スポンサーリンク

 

 

 

2003年四ヶ月目となる4月も前半戦が終了。

11日終了時点の収支が、4勝4敗・+53K。

う~ん

苦戦しているよね?

単純計算すると、月/150Kペース。

そんな簡単な計算が成り立つ商売ではないが、今イチなのは紛れもない事実。

今月末前には、ゴールデンウイーク週間に突入してしまう。

早めにセフティゾーンへ辿り着かなければ・・。

では、第419話をご覧ください。

 

 

こんなん多いな

 

 

4月12日

先月あたりから、

「朝イチは設定狙い」

「ハズせばハイエナ」

と言う立ち回りが基本。

今日もそのコース。

スタートは、ラッキー店の花火から。

苦戦している稼働状況の中、今月、唯一と言っていい見せ場を作ってくれている、お店&機種。

サクッとツモって、楽なスロットを打ちたかったのだが、当然ならが、そうは簡単に事は運ばない。

何台か判別を試み、殆どの台で早いBIGに恵まれたお陰で、今日も、このお店のこの機種「だけ」の収支はプラスとなったが、判別結果は×。

またもや、ハイエナ回遊の旅を余儀なくされた。

最初にハイエナ出来たのは、少し久々となる猛獣王。

しかも、いつものボギー店ではなく、近くのJ・I店。

「チェリー≒サバ」が堪能出来れば、別にどこのお店でも構わないのだが、こちらもそんな簡単に上手くはイカない。

天井なんて遠い向こうの状態で、ボーナス降臨。

素早いBIGだったので収支はプラス。

一応ハイエナ成功・・なのか?

お次は、ハイエナの中でメイン?となる巨人の星。

前回連敗を止めたので、再度、好相性の片鱗を見せ始めてくれる事に期待したが、今日も星くんはただのピッチャーだった。

こうなってくると、巨人のユニフォームが憎らしく見えてくる。

お次は初登場となる「海一番」

詳細は明日の機種名鑑に譲るが、あの、CR海物語をパチスロに移植した最初の機種。

パチンコからの移植?

ゲーム性の面白さ?

そんな事はよく覚えちゃいないが、ただ一つ覚えている事は、

「ハイエナ専用機」

だったと言う事。

初打ちの今回も、当然ながらハイエナ。

収支は-3Kに終わったが、また打つ機会があるだろう。

この日最後は、ビンゴの天井狙い。

初打ちのインパクトが強いが、それ程打率が良いハイエナではない。

この時も普通に当たって、AT33でハイ終了。

負債は-1Kとほぼノーダメージだったが、このビンゴ分だけ負けで、今日の収支はマイナス。

最近、プラマイゼロやら、-4Kやら、-1Kやらと、こんな結果に終わる事が多いな。

 

 

店舗 機種 収支
ラッキー 花火 +8K
海一番 -3K
スーパービンゴ -1K
J・I店 猛獣王 +2K
ボギー 巨人の星 -7K

 

 

小計 月間計
-1K +52K

 

 

第420話に続く

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事