スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第120弾「北斗の拳」の登場です。

説明不要の大人気機種。

歴代販売台数NO.1を誇るモンスターマシン。

今更、ゲーム性うんぬん、システムうんぬんは必要ないとは思いますが、流石に、六地蔵チバリヨ沖縄を書いておいて、北斗を書かない訳にはイカないでしょう。

ご存知の事ばかりでしょうが、今一度、簡単に振り返っていきましょう!

 

 

基本情報

 

 

■メーカー

サミー

■発売時期

2003年11月

 

 

バトルボーナス 機械割
設定1 1/389.1 96.5%
設定2 1/365.3 99.4%
設定3 1/343.5 102.3%
設定4 1/320.8 105.9%
設定5 1/291.7 111.0%
設定6 1/251.7 119.7%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特徴

 

 

・Cタイプ(JACKゲームが一回)

・ST機

・モードタイプ

・自力連チャン

・タイアップ

・2チェが熱い

・小役を数える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cタイプ

 

 

本機には所謂「BIG」が存在せず、あるのは「バトルボーナス」と名付けられた、JACKゲームが一回(+AT10ゲーム)のボーナスがあるだけ。

その為、単発で終われば、100枚ちょっとで終わってしまう。

しかし、そのバトルボーナスが連チャンする事で、大きく出玉を伸ばす事が出来る。

まぁこの辺は、今更感満載の説明となるが、一応、ね。

連チャンする要因は「ストック機」だから。

バトルボーナスという名のジャックゲームが、内部的に1/32でストックされ、それが連チャンが続く限り放出される。

その連チャンに上限はなく、継続抽選に当選し続ける限り続く為、10連・20連・30連と続く可能性がある。

なので、バトルボーナス一回では100枚程度しか獲得出来ないが、それが連チャンする事で、一撃数千枚の可能性を秘めているのが、本機最大の特徴である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モード

 

 

本機はモードにより管理されており、モードの数は全部で6つ。

名称は色々あるが、

「低確・通常・高確・前兆・赤7・北斗」が一般的だろうか?

このうち、前兆モードに入れば、32ゲーム以内に「当たり」となり、めでたくバトルボーナスに突入する事になる。

また、赤7・北斗モードに移行すると、いきなり当たる事になるのだが、その確率はかなり低い。

各モードは順番に上がる事もあるし、一気に飛びに越える事もある。

モードの移行は、対象小役を引く事により行われるが、有名なのは、2チェ。

低確or通常にいたとしても、1/4の確率で前兆モード(当たり)に移行出来る。

また、高確モード滞在時に2チェを引いた場合は、100%前兆モードに移行する。

モード移行契機は、細かい数字を無視すれば「チャンス目・スイカ・チェリー」を引いた時に上がり、リプレイで下がると言う認識でOK。

チャンス目は、上記したジャックゲームが内部的にストックされる時の一部で発生。

スイカには「強と弱」があり、当然「強」の方が期待出来る。

チェリーに関しては、4チェはほぼ「無風」と思って構わないレベルなので「2チェ鬼熱」で良い。

 

 

 

 

連チャン

 

連チャンは完全に「自力」

設定差はなく、自らのヒキにより、単発で終わる場合もあれば、20連以上する場合もある。

但し、継続率は一定ではなく、内部的に「66%・79%・84%・88%」の4段階に振り分けられる。

振り分け率は

 

 

継続率 赤7揃い 北斗揃い
66% 58.93% 0.04%
79% 37.93% 0.04%
84% 1.95% 61.96%
88% 1.17% 37.93%

 

 

と、なっており、北斗揃いが熱いと言われる要因はここにある。

北斗揃いならば、ほぼ84%以上の継続率だと思って差し支えない。

また、7or北斗図柄を揃えた時の「オーラの色」により、継続率をある程度推察する事も可能。

色は「白・青・黄・緑・赤・レインボー」の6種類。

7or北斗揃い程、明確ではないものの、緑色以上であれば、79%以上の期待が持てる。

 

後、演出面で、継続率79%以上が選択されいる事を示唆してくれる場合もある。

代表的なのは、

 

 

「レイ出現」(79%以上確定)

「パンチをトキで避ける」(84%以上確定)

 

など。

 

しかし、勘違いしてはならないのは、あくまで「率」であると言う事。

66%継続で連チャンする事もあるし、88%継続で単発で終わる可能性だってある。

あくまで「確率」のお話。

まぁ、試行回数を重ねれば、確率通りに収まる事は間違いないのだが、一日単位、ましてや一回のバトルボーナス単位で考えれば、ブレが大きくなる事は、覚悟せねばならない。

 

 

設定差

 

本機の設定差は、

 

①モード移行率

②小役確率

 

の、二点。

①のモード移行率は、簡単に言えば「高設定ほど、上位モードに上がり易い」と思って貰えれば良い。

特に設定6は、一枚抜けた存在で、上位モードに上がり易い。

設定5も4以下と比較すれば上がりやすいので、狙い目となる。

また、バトルボーナス終了時のモード移行先にも設定差があり、ここでも設定6が一枚抜けており、1/2近くの確率で、いきなり高確スタートなる。

その為「バトルボーナス終了⇒何も引いていないのに当たる」パターンが結構ある。

この「何も引いていない」は、厳密には間違いで、チャンス目で当たる確率が、高確の場合1/4である為起こる現象。

全ゲーム変則打ちしていれば看破出来るのだが、僕のように「演出が起こらない時は順押し」で消化している場合「謎当たり」が発生する場合がある。

この「謎当たり」が多いのも、高設定の特徴となる。

 

そして、②の小役確率だが、コレは有名だろう。

設定差があるのはチェリーとスイカ。

チャンス目にもほんの少し設定差があるが、判別に使用出来る「差」ではない為、無視でOK。

チェリーを2チェと4チェで分けて数える方もいたが、基本的に「チェリー」一括りで構わない。

単純に「よく揃う程高設定の確率が高い」ので、シンプルに沢山揃う台が良いと考えて良い。

2020年の今の時代にも繋がる「通常時に小役を数える」という、勝ち組必須の作業だが、世に浸透するキッカケになったのが、この北斗の拳からなのである。

 

 

演出

 

 

本機がメガヒットした理由は、上記バトルボーナスの斬新さや、一撃が期待出来る出玉性能もあったとは思うが、一番の要因は、

 

「製作者の北斗愛」

 

では、ないだろうか?

タイアップものと言えば「とりあえず名前は使ってます」みたいなモノも多い中、本機は、原作の世界観を非常に上手くパチスロに融合させている。

製作者陣営は北斗の拳を熟読し、原作をこよなく愛していたであろう事が、ひしひしと伝わってくる出来栄えだった。

また、ジャックゲーム一回だけのバトルボーナスを、アレ程までに熱く盛り上げるボーナスに昇華させた技量は、感服の一言である。

バトルボーナスの連チャンが出玉に直結する訳だし、その連チャンが自力なのだから、毎度毎度、手に汗握って画面を注視するのは当然である。

 

3ゲーム目には「青・青」と祈り(ケンシロウが攻撃で継続確定)

5ゲーム目には「パンチ・パンチ」と祈り(パンチで終わる確率は10%)

6ゲーム目には「避けろ・避けろ」と祈り(ラオウの攻撃を避ければ継続確定)

8ゲーム目終了時には「雲・雲」と祈り(雲が動いていれば継続確定)

全てが終わった後も「ケーンっ!」と祈りながらMAX BETボタンを叩く。

 

いやいや。

僅か8ゲームの間に、脳汁ポイント満載である。

う~ん、素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立ち回り

 

 

本機の立ち回りは「高設定狙い」一本である。

天井は深い上に、ほぼ単発で終了するので全く意味がない。

そして、ゾーンを狙うなどの、限定ハイエナも出来ない。

強いて言えば、高確モードが落ちていれば拾う事ぐらいだろうが、現実的でない。

なので、設定5or6狙いを徹底するのが本筋である。

設定推測も、地道に小役を一つずつ数えていくのが王道。

設定6狙いの場合は、モード移行率も大きく設定推測に役立つか、設定5の場合は、その効果は限定的。

2,000ゲーム以上はデータを取り、そこで複合的に判断するのが一般的だろう。

とは言え。

3,000ゲームも回した挙句「低設定でした」となると、一日の半分がそこで終わってしまう。

信頼出来るイベントや、一点読みが効くお店など、他の要素と合わせて狙う事で、率を上げる必要がある。

幸いにして、本機の人気が沸騰してからは、熱いイベントに事欠く事はなかった。

個人的にも、お世話になった機種の代表格である。

 

 

 

 

 

動画は結構あるけれど、良い動画がない。

なので、ネタ込みで、台湾で打っているという動画を貼ってみます。

7図柄と、北斗図柄の横に目印が貼ってはるところが、思わず、3号機のミラクルを思い出してしまいました。

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事