スポンサーリンク

 

 

 

後半戦に突入している2003年1月。

ネオプラでの万枚のお陰でプラス収支となっているが、全体的には苦戦。

勝率も5割ちょっと今一つ。

その原因は、兎にも角にも「軸が定まっていない」事に尽きるだろう。

お店も、機種も、ある程度決まってはいるものの「主軸」が存在しない。

「何となく勝っている」と言う表現がしっくりくる。

それって、専業者としてどうなんだろうか?

何とかせねば。

では、第359話をご覧ください。

 

 

ドカンっ!

 

 

1月22日

今日は朝から・・・ではなく、15時過ぎからボギー店へ。

重役出勤の理由は、定番の寝坊。

ただし「うっかり」の寝坊ではなく、ある程度意識的な寝坊。

意識的な寝坊とは「起きられたら朝から行くけど、起きられなければ、それはそれ」と言う、今、思い付いたネーミングである。

まぁ、それだけ狙いが立っていないと言う事。

到着後、隣のラッキー店も合わせてグルッと見て回るが、打てそうな台は見当たらない。

そりゃそうだ。

そんな簡単に期待値が積める台が見つかるのなら、誰だって苦労はしない。

待つ事一時間強。

割と早めに打てる台が空いた。

機種は猛獣王。

狙いは天井である。

こちとら朝から起きる気もあまりなく、ハイエナでお茶を濁す事を受け入れているのだから、この状況は完全にウエルカム。

結果はどうあれ、喜んで打つ。

打ち始めると「順調に」ハマる。

確か、700中盤からのスタートだったと思うが、液晶もあまり動かず、全く変調の気配を見せずアッサリ1,000ゲームを通過。

この辺りからナンバーランプを見るのが嫌になるので、やや視線を落とし、液晶の下半分付近を見ながら、黙々とレバーを叩き続ける。

「鬼門」である、1,000ゲームを超えてからの遅れも、15枚役ナビもなんとかスルーし、無事天井に到達。

1,200ゲームを超えただけでは安心出来ないが、早々にチェリーを引き、素早くサバが発動。

そして、ここからも更にハマる。

結局、ハマリにハマッて、BIGを引いたのが1,800ゲームを超えた付近。

その間、確率以上にチェリーを引けていた上に、一度BIGを引いてからは、今度はストック機のようにBIGが連チャン。

高確ハズレも何度か引き、最早お祭り騒ぎ。

もう何が何だか分からない状態が終わった時には、別積みの箱が用意される程のコインをGET!

サバの潜伏が無い事と、ほぼ高確状態で無い事を確認して、素早く撤収。

コインを流すと、7,000枚を軽く超えていた。

いくら何でも出来すぎだろう。

恐ろしく気持ちの良いハイエナだった。

最後は、600ゲームを超えていたネオプラを打って終了。

「果報は寝て待て」だね。(使い方が違う)

 

 

店舗 機種 収支
ボギー 猛獣王 +104K
ネオプラネット -1K

 

 

小計 月間計
+103K +252K

 

 

第360話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事