恒例の猛獣王天井狙い。

待ち時間は4時間だったが、稼働時間は数十分。

当然天井には到達せず、割と早めにBIGを引いて、何も起こらず終了。

-4K。

この後、再度空き台待ち。

今度は待つ事一時間半。

やっと座れた台は、自身初打ちとなる巨人の星。

雑誌では予習していた機種だが、やっとボギー店にも導入された。

個人的には、結構期待していた台。

理由は、解析を見る限り「ハイエナ専用マシン」だと思っていたから。

詳しくは機種名鑑に譲るが、高設定域の割が低いので、高設定台にあまり魅力を感じない。

それでいて、ハイエナの効果が高いと来ているので、かなり重宝しそうなイメージ。

ハイエナをする時は「設定1前提」で考えて打つ訳だが、巨人の星の場合、高設定台をハイエナ出来てしまう可能性が十分あるハズ。

ならば「設定1前提」の条件を守って打ち続けた場合、期待値が想定以上に高くなる。

そんな机上の空論を描きながら、緊張の初対戦となった巨人の星。

打ったのは当然ハイエナ台。

初対戦の結果は+9Kと、イキナリ結果を出してくれた。

が。

それ以上に大きかったのは、

「面白かった」事。

いくら期待値が見込めても、全く面白くない台だと、打つ気が半減だからね。

その点、この台の出来には大満足。

残念ながら連敗スタートとなってしまったが、今後が楽しみな台が登場してくれた。

 

 

店舗 機種 収支
ラッキー 花火 -10K
ボギー 猛獣王 -4K
巨人の星 +9K

 

 

小計 月間計
-5K -27K

 

 

第388話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事