スポンサーリンク

 

 

 

前回の非常にショボい勝利のお陰で、勝率は五分に。

勝率自体が低くても、収支が上がれば問題ない。

しかしながら、勝率は高いに越した事はない。

基本的に、収支と勝率はリンクする事が多い。

僕のように、あまりブンブン振り回さないタイプの専業者は、特にだ。

「万馬券で一発」

が、ないのだから、最低限、3勝2敗のペースには乗せないと苦しくなる。

では、第521話をご覧ください。

 

 

だったさ~

 

 

8月12日

昨日は体調不良の為、朝イチにキンパルを少し打っただけで帰宅。

少し前にも、猛獣王を少し触っただけで帰った日もあった。

体調管理は「何事においても基本」のハズなのだが、この当時の僕は、全くケアが出来ていなかった。

サラリーマンの方も勿論だが、日銭を稼ぐ稼業のパチスロ専業者なら、普通の方以上に気をつけなければならないのだが・・・。

一日休んで幾分回復したが、まだスッキリしない。

なので、今日は昼過ぎまでグッスリ爆睡。

14時頃にのそっと起き上がり、目が覚めてからもチンタラ。

そのまま休む選択肢もあったのだが、明日のラッキー店のイベントには朝から参戦したい。

ならば、どの道、夜には下見に行かなかればならない。

そう考え、ハイエナがてら、17時過ぎに家を出た。

重い腰を上げ、ようやくパチ屋に到着。

普段の1/2程度の速度で、ダラダラと店内を見て回る。

だが、残念ながら打てそうな台は見当たらない。

当然、帰る訳にはいかないので、常連さんとお話ししながら、打てる台が空くのを待つ。

すると、二時間ほど経過したところで、札台の発表が始まった。

この頃には体調も殆ど回復していた為、ムクムクとパチスロ打ちたいモードになっている。

「札台でも打つか」

そう思っていると、珍しい台に札がズブリ。

反射的に台を抑えてしまった。

タバコを投げ入れた台は、スーパービンゴ。

自分が知る限り、この機種に札が入ったのは初めて。

普段は、ハイエナ専門機種であり、設定を求めて打つ事はない。

そして、17年の時を経た今振り返ってみても、札台と言う理由だけで、この時間からこの機種を打つのは「間違い」だと思う。

だが。

この時の銀猿くんにその思考はない。

「滅多に打てないビンゴの高設定かもしれない台だ、ヒャッホーイ!」

てなもんである。

最早、パチスロ専業者を名乗る資格のない考え方である。

例え勝ったとしても、運に非常に強く左右される台。

次に繋がる要素がない。

「高設定の挙動を知る」

という、最もらしい説明も成り立たない。

どうせ、これからもハイエナでしか打たないのだから・・・。

22時。

明日の狙い台を確認し、ラッキー店を後にする。

ビンゴはどうだったかって?

面白いぐらい、見事な負けっぷりだったさ~。

大ハマリの挙句、AT33単発。

その少ない出玉を飲ませて、サクッと短時間で大敗だったさ~。

 

 

店舗 機種 収支
ラッキー スーパービンゴ -46K

 

 

 

小計 月間計
-46K +118K

 

 

 

第522話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事