スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第101弾「海一番」の登場です。

言わずと知れたパチンコの名機「CR海物語」のパチスロ版。

個人的には、

「正直どうよ」

と、思っていましたが、市場的にはまずまず受け入れられてた印象があります。

僕自身はそれなりの回数打ちましたし、結果を残す事も出来ました。

中には、毛嫌いして打たなかった方もいらっしゃるのでは?

どんなスロットだったのか、早速振り返っていきましょう。

 

 

基本情報

 

 

■メーカー

山佐

■発売時期

2003年3月

 

BIG REG 機械割
設定1 1/242.5 1/2424.6 97.5%
設定2 1/228.3 1/2282.5 100.5%
設定3 1/225.4 1/2253.7 103.0%
設定4 1/220.6 1/2206.1 106.3%
設定5 1/208.3 1/2083.3 109.4%
設定6 1/205.7 1/2056.6 112.3%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典 777@Nifty様

 

 

 

タイプ

 

 

本機はストック機。

内部的に成立したボーナスは全て一旦内部に貯められ、所定の条件を満たせば放出される。

ボーナスはBIGとREGの2種類で、BIG時の出玉は約400枚程。

ボーナスの特徴としては、REGが搭載されているものの、その確率は上記の通りかなり低い。

超が付く程の、BIG偏重型となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パチンコからの移植

 

 

本機は、パチンコの名機「CR海物語シリーズ」をパチスロに移植した機械。

その為「パチンコCR海物語」を忠実に再現しようとしている。

盤面右に設置された液晶画面内では、横スクロールに絵柄動き、泡演出や魚群演出などが繰り広げられる。

そして、パチンコと言えば、

「確変」

昔のパチスロでは到底再現不可能だったこの「確変」も、ストック機能を使う事で、上手く再現されている。

パチスロとしての面白さは別にして「パチンコをスロットに移植」と言う観点から見れば、非常に考えて作られており、流石は山佐と言ったところ。

 

 

モードタイプ

 

 

ストック機と一口に言っても、様々なタイプがある。

本機は「モードタイプ」

海一番のモードは全部で7つ。

他のモードタイプ同様、ハマリモードや、連チャンモードがあり、各モードのボーナス放出率と移行率で、いわゆる「波」を形成する。

 

 

詳細

 

 

各モードの名称やその特徴。

また、移行率やRT解除率などを書き連ねる・・・普通の機種紹介だし、僕自身もそうして書いてきたのだが、それって需要があるのだろうか?

2020年現在打てる機種でもないのに、そんなに詳しい数字を誰が求めているのか?

そう思ったのは、前回の旋風の用心棒の回が、自分で読み返して超絶面白くなかったから。

ですので、詳細な数値が知りたい方は、他のブログをご参照下さい。

ここでは、個人的なイメージと立ち回り方法などを書いていく事にします。

 

 

特徴

 

 

RTの解除は、ゲーム数&リプレイ解除がメイン。

モード移行は、大半は通常と確変を行き来し、たまに、確変準備モード(ハマリがきつく、BIGが当たればほぼ確変へ移行するモード)や、連チャンor爆連モードに移行する。

BIG中のハズレ確率に設定差はあるが、基本的に設定推測は難しい部類に入る機種。

 

「確変」モードに入ると、天井が37ゲームになる。

コレが確変の正体。

通常の天井は1,316ゲームで、ほぼ確変が確定。

また、次回放出ボーナスがREGの場合、天井が227ゲームとなる為、228ゲーム以降は必ずBIGが放出される。

REG放出の場合、ほぼモード移行はしない。

確変中にREGが放出されても確変は終わらないので、一応は引き得の恰好となる。

 

ちなみに演出は、基本的にはパチンコの海。

パチスロにするにあたり、それなりに工夫はされていたが、三洋への配慮?なのか、独創性はほぼなし。

お世辞にも「面白い」と言える代物ではなかった。(100%銀猿主観)

 

 

立ち回り

 

 

個人的にはハイエナ一本だった。

ハマッいる台をハイエナして、確変が終わるまで打つだけ。

基本的に36ゲームで「スパッ」とヤメる事が出来るので、分かり易いし、勝負も早い。

 

設定変更後は、約1/3の確率で引き戻しモードに移行。

引き戻しモードは、天井が164ゲームになるので、早い当たりが期待出来る。

しかし、設定変更が確定していても1/3。

しかも、164ゲーム回すのに約5K程度必要なので、それ程有効な狙い目だとは、個人的には思えなかった。

海物語を再現した機種だけに、割と「ヌルい」お客さんの層が打つ事もあり、ハイエナは比較的し易い環境だった。

僕自身は、この機種だけを追う事はしなかったが、ハイエナだけを徹底する立ち回りならば、主軸の一つして据える事が出来た機種だろう。

 

 

 

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事