スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

冬の足音が聞こえ始める11月後半。

この日、僕は専業者としては「あり得ない」かもしれない判断を下した。

確証は勿論ない。

思い違いの可能性は高いかもしれない。

だが、この日の惨敗を受けて「感情的」になって下した判断ではない。

ずっと「モヤモヤ」していた自分の気持ちを、ハッキリさせただけだ。

では、第322話をご覧下さい。

 

 

決断

 

11月23日

今日は朝からファースト店へ。

狙いは、昨日不発に終わっていた花火の据え置き狙い。

以前も同じ狙いをしてみたが、その時はあえなく変更。

このお店は、良くも悪くも「パターン」が決まっている事が多いので、今日もあまり期待は持てないかもしれないが、他に優先したいお店もないので、まずはここから入る。

難なく狙い台をGETし、無事にBIGを引いたが、判別結果は不合格。

やはり、この狙いは無理があると言う事か。

「駄目元」のつもりだったのでショックはない。

ファースト店を後にし、次に向かったのはO・G店。

お店全体のデータからすると優良店なのだが、どうにも結果が出せないお店。

前回訪れた際には「違和感」を感じていた。

それでも「考えすぎ」「思い込み」と判断したのだが・・・。

稼働の結果から言えば、この日も惨敗。

4機種を乱れ打ち、全台負けで-30K。

冒頭にも書いたが、別に、この日の「惨敗」が決定打ではない。

実践しながら感じていた「違和感」がどうにも拭えないのだ。

初めは「サクラ」の可能性が強いと感じていたが、そうでもない気もする。

勿論、その可能性もあるだろう。

だが、何かが違う。

そして、僕がこのお店に下した結論は、

「遠隔」

パチスロ専業者が、負けの原因を「遠隔」と言ってしまうのはどうかと思うし、この判断については、批判もあるかもしれない。

だが僕は、7年間専業生活を続けた中で「遠隔」だと思ったお店は、このO・G店ただ一軒だけである。

他にも、結果が出なかったお店はある。

それでも、遠隔を疑った事は一度もない。

過去記事の中で、僕は、

「遠隔してるやろ!」

と、店員に言ってくる方を、100%負け組だと断言している。

それに、同記事の中で「遠隔をする事は、お店側にほとんどメリットがない」とも言っている。

そんな考えを持った上で「O・G店は遠隔している」と結論付けたのである。

最初に書いた通り、確証はない。

僕が間違っている可能性は十分にある。

それでも、僕は2019年の今日現在でも、あの時のO・G店は遠隔していたと思っている。

僕は、負けた原因を遠隔のせいにする人は、100%負け組だと言っているが、僕自身はこの後も専業生活を続けている。

負け組の方と、僕の違いは、

「遠隔だと思う店に、二度と近づかなかった」点にある。

本当にそのお店が遠隔だと思うのなら、そんなお店には二度と行くべきではない。

以前紹介させて貰った、MAX BETの奥村さんのように、そう思いながらも「お店との駆け引きを楽しむ」と言う、なかなかレアな遊び方をされる方もいらっしゃるが、それは、自分でその状況を受け入れているから成り立つ話である。

僕は、この時パチスロ専業者。

パチスロの勝ち負けが生活に影響を及ぼす身。

そんな状況で、自身が遠隔だと思うお店に行く必要はないし、行くべきではない。

当然、僕はこの日以来、O・G店には一歩も足を踏み入れてはいない。

ただ、先日、かなり久しぶりにお店の前を通ったら、まだ営業されてましたね。

 

 

店舗 機種 収支
ファースト 花火 -1K
O・G店 大花火 -10K
パニックザウルス -7K
サラリーマン金太郎 -8K
ハイパージャグラー -5K
T456店 パニックザウルス -5K
ネオプラネット +1K

 

 

※一言コメントなし

 

 

小計 月間計
-35K +336K

 

 

 

第323話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事