スポンサーリンク

 

 

 

流石は2月。

時が流れるのが早い。

もう残すところ一週間となった。

勝率、収支ともに文句はないが、ここ一週間は収支に伸びがなく停滞期。

残りの期間で無駄な負けを喰らってしまうと、結局は平凡以下の結果に終わってしまう。

ここらでもうヒト伸びほしい。

では、第382話をご覧ください。

 

 

懐かしい

 

 

2月22日

今日は朝から王様店へ。

狙いは花火・・・ではない。

何とこの日の狙いは「キュロゴス」!

懐かしの機種と言って良いこの機種狙いでやってきたのには、当然理由がある。

この時期王様店では「定量性」で設定6が打てるイベントを行っていた。

記憶が定かではないのだが、対象台は一台のみで、2,000枚打ち止めだったと思う。

希望者が複数の場合は、早いモノ勝ちだった。

メインのイベントとは「別」で、そのような台がランダムに設置されていたと記憶している。

但し「出玉2,000枚」で打ち止めである。

「差枚数」ではない。

なので、7.6枚交換のこのお店では、換金出来る最大値は、約25Kとなる。

勿論2,000枚出るとは限らないし、出たとしても、投資が膨らんでしまっては利益は薄い。

キュロゴスの設定6の機械割は約108%。

そこに、小役狙いとリプレイハズシを駆使しても、バーサスの設定4と、花火の設定5の間と言ったところか?

それに、設定確認が出来る訳ではない。

設定推測要素がボーナス確率しかないキュロゴスだが、その点においては、お店を信用するしかない。

そして、この条件のキュロゴスを打ちに来た最大の理由は、

「夕方から用事がある」から。

コレは自身の勝手な都合だが、最大で打てる時間は16時過ぎまで。

さて、どうなる事やら。

いつも以上に早くに並び、キュロゴス確保に万全を期す。

お陰で、先客は0。

間違いなく座れる事が確定した。

ここがこの店の良いところである。

10時開店。

悠々と台に向かい、店員さんに打ちたい意志を伝え、いざ勝負開始。

最大のポイントは「投資金額」にあると思いながら打ち始めると、投資2KでREG。

すると、その出玉でBIGに繋がる上々の滑り出し。

「スタートは最高」と、思っていると、ここから快調に飛ばす。

懸念材料であった投資金額は、ほぼ最低で済ます事が出来た上、変に設定を疑う余地すら挟まない極上の展開。

16時までの時間制限なんてなんのその。

結局、お昼過ぎの時点で早々に2,000枚を突破。

早々に打ち止め終了とあいなった。

出来すぎでしかない稼働内容だが、素直に喜ばしい。

キュロゴスって、こんなに面白かったっけ?

 

 

店舗 機種 収支
王様 キュロゴス +23K

 

 

小計 月間計
+23K +424K

 

 

第383話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事