スポンサーリンク

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第九弾、「カンフーレディ」です。

カンフーレディではその後シリーズ化され、大量獲得機(4号機)や液晶付き(5号機)なども発売され、先日は懐かしのテトラ搭載で新機種が出たとの事。

本機はそのシリーズ元祖となる、チーパオ初お目見えの初代カンフーレディです。

人気は後発の大量獲得機の方があったかなぁ~と思いますが、この初代もなかなかに面白い機種でした。

 

スペック

■メーカー

山佐

■発売時期

2000年1月

 

BIG REG 機械割
設定1 1/303.4 1/390.1 92.9%
設定2 1/282.5 1/364.1 96.3%
設定3 1/264.3 1/341.3 99.9%
設定4 1/248.2 1/321.3 104.4%
設定5 1/240.9 1/292.6 109.2%
設定6 1/240.9 1/240.9 119.9%

 

カンフーレディ筐体

 

 

 

 

 

 

 

出典 777@Nifty様

 

特徴

 

中国武術「カンフー」をモチーフに作られおり、まず最初に目を惹くのは全てのリールに配置されている3コマぶち抜きの「チーパオ図柄」。

初めて見た時は「何じゃこりゃ?」とビックリしたのを覚えています。
(中リールにはチーパオが二人います)

このチーパオ図柄狙う事でリプレイ外しが出来た(ハズ)のですが、ちなみに、七・七・チーパオの頭or胴体or脚でREGと、どの図柄も、並んだ時に「揃った感」が全く得られない、
なかなかに斬新な配列でした。

リール内全部がチーパオで埋め尽くされた様は圧巻ですが、制御上は「胴体三つ揃い」がBIGボーナス扱いです。

なので、見た事はないですし、揃うかどうかは分かりませんが、「胴体右斜め上がり三つ揃い」や「胴体右斜め下がり三つ揃い」なんかも、BIGです。
恐らく、これも全然「揃えた感」が得られない可能性が高いです。

通常時取りこぼす小役はチェリーのみで、リプレイ外しの効果もそれほどでもなかったハズなので、まだ山佐が本格的に「目押しによる技術介入」を、全面的に受け入れる前の機種となります。

山佐と言えば「大量リーチ目」と言われるぐらい、21×3=63コマの図柄の組み合わせで、
様々な景色を見せてくれる素晴らしいメーカーで、このカンフーレディも、3コマぶち抜き絵柄搭載にも関わらず、見事な制御で、多数のリーチ目を持つ機種でした。

レバーON時に鳴るチャンス予告音、「テケテケテケテケ・テケテケ・テケテケ」が、
個人的には脱力感ありまくりで好きでした。

図柄の世界観や雰囲気にマッチした予告音、見た目とは裏腹な本格的大量リーチ目機。

チーパオ好きな方は、大いに語って下さい。
そして、出来ればその魅力を銀猿にも教えて下さい。

・・・ハッキリと打った記憶もあるし、結構印象に残ってて、「面白い台だったなぁ~」と感じていたのですが、調べてビックリ!
本編で書いたあの一回しか打ってませんでした(驚)

同じ一回しか打ってなくても「櫻」との温度差は一体(汗)

 

 

※BIG消化が殆どですが、「テケテケ」音の確認は出来ます(笑)

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事