スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

NHKマイルCの枠順が決まりました。

では、出走馬を一頭ずつ見ていきましょう!

 

全頭診断

 

1番 マテンロウオリオン

 

横山典騎手 前走 NZT 2着

傾向分析で書いた、

「前走2~4着で上がり5以内」に合致する馬。

ここまで戦歴に穴はなく、有力馬の一頭に間違いはない。

ダイワメジャー産駒はこのレースで複数の好走馬を出しており、その点もプラス。

難しいのが、典さん騎乗で最内枠に入ってしまったこと。

流石に伝家の宝刀「ポツン」はないと思うが・・・怖さもある。

隣に武史がいるのも何か嫌。

前走ジャングロはやや楽逃げであり、自身は3角でポジションを下げていることを考慮すると、ここでの逆転は可能だが、最後の直線で一度を交わしているのに差し返されているのが不満。

ゴール後もその差は詰まっていないので、全力を出しての敗戦だという判断。

枠と騎手を考えると馬券の軸にはしづらく、買うなら単勝。

 

2番 ソネットフレーズ

 

横山武騎手 前走 デイリー杯 2着

この馬も「前走2~4着で上がり5以内」に合致する馬。

中間ひと悶着あり、ここまでレース間隔が空いてしまったのはマイナス。

新馬勝ち直後で、今回一番人気想定のセリフォスと阪神マイル戦でタイム差なしの2着に走っているのはプラス。

内枠が良いとも思えないが、底を見せておらず未知の魅力は満点。

上がりも使えそうだし、ノーザンファーム・キャロット・エピファネイアとくれば、府中のマイルGⅠで期待せずにはいられない。

人気次第だが、一か八かで買いたくなる馬。

 

3番 ソリタリオ

 

鮫島克騎手 前走 スプリングS 10着

前走は逃げ・番手で決まる前有利な馬場を、後方から差してくる競馬なので情状酌量の余地はある。

ただ、その位置で上がりがそれ程でもなかったのは不満が残るのも確か。

距離がマイルに戻るのは良いだろうが、短縮ローテがまとめて走るようなレース質にでもならない限りは厳しい。

 

4番 セリフォス

 

福永騎手 前走 朝日杯FS 2着

ここまで4戦全てマイルを使い、新馬・GⅢ・GⅡと三連勝からGI2着の実績は最上位。

想定一番人気も納得。

朝日杯で負けたドウデュースがその後しっかり走っていることもあり、セリフォスにも高い評価は必要。

ダイワメジャー産駒なのも上述通りこのレースではプラス。

休み明け以外、特に気になる点はない。

「軸」にするならこの馬。

 

5番 キングエルメス

 

坂井騎手 前走 アーリントンC 3着

前走は内有利な馬場を、最内枠から先行して流れ込んだ内容なので、1・2着馬との差は着差以上。

だが、前走は骨折休養明けであり、既にNHKマイルCに出走の賞金も持っていたことも考えると、ひと叩きだったのは明白。

間違いなく前走より状態は上向いてくる。

先行力があるこの馬にとって、内目の枠は歓迎だし、東京替わりもプラスに働きそう。

坂井騎手だけに変に思い切って逃げられると嫌だが、ジャングロの番手でジッと出来るのであれば、期待大。

もし、内・前有利のバイアスが発生すれば、全力で買いたい一頭。

 

6番 トウシンマカオ

 

戸崎騎手 前走 ファルコンS 5着

前走はハイペース前崩れの展開の中、先行勢で唯一掲示板を確保。

「ファルコンS5着」の字面ほど悪くない結果。

ただ、マイルGⅠで勝ち切るだけのパフォーマンスを見せておらず、ベストは恐らく1,400m。

距離適性が短い馬に向くレース質かつ、内・前有利のバイアスで穴のヒモ候補っといったところ。

キングエルメスを買うなら、一緒にセットで買ってみるのは一考。

 

7番 タイセイディバイン

 

松若騎手 前走 アーリントンC 2着

距離を短くしてから成績が安定。

前走は、内有利の馬場を外目追走から2着。

ダノンスコーピオンには力負けの印象も、相手なりに走れるタイプだろうから、ここでもひょっこり2・3着はありえそう。

年明け5戦目のローテは気になるが。

 

8番 アルーリングウェイ

 

藤岡佑騎手 前走 桜花賞 8着

桜花賞8着とは言え、0.2秒差負けなら着差ほど印象は悪くない。

桜花賞のレベルがどうか?の声もあるが、3走前の万両賞はマテンロウオリンよりも強い競馬をしているし、エルフィンSのレース内容も悪くない。

先行出来る脚質からこの枠は歓迎。

桜花賞からのローテと、やたらとこのレースで走る馬を出すフレンチデピュティを母父に持つ血統構成は魅力。

人気もなさそうなので、食指が動く一頭。

 

9番 ダンテスヴュー

 

吉田隼騎手 前走 皐月賞 10着

ひと昔前なら皐月賞組は着順に関わらず狙えたものだが、近年は短縮ローテにそこまでの優位性はない。

1,800mと2,000mの経験しかなく、今回は追走に手間取りそう。

この馬も母父フレンチデピュティなので、血の成せる業で激走を期待する手もあるかもしれないが、厳しいイメージしか湧かない。

短縮馬がまとめて走るバイアスになれば、インダストリアの相手でどうか?という評価まで。

 

10番 カワキタレブリー

 

菅原騎手 前走 アーリントンC 11着

実績面で見劣る。

前走も好位から特に見せ場のない敗戦で、GⅠでは足りない印象。

 

11番 インダストリア

 

レーン騎手 前走 弥生賞 5着

前走はやや前有利なレースを、後方から一気に差してきて0.3秒差負けなら着順ほど負けていない。

ここまで4戦連続上がり最速で、末脚は確か。

ただ、前半36秒以上かかるドスローの経験しかなく、ヨーイドン!なら強いという実績しかない。

ノーザンファーム・レーン騎手騎乗・4戦連続上がり最速と、人気になる要素満載で、想定3番人気。

ここまで見せたレース内容と人気が釣り合っていないというのが、個人的な評価。

短縮ローテが有利なレース質で、位置取りに関係なく速い上がりが出せれば好走出来る・・そんな条件が必要。

 

12番 セイクリッド

 

菊沢騎手 前走 未勝利 1着

ダートの未勝利を勝っているだけでは強調材料がない。

未知なのは未知だが、流石に厳しい。

 

13番 ジャングロ

 

武豊騎手 前走 NZT 1着

恐らくこの馬がハナ。

武騎手なので、ハイペースブッ飛ばしは考えづらく、割と楽なペースで逃げられる可能性はある。

1,200mで逃げらるのだから基礎スピードに問題なく、そこまで簡単には止まらないだろう。

が。

府中のマイルを逃げ切るだけの底力を見せておらず、マイル自体もやはり長いと思う。

ウマ娘人気もあり、藤田オーナーということで変に人気しそうな点もマイナス。

この枠もプラスとは言えず、買いづらい一頭。

 

14番 フォラブリューテ

 

大野騎手 前走 桜花賞 14着

桜花賞はバイアスに反した競馬だったとは言え、見せ場なし。

エピファネイア産駒のマイルでの成績は驚異的だが、それならソネットフレーズを買う。

強調材料に欠ける。

 

15番 オタルエバー

 

横山和騎手 前走 ファルコンS 3着

地味に「前走2~4着で上がり5以内」に合致する馬。

ただマイルは長い印象。

前走はハイペースに恵まれて差してきているが、本来は先行馬。

この面子の東京マイルで、差して上位の上がりが使えるイメージはない。

かと言って、前に行って粘り込むには、内枠に似たタイプが多くこの枠がマイナスとなる。

全体的に強調材料に欠けるので、食指は動かない。

 

16番 プルパレイ

 

M.デムーロ康騎手 前走 ファルコンS 1着

前走はハイペース前崩れの展開とは言え、最内枠から上手く立ち回って快勝。

次走でアーリントンC2着のタイセイディバインに0.3秒差つけての勝利は評価出来る。

しかしその前走が鮮やかであり、あまりに強過ぎる。

マイルで2勝しているが、恐らくは1,400mがベスト。

ここまでの3勝全てが内枠でのものであり、今回はピンク帽の8枠に入ってしまった。

外枠+マイルへの延長では手が出せない。

 

17番 ステルナティーア

 

池添騎手 前走 チューリップ賞 2着

近2走は、共に少し不利があったレースに見えるので、馬柱から受ける印象ほど悪くないかもしれない。

それでも、好走したサウジアラビアRCの勝ち馬コマンドラインのその後を見ると、強くは推せない。

ノーザンファーム・ロードカナロア・GⅠハンター池添騎手。

このトリプルコンボに期待して買うという選択肢が・・・僕にはない。

 

 

18番 ダノンスコーピオン

 

川田騎手 前走 アーリントンC 1着

前走アーリントンCは内有利な馬場の中、外を回して差し切り勝ち。

2走前の共同通信杯は、デキ落ち+戦前より1,800mは長いと鞍上が言っていたように、ベストではない条件。

3走前の朝日杯FSは、直線の進路取りのロスを考慮すれば、セリフォスとは互角という評価。

ここまで推定2番人気も納得の戦歴だが、今回はどうか?

理由はどうあれ、東京で行われた共同通信杯で0.9秒差完敗。

この枠だと、位置取りがかなり後ろになってしまう可能性もあり、速い上がりを使っても届かない可能性は大いに出てくる。

それと継続騎乗とは言え、前走のアーリントンCは川田騎手が全力で追っている。

ダノン+川田騎手十八番の、

「前哨戦めちゃ強くて本番コケる」

パターンに合致していまいそう。

人気を考えると手は出しづらい。

 

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事