スポンサーリンク

 

 

 

「絶好調」

そう思い続けて、遂に最終12月まで到達してしまった。

ここまでくれば、最後の最後まで「絶好調」のまま一年を締めくくりたくなるのが人情。

かつてのリーマンスロッター時代のように、最後の最後で月間収支がマイナスに終わるような真似だけは、御免こうむりたい。

では、2004年最後の稼働内容をご覧ください。

 

 

立ち回り

 

 

立ち回り内容は、ここ数ヶ月と同じ。

高設定狙いは北斗がメインで、花火が少々。

但し、キンパルAは今月からあまり打っていない。

後は、クレオフイベントを積極的に狙っていた。

高設定狙い以外では、定番のハイエナ。

機種もあまり変わりばえなく、吉宗銭形スーパービンゴあたりが多かった。

しかし、エノカナは全く打たなくなったな。

 

 

新機種

 

 

今月打った新機種は、

 

・ガッツだ森の石松

・サイボーグ009

どちらもストック機であり、どちらも、それなりに設置されたいた機種。

ガッツだ森の石松の方は、スロ屋で仲良くなった友人が、とても気に入って打っていたのをよく覚えているが、自分自身で打つ機会はあまりなかった。

等価のクレオフイベントで狙ってみたかったが、その友人がいつも狙っていたので、こちらはジャグラーガールに走る事が通例だった。

サイボーグ009は、何と言っても「加速モード」が最大の売り。

RT解除ゲームがドンドン早くなるゲーム性は、なかなか斬新だったと思うのだが、如何せん「どこまで続くんだろう!?」と、言うドキドキ感が皆無だったのが痛かった。

原作の世界観を上手く取り込み、画期的なアイデアだったとは思うのだが、個人的には、あまり「ソソる」機種ではなかったな。

 

 

展開

 

 

有終の美を飾るべく挑んだ最終月。

まずはイキナリ、初日にファースト店の花火で設定5を掴み、+34Kと幸先の良いスタートを切る。

続いて5日に、ラッキー店のパチンコの新台で、+70Kと店名通りのラッキーパンチを決め、早くも収支をが+100Kを超えたのだが、翌6日に、久々に大きく乱れる。

得意のファースト店の北斗イベントで狙いを外し、-41Kと大きな負債を抱える。

そしてここから「銭形 ⇒ 吉宗 ⇒ 巨人Ⅱ ⇒ キングオブキングパルサー」と、ハイエナ回遊の旅に出たのだが、ものの見事に惨敗。

正確には「乱れた」訳ではないのだが、-90Kと大敗を喫し、収支が一気にチャラ線に戻ってしまう。

苦手意識がある12月だけに、少々嫌な雰囲気が流れたのだが、ここで救ってくれたのはやはり北斗。

勿論お店も、ファースト店。

90K負けの惨敗は、超ギリギリながら万枚到達で、すぐさまリベンジ!

+172Kで一気に息を吹き返す。

この後も色々と打っていくのだが、まともに勝っていたのはほぼ北斗のみ。

18日にクレオフのジャグラーガール(+45K)

30日にビンゴにで一発(+37K)

を、決めた以外は、北斗、北斗、北斗!

10日+45K

12日+36K

13日-35K

19日+47K

22日+47K

23日+137K

26日+19K

28日+48K

29日-40K

勝率も凄いが、勝った時の平均勝ち額も高い。

本当に、北斗様々な一年を象徴する締めくくりだった。

 

 

収支

 

 

16勝9敗 +539K

うん。

安定している。

今月は、マイナスAVが高かったので、収支的には先月に劣るが、何の文句もない。

一年間ギアを落とさず、最後まで突っ走る事が出来た。

今月の機種別収支ベスト3は、

 

一位 北斗の拳(+433K)

二位 パチンコ(+71K)

三位 ジャグラーガール(+50K)

今更言及する事は何もない。

ほぼ「北斗プロ」状態だ。

続いてはワースト機種。

 

一位 主役は銭形(-32K)

二位 ガッツだ森の石松(-28K)

三位 サイボーグ009(-12K)

エノカナに続き、今度は銭形で結果が出なくなってきた。

A-711タイプなので、安定しないのは仕方がないが・・・。

ワースト二位&三位は、ともに新機種。

まぁ、打った回数も少ないので、気にするものではない。

快進撃につぐ快進撃だった一年が終わった。

最後の最後まで、勢いが衰えなかったのは、我ながらよくやったと思う。

この調子なら翌年も・・・と、思うのだが、そう簡単に上手くいくのだろうか?

 

第583話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事