スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

土曜の競馬も終わり、明日はいよいよNHKマイルCの出走です。

銀猿の最終決断といきたいと思います。

 

 

予想

 

本命 5番 キングエルメス

相手 7番 タイセイディバイン

相手 18番 ダノンスコーピオン

相手 6番 トウシンマカオ

 

根拠

 

本命はキングエルメス。

前走は骨折休養明けの一叩きは明白で、状態は上向いてくる。

1,400mとは言え、出走馬の中で東京の重賞を勝っているのはこの馬のみ。

土曜日のレースを観ていると、圧倒的な内・前有利とは言えないものの、若干内有利なように映った。

短縮ローテも延長ローテもどちらも人気薄で走っており、特に偏ったバイアスはなかったように思う。

それならば、人気薄がより多い1,400m質に近いレースになる方に賭けてみる方が期待値は高い。

逃げられると黄色信号も、ジャングロを活かせて3~5番手ぐらいの位置取りから早め先頭で押し切る競馬を希望。

マイ億くんと本命が被った点は多いに不安だが。

 

相手には上記三頭を指名。

タイセイディバインとダノンスコーピオンは、オッズを見て妙味ありと判断。

タイセイディバインは人気になりづらいタイプの馬とは言え、2戦連続重賞2着で10番人気は少々驚き。

「前走2~4着で上がり5以内」に合致する馬でもあり、この人気なら狙ってみたい。

ダノンスコーピオンは、全頭診断で「人気を考えると手は出しづらい」と書いたが、2番人気で単勝4倍台中盤を想定していただけに、思ったほど人気がない。

大外枠が嫌われての人気だろうが、この程度の人気なら食指が動く。

奇しくもここまで挙げた3頭は、全て前走アーリントンC組。

終わってみれば「アーリントンC組のレベルが高かった」という結末に期待。

トウシンマカオに関しては「キングエルメスを買うならセットで買ってみたい」と全頭診断で書いた通り。

全く人気もなく、来たら悔しいのでワイドの相手として少しだけ買っておく。

 

人気馬

 

 

セリフォスは全く問題なく、馬券になる確率は一番高いと思う。

ただ相手として選んだ場合、セリフォス一頭しか買えなくなるのでここはスルー。

マテンロウオリオンとインダストリアは人気し過ぎの印象。

特にインダストリアは、過剰人気に映る。

マテンロウオリオンは枠と鞍上から、買うなら単勝だと思っていたが、個人的には10倍前後つかなと割に合わないと思っていたので、ここはオッズ妙味なしと判断。

 

 

馬券

単勝 キングエルメス

ワイド 5 ⇒ 6・7・18

三連単 5・7・18BOX(アーリントンC組で完全決着の夢馬券)

これだけ買っても、合成オッズ5倍はキープ!

 

では皆さん良い週末を!

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事