スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

前回はラッキーな形で勝利を収める事が出来たが、初めて来店して以来、大活躍を見せてくれていたT456店に、陰りが見え始めてきた。

等価のお店なので「設定狙い」以外でも、十分活躍が見込めるお店かもしれないが、ハイエナ専門で通うには、距離もあるし、お客さんもそこまでヌルい訳ではない。

また、新店探しに勤しまなければならないのだろうか?

これから季節は冬。

原付が厳しくなる季節だけに、少々憂鬱である。

では、第324話をご覧下さい。

 

 

一昨日以上に喜べない

 

 

11月26日

一日稼働を休み、今日も一昨日同様、朝からT456へ。

この日、どんなイベントが行われていたかは全く覚えていないが、打った機種をみてみると、設定狙いだったのは確か。

だが、全ての機種でチョイ負けを喰らっている所を見ると、全くもって自信がない状態で打っていた事は明白。

お店に対して「信頼」と言う名の自信。

自分自身の「選択」に対する自信。

共にない中、なにかと理由をつけて打ってみたものの、ボーナスを引いても二の矢が放てなければ途端に臆病になり、尻尾を巻いて逃げ出していた姿が、安易に想像出来る。

お店の状況が「渋い」と思っているのなら、行かなければ良いのだけれど、心の何処かに「一昨日はたまたま」と、言う気持ちがあったか、そう「思い込みたかった」かだろう。

いずれにせよ、褒められた内容ではない。

4機種を打ち-17K。

この時点でT456店に見切りをつけ、店を後にする。

次に向かった先は、繁華街の中にあり、以前にも訪れているT・D店。

ここも等価。

家から「直」では行きにくいが、T456店からなら「まだ」近いので、ハイエナが出来る台がないかやってきた次第。

店内を見渡すと、パニックザウルスに、3日前からの累計で考えると相当ストックが貯まっていてもおかしくない計算の台が、600ゲームを超えた付近で捨てられている。

この狙いはあまりヒットしないのだが、理論上打って問題ないハズ。

期待値を積む観点でイケば、間違っていないハズなので触ってみる。

天井覚悟で打ち始めたのだが、そこまで深みにハマらず、投資9KでBIG。

すると、そこから絵にかいたようなストック放出で、一気に1,700枚程吐きだしてくれた。

勿論、こんな展開を思い描いていたのだが、こうも上手くハマるとは・・。

お次は・・・何故かパチンコ。

こちらはイベント台だったと思うのだが、CRルパンを打っている。

このパチンコに関しては、打っていた事自体記憶になかったので、どのぐらい回って、どんな展開だったのか分からないが、運良く勝っている。

僕のパチスロ力を仮に「50」だと仮定すると、パチンコ力は「3」ぐらい。

なので、僕がパチンコで勝っている時は、いつも「ラッキー」でしかない。

なので、この日も、完全にラッキーだっただけ。

それにしても、滅多に行かないお店で、滅多に打たないパチンコを打っているのに、何一つ覚えていないとは・・・老化とは本当に恐ろしい。

 

 

店舗 機種 収支
T456店 不二子 -4K
ネオプラネット -6K
花伝説 -3K
キングパルサー -4K
T・D店 パニックザウルス +25K
CRルパン +17K

 

 

※一言コメントなし

 

小計 月間計
+25K +403K

 

 

 

第325話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事