スポンサーリンク

 

 

 

2003年9月も、残すところ後二日。

現時点での収支は、何と+26K。

吹けば飛ぶ程の、微々たるプラス。

ソレもコレも、愚かな乱れ打ちを繰り返し、二日で112Kも負けているからである。

四日前のブログの最後にも書いたが、今の僕がこの時の銀猿くんの師匠ならば、間違いなく「引退」をお薦めする。

正直なところ、自身で今振り返ってみても、この時の僕は「専業者」を名乗れるだけの打ち手ではなかったと思う。

このままマイナス収支に転落し、素直に引退した方が自身の為ではないだろうか・・・。

では、第563話をご覧ください。

 

 

良かったのか悪かったのか

 

 

9月29日

懲りずに今日もF・S店。

いくら自分が乱れ打ちした結果の大敗とは言え、ここまで-80Kを刻んでいるお店である。

そこまで良いお店だったのだろうか?

今日の狙いはキンパル・・・ではなく、ドロンジョ。

大敗が続く中、一昨日に「上の方」と思わしき台を打っている機種。

現時点での最新機種でもあり、お店側が力を入れてきてもおかしくない。

設定推測が難しい機種だが、ピンポイントで狙い撃ちするではなく、少し大きく見て「上の方か下の方」という感覚で狙ってみる。

但し、闇雲に打っていては、またぞろ惨敗を喫してしまうので、狙いは一台に絞る。

と、言うか、狙いが一台に絞れたから打つ気になったと言うのが正解。

10時開店。

14・5番目程度から入場し、一目散にドロンジョのシマへ。

到着すると先客がおり焦ったが、自身の狙い台は無事空き台。

携帯を投げ入れ、予定通り狙い台は確保出来た。

開店チェックから缶コーヒー購入の一連の流れを経て、抑えた台に戻り、いざ勝負開始!

この台はART機なのだが、抽選のタイミングがART中以外全てである事。

そして、BIGと比べて、ARTの初当たり確率に大きな設定差がある事から、Aタイプに近い感覚で打っていた。

単純に、ARTの初当たり確率が良い台=高設定の可能性が高い台と考えて立ち回る。

とにかく「当たり」が大切だと思いながら打ち始めると、最初に引いたのは投資7K目でBIG。

確率を考えれば、かなり早い。

一応、BIGにも設定差があるので、コレはコレでありがたい。

BIG終了後。

高確固定の50ゲームでは何も起こらず。

そして、高確平均継続ゲーム数である94ゲームを過ぎても何も起こらず。

まぁ、仕方あるまい。

最初に引いたBIGの出玉はペロリと飲まれしまったが、この程度ではヤメられない。

ここは当然続行を選択。

そのまま打ち続けると、追加投資5K。

総投資12K目で再度BIG。

何故か、薄い方が簡単に当たる。

二回目のBIG終了後。

今度の高確は如何に?

と、思っていると、液晶が何やらザワザワ。

この流れは「当たりかな?」と思い始めた60ゲームを過ぎた付近で、見事にドロンジョ一味を撃破し、無事ドロンボーナス降臨!

しかも、出てきたボーナスは「青い方」

スーパードロンボーナスゲットである。

意気揚々と100ゲームを消化。

お次は連チャンに期待すると、ここも見事に1/2の抽選をクリアしたらしく、無事に連チャンをゲット!

この連チャンが都合4連まで続き、一気にまとまったコインを獲得する事が出来た。

ここまでは言う事なしの展開。

少々出来過ぎ感を感じるが、勿論、何の文句もない。

この時点では、

「引退はまだ先かなぁ?」

なんて、悠長な気分でいたのだが・・・。

上手くいったのはここまで。

ここから女王様のご機嫌は、すこぶる悪くなってしまう。

とにかく当たらない。

全然当たらない。

何にも当たらない。

900ゲーム程ハマッた後、BIGを一度引いた以外、何も当たらない。

設定推測で最も大切な、肝心要のドロンボーナスなんて、あの一度以外なしつぶてだ。

結局、滑り出しで得た全てのコインは、きれいさっぱり無くなってしまった。

さて。

全てのコインが飲まれた時点で、この台からは当然の如く撤退となる訳だが、お次をどうしようか?

まだ少し早いが、ラッキー&ボギー店に向かってハイエナ策か、それとも、月間収支+14Kの状態で明日を迎え、今年二度目となる、引退を賭けた運否天賦の勝負に身を委ねるか・・・。

まさか、朝イチの状況から考えて、一気に出玉を飲まれるとは露程も思っていなかったので、ここは一つ、遅め&長めの昼食を摂り、考える事に。

一時間半程の昼食休憩を摂り、出した結論は「ハイエナ回遊」

ここ最近の惨敗っぷりから、この時点で設定を追っての立ち回りは出来ないと判断した。

ラッキー&ボギー店に向う前に、一度F・S店の店内を確認しようと立ち寄ったところ、ここで、良かったの悪かったのか、奇跡が起こる。

ブラッと店内を一周すると、一台の空き台に目が止まった。

機種はキンパルで、現在、800ゲーム程ハマッている。

そもそもハイエナ向きの台でない事は承知しているが、ボーナス確率を確認すると、昨日、今日合わせて、設定1でもかなりボーナスがストックされていても不思議ではない数字が出てきた。

コレは見過ごせないだろう。

ハイエナをすると決めた直後に、このレベルの台だ。

別に、ラッキー&ボギー店でなくてもハイエナは出来る。

まずは、この台を消化してから店舗移動する事にする。

ドロンジョでの負けを「幾ばくかでも回収出来れば」と、打ち始めると、投資5K目。

カエル4連から、少し間を置いてバウンドストップと言う、黄金パターンが決まり、気持ち良くボーナスゲット。

出てきたボーナスがBIGで安心していると、ここから一気にボーナス連打!

BIG×4・REG×2の一撃6連チャンで、このハイエナは見事成功とあいなった。

だが、ここで悩ましい問題が発生。

BIG中のハズレが少ないのだ。

BIG4回で、ハズレが4回しか出ていない。

ここ最近、このパターンで何度も煮え湯を飲まされてきたので、もう追うのは御免こうむりたい気持ちもあった。

だが、目の前の台が高設定である可能性があるのに、イモを引いてブン投げるのは、戦術的に「違う」と言う気持ちもある。

本日二度目のシンキングタイムとなったが、考えた結果は、

「続行」

で、ある。

最近の結果にビビッて、目先の勝ちを拾いに行って何になる?

高設定の可能性があるのならば、そこはやはり「追う」べきだろう。

そう決めて打ち続けると、結果は「当たり」

BIGの回数を重ねても、必要以上にハズレ確率は悪化しなかった。

最初の4回からすればやや下がったものの、ハズレ確率は設定5の近似値をキープ。

その上、ストックされていたボーナスも想定通りあったらしく、まずまずの出玉を吐き出してくれて、納得の収支をもたらしてくれた。

結局、キンパルでの収支は+34K。

ドロンジョと合わても、+22Kでフィニッシュとなった。

ドロンジョで全ての出玉が飲まれた時は、流石に引退を覚悟したのだが、コレは「まだ続けろ」って暗示なのか?

ともかく、土俵際で踏みとどまる勝利となった。

 

 

店舗 機種 収支
F・S店 ドロンジョにおまかせ -12K
キングパルサー +34K

 

 

 

小計 月間計
+22K +48K

 

 

 

第564話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事