スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

十一ヶ月目に突入したパチスロ専業生活。

過去最高の成績を叩き出した10月から一転、11月に入ってから厳しい戦いが続いている。

12日終了時点での収支が-87.5K。

しかも「キチンと立ち回ったが、生憎ヒキが弱くて」と、言う類のものではなく、常に「たまにくる一撃」を、何処か期待しながら立ち回った結果となっている。

勿論、花火の状況を観察しつつ、以前のような「固い立ち回り」が行える機会を逃さないよう、目を配ってきているつもりだが、お店の状況が変わらなければ、ソレとて意味をなさない。

そんな苦しい状況の中、僕のパチスロ人生の中で「最大の汚点」とも呼べる出来事が発生する。

言葉が正しくないな。

もっと噛み砕いて言えば「超やらかしてしまった」のである。

では、パチスロ人生最大の汚点となる、第119話をご覧ください。

 

最大の汚点

 

11月13日

朝からファースト店へ・・・ではなく、今日は初参戦となる「ラッキー店」へ。

このブログを長くご覧頂いている方ならお分かりでしょうが「名前がついた」と、言う事は、今後もメインの一つとして使うお店と言う事である。

まずは、簡単にラッキー店をご紹介。

・パチンコ・スロット併設店

・パチンコ・スロット合わせて250台程度

・朝の並びは緩め

・パチンコは、高齢者が多め

・スロットに「集団」はいない

・パチンコ42玉交換・スロット7.6枚交換

・自宅からは、原付で20分弱程度

大体こんな感じだが、ファースト店と比べて貰うと分かるが「よく似ている」お店である。

勿論、僕が、そういったお店を好んで選んでいたからなのだが。

で、このラッキー店に訪れた理由は、

「獣王の設定6を使っているイベントがある」

と、聞きつけたから。

この当時、ラッキー店では日替わりイベントを行っていたのだが、その中でも「あるイベント」の時は、コレまで毎回、獣王に設定6が使われていたらしい。

しかも、そんな熱いイベントにも関わらず、並びはソレ程キツくなく、小一時間も並べば十分台は確保出来るとの事。

ここまで条件が整えば、参加しない手はない。

今日がそのイベント日だと聞き、期待に胸を膨らませながらやってきた次第である。

開店一時間前に到着すると、先客は2名。

獣王の設置台数は10台なので、難なく台は確保出来る。

初参戦のお店なので、設定の入れ方は分からないし、今まで、どういった台に設定6を入れてきたのかも分からない。

ここは「当てもの」に近いが、雰囲気で台を選ぶつもり。

このイベント内容が「武蔵と小次郎」という、僕が住んでいる地域では、割とよく見かけたもの。

各台に「643 or 526」という、どちらかの札が刺さっており、武蔵なら設定3or4or6、小次郎なら設定2or5or6といったあんばい。

なので、変に設定4で悩む可能性がある事を考慮して「小次郎」台から選択する事だけは決めていた。

本当に設定6を使っていたとしても、恐らく一台。

だとすれば「当たる確率」は、1/10なのだから、ハズレる可能性の方が圧倒的に高い。

獣王を外した場合は、花火が設置されていたので、全台判別して、イベントの「本気度」を測ってみる予定。

そんな思惑を胸に開店を待つ事小一時間。

10時開店となった。

獣王のシマに向かい、無事予定通り「小次郎」札から一台を確保。

まずは、第一段階をクリア。

サンドにお金を入れ、まずは獣王恒例のデモフラッシュチェック。

すると、しっかり高確スタートだったので一安心。

回りを見ていると、ほぼ全員がフラッシュを確認しており、そして、確認した全員が打ち続けていたので、全台リセットなのだろう。

狙いは設定6一本。

当然、最大のポイントは、一番最初の純ハズレにある。

そのタイミングは投資4Kと早い段階で訪れた。

純ハズレを引いた後フラッシュを確認すると、低確状態。

まぁ、良い。

コレでに分かりやすくなった。

内心少しドキドキしながら打ち続けると、ドットが騒がしくなってきた。

そして、頻発し始めるダチョウ。

「まさか」

と、思いながら、ドキドキが最高潮に達した時点で、喜びのマングース登場からサバ降臨!

「来た!」

「最初の純ハズレ、しかも低確状態から一発サバ当選!」

お店を信頼するなら、設定4はない事になる。

コレは、相当設定6の期待が高まった!

このサバは単発で終了。

全く持って問題ない。

次の純ハズレでサバに当選すれば「6確」宣言だろう。

はやる気持ちを抑えながら打ち続けると、次の純ハズレは追加投資6Kの時点。

回りの状況を見ても設定6らしき台はない。

ここは、気持ち的には「確認」のつもりでいたのだが・・・まさかのサバ非当選!?

「エッ!?」

という気持ちだったのは言うまでもない。

動揺を隠しきれないが、勿論ここは続行。

しかし、三回目の純ハズレも、四回目の純ハズレもサバには入らず。

「設定2の鬼引きだったのか・・・」

失意の中、台を後にする若き日の銀猿。

この時、他の台にも設定6らしき挙動の台は見当たらなかった。

念の為、少しの時間獣王のシマを観察していたが、それでも設定6らしき台は確認出来なかった。

「ガセ情報か、たまたま今日は無かっただけか」

真意の程は分からないが、この時点で-20K。

花火を全台判別予定だったが、イベント自体の信頼度が低下した事と、精神的ダメージが大きかった事から、この時はコレで撤退。

夜に状況確認をすると決めて、一旦自宅に戻った。

21時。

獣王は勿論、他の機種の状況を確認するべく再度ラッキー店を訪れると、そこには驚くべき光景がっ!

な、なんと、自分が朝打っていた台が、猛烈に出ている。

当然、獣王なのだから「出ている」だけなら、全く問題ないのだが、コレが設定6だと言うではないかっ!?

このラッキー店には、多少話しをする知り合いがおり、その方に、

「今日は獣王に設定6なかったよね?」

と聞いた時に「アレが6やで」と、指さされたのが、朝イチ自分が捨てた台だったのだ。

その後観察してみると、確かにモロに設定6の挙動。

だとするならば、朝イチ純ハズレを三回連続でハズしたのは、自分のヒキが原因だった事になる。

しかし、設定6のサバ突入率は、高低問わず純ハズレ時の1/1.09やで?

それを、三回連続でハズす確率って何%やねんっ!

この時代、日本全国に多くのパチスロ専業者が存在したであろうが、獣王の設定6を捨てた専業者は、ほとんどいないのではないだろうか?

コレが、僕のパチスロ人生最大の汚点である。

 

【追伸】

後に分かった事だが、この店はこの時「36段設定」を使っていたとの事。

獣王には、通常のボーナスなどを管理する「メイン基盤」と、サバチャンなどを管理する「サブ基盤」が存在し、それぞれに「設定」が存在していたらしい。

そして、サブを6にすると、純ハズレ≒サバ突入となり、いわゆる「設定6」の挙動となるのだが「メインも6・サブ6」と言う、通常の設定6を使った場合、BIGとREGの当選確率が上がる分、純ハズレの確率が下がる事になる。

そこで「メインを1・サブを6」という組み合わせで設定を打つと、純ハズレ確率が高くなり、よりサバを引く確率が上がる仕様になる。

メイン6×サブ6=36段設定

と、言う訳である。

で、この36段設定を行った場合、何らかの「バク」ではないが、通常とは異なる挙動を見せる場合があったらしく、僕が打った時もその影響により、設定6なのに純ハズレ三連続スルーとなった可能性が高い。

当然の事ながら、全て噂を元にした「推測」であり(ラッキー店が36段設定を使っていたのは、当時の店長に聞いたので、ほぼ間違いないが)、真相は藪の中ではあるが・・・。

ただ一つハッキリしている事は、僕が「獣王の設定6を捨てた」と言う事だ。

 

 

店舗 機種 収支
ラッキー 獣王 -20K

 

 

コメント
獣王の6を捨てるなんて・・・
小計 月間計
-20K -107.5K

 

 

第120話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事