スポンサーリンク

 

 

 

2005年初月の戦いは、結果だけを見れば「15勝11敗・+352K」と、悲観するモノではないように映るが、28日の時点で+70Kであり。

パチンコを除くと、+172K止まりである事を考えると、出来はよくなかった。

ただ、全体的にヒキが弱かった事もあるので「一過性」の結果であるとも考えられる。

今月から、また昨年のような勝ちっぷりを見せてくれれば、何の問題もない。

では、2005年二月の稼働をご覧ください。

 

 

立ち回り

 

立ち回りは変わらない。

高設定狙いは北斗がメインで、花火が少々。

クレオフイベントを積極的に狙い。

その際に打つ機種は、お店次第。

高設定狙い以外では、定番のハイエナ。

こちらもほぼ「二強」状態で、メインは吉宗銭形

後はタイミングで、ビンゴや巨人Ⅱを少々。

ここも変化ない。

一部変化あがるのは、ポイントで北斗の設定6を打たせてくれるお店を発見したので、そのお店にせっせと通った事ぐらい。

条件は、ポイントカードが満タンになれば北斗の設定6を打つ権利が得られると言うもの。

記憶が曖昧だが、確か10ポイントで満タンになり、ポイントは一日1ポイントだけ付与。

ポイントを得る為には、最低1K打つ必要があった。

なので、サンドに1K入れると店員さんを呼び、ハンコを押して貰うシステム。

当初は、ハイエナ出来る台を探したり、少しでも高設定の可能性が高そうな台を選んだりしていたが、途中から作戦変更。

打つのはスーパービンゴ一択にした。

ストック機を打って、もう1K、もう1Kとズルズル投資させられたり、設定狙いで変に投資したりしていまい、変に負けが増えてしまう事があった為だ。

このお店は8枚交換で、お世辞にも稼働が良いお店だとは言えない、寂しいお店。

夕方から打って勝てるお店でもない。

割り切って「10Kで北斗の設定6を買う」つもりで、通うようにしていた。

 

 

新機種

 

今月打った新機種は、

 

・パチスロだよ黄門ちゃま

の、一機種のみ。

先月同様、立ち回りが固まっていた事もあり、新機種は殆ど打っていない。

「ストック機・パチンコからの移植・確変搭載」

と、くれば、ハイエナ専門で打った海一番に近いが、アレ程お世話にはなっていない。

それでもハイエナ自体は効くので、多少なりとも触ってはいるが、個人的には、それ程記憶に残っている機種ではない。

 

 

展開

 

 

最初の五日間は勝ったり負けたりを繰り返し、-2K。

最初のチャンスは、6日に掴んだ北斗の設定5。

だが、先月からのヒキ弱モード継続中なのか、+16Kと出し切れず。

一応プラス圏に突入はしたが、少し嫌な感じ。

続いては、翌6日。

この日も、前日同様北斗の設定5をツモ。

「昨日のリベンジ!」

と、意気込んでみたら、あらビックリ!

本当に昨日の消化不良を吹き飛ばす、+171Kの爆勝!

ギリながら万枚到達で、一気に収支を伸ばす。

お次は9日。

銭形で珍しくハイエナが「ビシッ!」と決まり、+45K。

前半戦にして、+200Kを超え、昨年を思い起こさせる。

その後、四日間を1勝3敗と負け越し、収支を40K程減らして迎えた14日。

上記した8枚交換のお店で、北斗の設定6を初打ち。

オカルトだが、ハナから設定6だと分かっている時の僕の右手は、なかなかのゴッドハンド。

で。

そのゴッドハンドを駆使した結果は、+60K。

うむ。

何とも微妙だが、8枚交換を考えれば上出来。

北斗の場合、言わずもがな、バトルボーナスの連チャン数で、収支は大きく変わる。

この後も、立ち回りは悪くない。

15日にも、北斗の設定5を打てたのだが、+5Kとチョボ勝ち。

16日はハイエナが上手くハマらず、-29Kと負けてしまったが、17日に再度北斗の設定5をツモり、今度+42Kと納得の勝利。

19日に花火の設定5で+28Kと収支を伸ばし、翌20日には、2度目となる、8枚交換店での北斗の設定6をポイントで打つ。

結果は、一度目とほぼ同じ+61K。

この時点で+300Kを超え、残すところ一週間あまり。

400K以上の勝利が、十分射程圏に入った、と思ったのだが・・・。

残り8日間中、5日間稼働し、何と結果は全敗。

400Kどころか、300Kをキープする事すら出来ずに、何とも尻すぼみな結果に終わってしまった。

 

 

収支

 

 

11勝12敗 +260K

収支が300Kを切ったのは、2003年十一月以来。

まぁ、大きく勝つ月もあるので、それ自体はそれ程気にしない。

が。

勝率が5割を切っているのは情けない。

せめて6割はキープして欲しい。

ポイントで、北斗の設定6を二度打ってこの勝率は、恥ずかしいを通り越して、少々情けない。

 

今月の機種別収支ベスト3は、

 

一位 北斗の拳(+303K)

二位 サイボーグ009(+45K)

三位 主役は銭形(+31K)

今月は北斗がキッチリ結果を残してくれた。

ポイントで設定6を二度打っているので、少々物足りないが、全体収支以上の勝ちを収めているのだから、文句はない。

逆を言えば、それ以外が殆ど勝てていないと言う事。

 

続いてはワースト機種。

 

一位 スーパービンゴ(-78K)

二位 吉宗(-37K)

三位 巨人の星Ⅱ(-26K)

ポイントを貯める為に打っているので、スーパービンゴの負けがかさむのは仕方ないが、それにしても負け過ぎじゃね?

ビンゴでここまで負けたのは初めて。

そして、吉宗も不発なら、巨人Ⅱも不発。

この月は、銭形以外のハイエナが、ことごとく不発に終わった月だった。

先月に続き、今月はハイエナ機種が「ヒキ弱」に終わってしまっ一ヵ月。

だが。

本当に「ヒキ」のせいにしてて良いのだろうか?

 

第585話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事