スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

前回、使っていたお店の一つに見切りをつけた。

結果が伴っていなかったのだから、立ち回りにダメージはないハズだが、それでも、手持ちの「札」が無くなった感覚はある。

流浪の身になって暫く経つが、未だに、腰を据えられる場所には巡り合えない。

今年も残すところ一ヵ月と一週間。

年内には、安住の地が見つかるだろうか?

では、第323話をご覧下さい。

 

 

渋くなってきた

 

 

11月24日

今日は朝からT456店へ。

この日の狙いはリセットだけではない。

イベント名は失念してしまったが、ストック機が対象のイベントだったハズ。

と、くれば。

狙いはいつもの兄弟。

今日はまずはキンパルから。

こちらの方が人気になるが、この日は朝イチに空き台あり。

リセットが掛からなければ、すぐに「顔は違うが中身は同じ」の、弟に走るつもりでいたら、本当に何にも起こせず即撤退。

急いでパニックザウルスのシマに向かうと、こちらはまだ処女台が数台残っていた。

取り敢えずは片っ端から打っていこうと打ち始めると、2台目でリセットBIG。

これは単発だったが、打つ根拠を得たので、回りの状況を確認しがてら、しばし追ってみる。

「打つ根拠」は、リセットが掛かった事だけだったので、あまり深追いする気にはなれなかったが、展開は悪くない。

だが、肝心の予想設定が上がってこない。

目の前の台の予想設定が4以下だと確信すると、それは即ち=設定1だと考えるのが妥当。

だってここは等価のお店。

中途半端な設定を使う意味があまりないでしょ?

遊ばせる意味で2を使う可能性は考えられるが、どちらにせよ、手持ちのコインが非常に惜しく感じられるので、ここは、キンパルの負債を取り返した事に満足してヤメ。

その後は、他の人に少々育てて貰っては、刈にいきつつ設定を狙う作戦。

まぁ、ハイエナだ。

だが、この作戦は上手くハマらず、負債を増やす結果に終わる。

その結果自体は仕方がないのだが、見ている限り、キンパルにもザウルスにも、高設定と思わしき台が見当たらない。

勿論、完全に見ぬける訳はないので断言など出来ないが、少なくても、僕には「当たり」を見つけ出す事が出来ない。

「渋くなってきたな」

この日の一言コメントからも、この時、僕はそう感じていたらしい。

それでも、打てる台がないか彷徨っていると、札による発表だったか、メールによる告知だったかは忘れたのだが、バベルの空き台に高設定の示唆が入った。

こんな時でもバベルは人気がなく、その示唆された台が、労せず僕が打てる状態になった。

渋いと感じている状況だが「ガセる」とは、まだ思っていない。

設定6は流石になくとも「上の方」が本当にあるならば、喜んで打てる。

ここは、騙される覚悟で、大好きなバベルに勝負を挑む。

自分の中では「一か八か」的な感覚を持って挑んだ勝負だったが、拍子抜けするぐらい快調に出た。

少ない投資でBIGを引くと、そこから簡単に連チャンを決め、疑う余地をなくしてくれた。

その後もコンスタントに出てくれて、アレよアレよと出玉が伸びる。

結局、終始「楽な展開」のまま閉店を迎え、カエル&怪獣兄弟の負債を回収し、日当までも叩き出してくれた。

完全なラッキーパンチだが、コレはコレ良しとしておこう。

しかし、この店も渋さを感じるようになってきた。

また、一つ手持ちの札を失う事になるのだろうか・・・。

 

 

店舗 機種 収支
T456店 キングパルサー -4K
パニックザウルス -14K
バベル +60K

 

 

コメント
T456店も、遂に渋い状態。
高設定示唆のバベルに何とか助けて貰いましたが・・。
小計 月間計
+42K +378K

 

 

第324話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事