スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

十ヶ月目に突入したパチスロ専業生活。

苦戦した印象が強かった9月も、終わってみれば収支的には満足のいく結果。

その9月を乗り切り、10月は4戦3勝、+183.5Kと正にロケットダッシュ。

「月間収支がマイナスを刻んだら即引退」

と、自分に課したルールを考えると、前半戦でこの貯金は、精神衛生面において非常に好ましい。

とは言え、10月は始まったばかり。

花火をメインに立ち回っている時より、収支が「暴れる」のは必須。

今後はコレまでよりも、よりメンタル面が重要になってくる。

では、第105話をご覧ください。

 

 

キタぁぁぁ!

 

10月8日

朝からファースト店へ。

前日は、自信のあった花火の据え置き予想がハズレてしまい、その後の立ち回りも甘く、10月初の敗北を喫してしまった。

負け方が悪かっただけに「嫌な連敗」は避けたい。

一日単位の勝ち負けは「時の運」の部分も大きいので、単に負けるだけなら問題はないのだが、その「内容」は大切になってくる。

勝負事に「100%」や「必勝」はない。

負けても良い。

ただ、納得のいく「負け」でなくてはならない。

今日の狙いは「獣王」。

巷の人気もさる事ながら、マイホであるファースト店でも大人気である。

実際、出玉感も相当だし、設定6が使われている事も確認出来ている。

しかも、この店のイベントは「対象機種全台5or6」という「一つだけ」しか行わない。

即ち、過去の設定6が使われていた日は、表面上「通常営業日」という事になる。

その宣伝効果は絶大で、如実に朝並ぶ人数が増えた。

今日もそれなりの人数が並ぶ事を想定して、9時過ぎに店に到着した。

先客は5人。

とりあえず獣王に座る事は出来るが(10台設置)、明確な狙い台がある為、その台が取れるかどうかは先客の動向次第となる。

10時の開店時間まで、パチスロ攻略雑誌を読みながら待つ事一時間弱。

運命の扉が開き、脱兎のごとく獣王のシマへ向かう。

先客も全員獣王のシマへ向かった為、一瞬狙い台の確保を諦めかけたが、上手い具合に狙い台は誰にも取られておらず、何とか台を確保する事が出来た。

1K分のコインを下皿に置いて、まずは冷静に開店チェック。

一通り確認した後、他のお客さんから遅れる事数分。

まずは、恒例の高確確認からスタート。

無事、デモランプフラッシュで高確を確認し、

「高確ハズレ3回までは黙って全ツッパ!」

と、心に決めて実践開始。

この設定変更後の高確はスルー。

しかし、200ゲームを超えた付近でBIG。

だが、このBIG後の高確中もハズレを引けず。

そのBIGの出玉はアッサリ飲まれてしまったが、ここは当然まだまだ追い銭。

その後、もう一度BIGを引くも、この高確もスルー。

このBIGの出玉がなくなる前にREGを2発。

「そんな薄いとこはいいから、早く純ハズレを引けよ!」

と、チョッピリ苛立つも、ボーナスを引いて怒ってはイケない。

現金投資を遅らせてくれるのだから、REGだって有難い存在である。

で、持ちコインの状態で三度目のBIG。

ここまで純ハズレを一度も引いていないので「そろそろ」の期待が高まる中、遂に純ハズレ降臨!

ランプを確認すると、まだ高確状態。

ここは運命の分かれ道となる。

ドキドキしながらドットに注目していると、何やら騒がしくなり、期待感がMAXに近づいた中、マングース登場でテンションが上がりきり、見事にサバチャンに突入!

「最初の高確ハズレでサバに入った!」

コレは俄然、高設定の期待が高まる。

この高確サバは単発で終了。

奇数設定でも単発の確率が一番高いので、ここは若干口惜しいが、高確ハズレ一発でサバに入った事に納得して、次のチャンスを待つ。

すると、次の「ハズレ」は割と早く、数十ゲーム後に訪れた。

しかしながら、フラッシュを確認すると既に低確に落ちており「もう少し早く引けよ!」と、恐らく日本国中の多くのスロッターが一度は思った事と、同じ気持ちになっていた。

ところが、このハズレから数ゲーム後、ドットが騒がしくなり始める。

「まさか」

と、思いながらゲームを進めていると、ドットに小役ナビが出現。

「マジっすか!?」

と、コレまた多くのスロッターが行ったであろう「気合いを入れてMAXボタンを叩く」という、最早、スロッターの性とも言える行動を取ると、点灯するサバチャンランプと共に、あの軽快なメロディーが流れてきた!

低確ハズレから、サバ突入である。

しかも、最初の純ハズレが高確からサバ突入で単発。

このサバが単発でも十分熱いが、3連すれば相当熱い!

勿論、2や4の可能性も十分あるが、設定6の可能性が相当高まる。

一発目のサバを消化し、緊張しながら打っていると、またもやドットが賑やかになり、二発目に突入。

二発目終了後は、割と短いゲーム数で三発目が降臨!

そして、その後ドットは静けさを取り戻し、低確ハズレからのサバは、三連で終了となった。

「ツモッたかも」

この時そう思った。

ここまでの状況からは、設定6の可能性が一番高い。

次のハズレでサバに突入し(特に低確で)、単発か三連なら、ほぼ「間違いない」だろう。

高鳴る気持ちを抑えながら、バクバクする鼓動がバレないよう、努めて冷静な表情を保とうとする若き日の銀猿。

そして、二度目の純ハズレから250ゲーム程回した時、三度目の純ハズレを引く。

慌てず騒がずフラッシュを確認すると、状態は低確。

ここは、正真正銘の正念場。

コレでサバに突入した時点で、ほぼ設定6。

それが三連でもしようものなら「確定」と言って差し支えないだろう。

ドットを凝視していると、またも色めき立つ獣たち。

そして最後は、祝福するかのようにオールキャストから見事サバに突入!

「貰った!」

コレは、まごう事無く設定6だ!

こうなれば、ブン回すのみ!

打った事がある方なら分かると思うが、獣王の設定6は本当に面白い。

「何処まで続くの!?」と、言った「ドキドキ感」こそないが、それはそれは安定して「出続ける」。

自身初となる獣王の設定6も、終日順調に出玉を増やし続け、本当に至福の13時間となった。

ここまで二度「万枚」を経験しているが、共にポイントを集めて打った大花火

世に言う「ヒラ」で万枚を達成したのは、この時が初めてとなった。

獲得枚数は18,700枚!

文句なしの、自己最高記録達成となった。

 

 

店舗 機種 収支
ファースト 獣王 +243.2K

 

 

 

コメント
今日は、狙いの獣王がまさかまさかの設定6!
13時間ブン回して、自己新記録の18,700枚!
小計 月間計
+243.2K +426.7K

 

 

第106話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事