スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第74弾「GOGOジャグラーSP」の登場です。

今や、パチスロ界の絶対王者に君臨するジャグラーシリーズ。

しかし、現在進行している稼働日記中の2002年の時は、まだまだマイナーな位置付けでした。

本機「GOGO」辺りから、年配層だけではなく、一般のユーザーも打ち始めたのではないでしょうか?

ジャグラーシリーズだけに、文字数は少なくなってしまいますが、宜しければご覧ください。

では、参ります。

 

 

スペック

 

■メーカー

北電子

■発売時期

2001年4月

 

BIG REG 機械割
設定1 1/298 1/655 95.0%
設定2 1/273 1/630 98.5%
設定3 1/260 1/607 100.7%
設定4 1/245 1/546 103.9%
設定5 1/241 1/468 105.4%
設定6 1/241 1/364 107.2%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプ

 

本機はA-400。

ボーナスオンリーと、シンプルな仕様。

その上、ボーナスが成立したゲームで必ず告知が入る「完全告知機」。

今でこそ、絶大なる人気を誇るジャグラーシリーズですが、まだこの当時は「完全告知機」に対する評価はそれ程高くはなく、割と年齢が高い方以外は、好んで打っている姿を見かける事は多くありませんでした。

時代は目押し至上主義から爆裂AT機。

そして、知識介入度が高い、ストック機全盛へと向かっている時期。

そんな中でも、このGOGOから徐々に市場評価が高まってきていたのは、ジャグラーの底力を物語っていたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

技術介入

 

技術介入要素が無いと思われがちですが、4号機のジャグラーシリーズは、通常時の小役回収打法と、リプレイ外しという、二大正攻法が効きます。

但し、共にビタ押しが要求される、非常に難易度が高いモノでした。

通常時の小役回収打法は、左リールに切れ目の7をビタで狙って、そのまま停止なら右にベルを、滑ってピエロが上段に止まれば右リールにピエロを狙い、それぞれテンパイすれば中リールに対象図柄を狙うのが一般的な打ち方。

例え左リーリの目押しをミスっても「損失」が出る訳ではないので、積極的に挑戦すればOKですが、リプレイ外しはそうはいきません。

何もせずに打つ場合と比べ、難しいビタ押しを完璧にこなして、やっと+11枚。

目押しをミスれば、逆に損失が発生し「やらなきゃ良かった」という結果もあり得ます。

その為、僕程度の目押し力の場合「やらない」選択を取る事が普通でした。

 

 

技術介入Ⅱ

 

4号機ジャグラーシリーズで使える技術介入は、もう一つあります。

それが「設定変更判別」です。

よく「ガックン」と呼ばれる、設定変更を行うと、リールが初期の位置(21番の7がセンターに並ぶ位置)と異なる事から発生する「ブレ」を確認する方法が有名ですが、コレはホール側の対策が簡単である為、使えないお店が多かった。(使えれば有効な手段である事は確か)

そちらではなく、小役の出現を確認する事で設定変更判別が可能でした。

4号機の時代は、小役の確率を状態により変更される事が認められていました。

この辺の詳しい内容は、減算値判別のページを参照して頂くとして、ジャグラーの小役確率は以下の通り。

 

 

低確 高確
2チェ 1/58.1 1/4.1
4チェ 1/40 1/8.2
ピエロ 1/327.7 1/23.4
ベル 1/327.7 1/27.3
ブドウ 1/8.9 1/8.9

 

 

ご覧の通り、ブドウ以外の小役確率に大きな差があります。

特にチェリーは出現率が高い為、朝イチにチェリーが連続で揃うようであれば、設定変更濃厚となります。

但し、こちらもホール側で対応可能な為「絶対」とは言えませんが、かなり有効な手段であった事は確かです。

 

 

豆知識

 

4号機ジャグラーシリーズは、全部で8機種登場しており(30Φは除く)初代が「ジャグラー」、そして二台目が「ジャグラーV」、そして三番目に登場したのが、本機GOGOジャグラーSPとなります。

4号機のジャグラーシリーズは、ボーナス確率が全て同じの為、基本的にどれを打っても大差ないと思われますが、各機種に少しずつ変更点があります。

特に、巷で話題に上る事が多いのが「告知」・「リプレイ絵柄」・「GOGOランプ」です。

本機は、順に「後告知のみ」・「サイ」・「豆電球」になりますが、特にGOGOランプにLEDが搭載されたタイプが発売された時には「暖か味がない」と、一部ユーザーの間で不評を買いました。

確かに、僕もどちらかと言えば豆電球の方が好きですが、どちらのタイプでも、沢山ペカッてくれれば、それが一番です。

 

 

まとめ

 

 

書き始めると、案外書きたい事が多くて、自分でビックリしてしまいました。

まだ書きたい事があるのですが、今後登場する他のジャグラーの時の為に、とっておきます。

しかし、未だに愛され続けるジャグラーは、本当に奥が深いパチスロです。

 

 

 

SPの良い動画が見つけられませんでした。

自宅で打たれているらしく、音や、セレクターの状態の悪さがリアルです。

初ペカリは10分50秒付近ですので、後半だけで見て、雰囲気を確認してみて下さい。

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事