スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第60弾「ネコde小判」の登場です。

本機はその独特なゲーム性よりも「例の事件」により、その認知度が格段に上がった機種であります。

その「事件」についても簡単に触れますが、記憶から消え去ってしまいそうな、個性的なゲーム性についても今一度思い出してみませんか?

まぁ、僕個人の評価は、それ程高いモノではないのですが・・・。

ある意味、本当に時代を彩った機種である「ネコde小判」。

早速振り返っていきましょう。

 

スペック

 

 

■メーカー

アリストクラート

■発売時期

2001年7月

 

BIG REG 機械割
設定1 1/439.8 1/993 96.3%
設定2 1/407.1 1/949.8 99.6%
設定3 1/370.3 1/885.6 103.7%
設定4 1/341.3 1/829.6 108.3%
設定5 1/299.3 1/771 114.7%
設定6 1/238.3 1/720.2 119.9%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典777@Nifty様

 

 

基本的なゲーム性

 

本機はタイプで言うと「A400+AT」という区分となります。

前回のダブチャレ同様、設定6以外は「重い」ボーナス確率となっています。

ですので、出玉増加のカギは「AT」となる訳ですが、獣王・アラジン・金太郎などと違い「超爆発力」を引っ提げた爆裂ATという訳でありません。

どちらかと言えば、多少なり「バランス」を保ったAT機となります。

本機はAタイプのボーナスを搭載しおり、リプレイ外しも効きます。

それ以上に、通常時の小役回収打法の効果が高く、フル攻略であれば、設定1でも機械割がほぼ100%に届くレベルだったようです。(確証はありません)

また、この頃のパチスロ全般に言える事ですが、設定6の機械割は別格で、推定140%程度あったと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

肝はリプレイ

 

本機のゲーム性の肝は「リプレイ」にあります。

通常時にリプレイが3連続で揃うと「ボーナス or AT」なります。

ボーナス成立後はリプレイ確率が大幅に上がっており、単純にリプレイが連続しやすくなるのですが、自力でリプを三連させると、ATに突入します。

本機のATの基本的な内容は、下記の通り。

 

・ATはまず「5ゲーム」が確定

・5ゲーム終了時に演出で出てくるサイコロの出目が偶数だと、その時点で終了

・サイコロの出目が奇数だと、そこからプラス35ゲーム(合計40ゲーム)のATに突入

ここまでが通常時からの流れ。

それとは別のルートがこちら

 

・BIG終了後&AT40終了後、4ゲームのチャンスタイムに突入し、その4ゲームの間に一度でもリプレイを引くと、AT40に突入(4ゲームの間にリプレイを引く確率は、およそ45%)

・4ゲームのチャンスタイム「全て」でリプレイを引く(リプ4連させる)と、1,000or2,000or3,000、いずれかのATに突入

なので、AT40 ⇒ 4ゲーム以内にリプレイ ⇒ AT40 ⇒ 4ゲーム以内にリプレイ ⇒ AT40 ⇒ 4ゲーム以内にリプレイ・・・という、ご機嫌ループも、時折発生します。

ちなみに、純増は1プレイ約3枚で、AT中、REGを引いてもATは終わりませんが、BIGだと終了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

設定推測

 

 

まずはボーナス確率ですが「1と6」ならある程度のゲーム数で判断つくでしょうが、実際にホールで打つ際には「上の方か、下の方か」ぐらいの判断材料にしかならないでしょう。

それより、まだ現実的で実用的なのが、BIG中のハズレ確率です。

ただ、コチラは設定差は「まずまず」あるものの、肝心のBIG確率が「重い」が故に、試行回数が稼げない事が難点でした。

ただし、イベントなどで「6がある」と分かっている場合や「○○だったら設定5以上」と謳っている場合の「確認」には、ボーナス確率と合わせて判断する事で、十分に使えるモノだと思います。

 

BIG中のハズレ確率
設定1 1/5.202
設定2 1/5.986
設定3 1/6.750
設定4 1/7.275
設定5 1/7.406
設定6 1/8.102

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コピー打法

 

 

本機を一躍有名にしたのが、この「コピー打法」

またの名を「サミー騒動」とも言います。

この頃のサミー系列(ロデオやアリストクラートなど)のパチスロ機において「レバーを手前に引きながらゆっくり上に上げる」と、乱数抽選を行わず、一つ前のゲームの乱数をそのまま使用してしまう、所謂「コピー打法」が可能である事が判明しました。

この騒動が判明した時、使える機種として名前が挙がったのが、本機「ネコde小判」でした。

その他の機種でも使えたのですが、本機はそのゲーム性上、コピー打法の効果が極めて高い機種でした。

通常時、リプレイが二連すれば、コピー打法を用いる事で、ATに突入させる事が出来ますし、上記した4プレイのチャンスタイムにおいても、三連させる事が出来れば、プレミアムATに突入させる事が出来ますし「二連まで自力 ⇒ コピー ⇒ 四連目に賭ける!」といった事も可能となります。

そして、本機以上にこの「コピー打法」の威力が炸裂したのが「獣王」・「ダブルチャレンジ」・「ハードボイルド」です。

獣王は、純ハズレをコピーする事で、ATの抽選機会を倍に出来ます。

ダブチャレは、抽選どころか、AT自体を倍に出来ます。

ハードボイルドは、ART中であれば「ボーナス」を倍に出来ます。

この様に爆発的な破壊力を持った「バク」でしたが、その対策は非常に早く、瞬く間に収束へと向かいました。

この対応の早さから「メーカーは初めから知っていたのでは?」と言われた程です。(真相は分かりませんが)

ちなみに「コピー」出来るのは「次のプレイ」だけという訳ではなかったようですが、2ゲーム目となると、その精度は格段に低下したようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

どうにも不名誉な印象を負わされてしまった感のある本機ですが、そのゲーム性は独創的で、当時としては結構画期的な台だったと思います。

「リプレイ」に焦点を当てた機種は、この後、ストック機を中心に花開く事になるのですが、その礎の一旦を築いたのは、間違いなくこの「ネコde小判」でした。

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事