スポンサーリンク

 

 

 

2月はやはり早い。

今回で早くも折り返し地点を迎える。

ここまでは「順調」の一言。

コレだけ順調に来ているのは、ファースト店が全盛期の頃以来だろうか?

やはりパチスロは、高設定をいかに長時間打てるかが基本。

勿論、等価で設定6を打てれば最高だが、現実的に立ち回るのならば、低交換率店で堅実に捕まえに行くのは、立派な戦術の一つだろう。

僕の性格にもあってるしね。

では、第376話をご覧ください。

 

 

出来すぎ

 

 

2月14日

今日も朝から王様店・・・ではなく、ファースト店へ。

本日はコチラがイベント開催日。

今月頭には、猛獣王の設定5を一点読みで確保し、10万両オーバーの大勝をおさめている

ここ最近の流れから、狙いは勿論花火・・・と、言いたいところだが、今日は違う。

今日の狙いは大花火。

花火の狙いが絞り切れない事と、大花火は二台に絞れている事がその理由。

決して、昨日久しぶりに大花火を打ったら、凄く楽しかったからではない。

設定配置を考えてのものだ。

「打ちたいから」と、言う理由ではない。

決してない。

断じてない。

10時開店。

大花火のシマへ向かうと、狙い台の一台を既に取られていた。

分かり易くなったので、もう一台の候補をおさえて勝負を開始。

初BIGは12K。

この機種なら悪くないタイミングだ。

そして、この初BIGから追い銭をする事なくゲーム数を重ねていく。

しかし、ゲーム数は重ねていけるのだが、メダルは増えていかない。

飲まれないが伸びない、例のアレ。

しこたまお金をサンドに入れさせられるよりは、全然マシだが、ジリジリする展開も辛いは辛い。

コレで、他に出ている台が無ければ、目の前の台を信じて回してイケるのだが、もう一つの狙い台が、ご機嫌さんにボーナスを重ねているのが何とも切ない。

しかも、REGも付いてきているので余計に辛い。

花火のシマを確認したり、他のシマを確認したりしていたのだが、14時半。

遂に、出玉が飲まれてしまった。

こうなると厳しい。

自分の読みを信じれば、アチラの台が当たりである可能性は非常に高い。

まだ自分の台も「無い」と決まった訳ではないが、ここから現金投資で続行する気には到底なれない。

悔しいが、早くから並んだあのお兄さんの勝ちと言う事。

6枚交換になってから、お客さんのレベルが上がっている。

軍団とは言わないが、グループもいるので待機策はハマらないだろう。

ここで潔くファースト店からは退店する事にする。

原付に跨り向かった先は、昨日同様T・K店。

別に7並びの台を求めて行く訳ではない。

状況を確認してみるだけ。

こちらはお客さんの層が「甘い」ので、変なタイミングで捨てらる台が時折あるのだ。

入店してグルッと見て回ると、おあつらえ向きの台を発見。

BIGは少々足りないが、REGは6以上に引けている花火があった。

REGの連打にしびれを切らしたか?

総回転数は物足りないが、コレは判別する値打ちがある。

身体を温めるべくホットコーヒーを買い、おしぼりで台を綺麗に拭いてから、勝負開始。

打ち始めると、僅か2KでBIG。

そして、判別ゲームの前に再度BIG。

ここ最近、花火を打つとスタートダッシュが決まる。

このBIG2発でボーナス確率は、BIG・REGともに設定6を超えた。

俄然期待が高まる。

意気揚々と判別をすると・・・落ちないんだなコレが。

ボーナス確率だけを見れば、問答無用の高設定台なのだが、MAX4、MIN1が確定した。

コレが減算値判別の威力なのだが、この台、恐らく誰か打っちゃうよね。

再度原付に跨り、店移動。

次に向かったのはボギー店。

この店にこの時間に到着とあらば、狙いはハイエナ一本。

負けてはいるが、月間収支が好調なので、このまま打てる台が無ければ、素直に帰ろうと考えていた。

そんな無欲?さが天に届いたのか、到着後僅か40分で、猛獣王の800弱ハマリをGET。

結果はどうあれ、これで期待値を積む事が出来る。

ここでも、その無欲?さが功を奏したのか、無事天井到達。

そして、チェリーラッシュ≒サバラッシュ発動。

その上、超高確でハズレも引き、BIGも引き、高確ハズレも引きと、鬼引きが炸裂!

終わってみれば、ハイエナ一発だけで+58Kの大勝利。

確かに、期待値プラスの台を打った結果だが、流石に出来すぎ。

逆転で4連勝。

勝負事は、乗っている時はこんなものなんだろうか。

 

 

店舗 機種 収支
ファースト 大花火 -12K
T・K店 花火 +3K
ボギー 猛獣王 +58K

 

 

小計 月間計
+49K +357K

 

 

第377話に続く

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事