スポンサーリンク

 

 

 

前回。

キンパルでまさかの万枚を達成。

BIG50回の大台を記録し、12,000枚オーバーの爆勝。

狙った台が設定6だった上、万枚到達とあらば、言う事なしの一日であった。

そんな「完璧」な稼働の翌日。

ここで緩んでしまうと、勝利の女神様にソッポを向かれてしまう気がする。

淡々と期待値を積む、専業者らしいスロットを打たねばならない。

では、第523話をご覧ください。

 

 

テル

 

 

8月14日

万枚明けの今日の稼働は、以前のマイホであるファースト店から。

当然ながらイベント開催日。

昨日は昨日。

今日は今日として、コツコツ期待値を求めに行く。

少しの間やってきていた「軍団」はすっかり姿を見せなくなった。

お陰で、花火に漏れる事はない。

この日も花火は余裕で座れる状況。

但し、昨日閉店時間までラッキー店で打っていた為、下見が出来ていない。

ナンバーランプをパッパッと確認して一台を選び、データ機器本体を確認しに向かう。

データを確認したところ、設定5が入ると予想される候補台は三台。

うち一台は自分が既に抑えている台だが、本命と思われる台は別の台。

急いで花火のシマへ戻り、本命台を抑えに行く。

が。

残念ながら本命と目される台は、既に取られてしまっていた。

仕方あるまい。

最初に抑えた台も十分可能性はあるので、まずはこの台から打診してみる。

打ち始めて3K。

早速BIGが降臨。

少々顔が歪む。

何故なら、当たったのは取り損ねた本命台の方だから。

勿論、自分が打っていた場合、3KでBIGが引けたとは限らない。

そんな事が言いたい訳ではない。

「早いBIG ≒ 高設定」の図式が、脳に浮かんだからである。

本命台を打っているのは、恐らくは同業者であり、減算値判別の使い手。

台をヤメなければ、アチラが当たりだろう。

背中の本命台の動向を気にしていると・・・ヤメたっ!

BIG終了後200ゲーム程で席を離れ、別の台に移動した。

コレはもう、設定4以下濃厚だ。

だとすれば、俄然、自分の台に期待が高まる。

だが。

なかなかBIGが引けない。

昨日、終日128ゲームを一度も超えなかったせいか、初ボーナスであるREGを200ゲーム過ぎに引いているのに、随分ハマッている感覚になっている。

人間の感覚とは恐ろしい。

初BIGは、都合400ゲームを超えた辺り。

朝イチからハマると、判別の落ちる確率が著しく低下する(銀猿調べ)のだが、それは「ストレート」でハマッた場合。

今日のように、REGを三発も引いている時は、例外として考えられる。

そんな、自身の経験上とは言え、自分勝手な「感覚」を持ちながら判別してみると・・・。

ホラッ!

揃うじゃんっ!

風鈴がっ!

勿の論判別プレイでっ!

何と何と。

朝イチの運にも恵まれ、いともアッサリ設定5をゲットである。

昨日は一台目でキンパルの設定6。

今日は一台目で花火の設定5。

いやはや文句なしである。

「この勢いに乗って、今日は花火で万枚かぁ~」

と、BE-BOP HIGHSCHOLに出てくる、城東工業のテルのような口調になり調子に乗っていると、何て事はない。

この日のドンちゃんはご機嫌ナナメ。

朝イチのBIG間400ハマリを皮切りに、中ハマリのオンパレード。

一応は、ハマリ明けに少し連チャンしれくる為、追い銭はせずに済んでいるが、厳しい展開。

昨日とは打って変わって、ヒキの弱さに苦しめられる事になる。

当然、どんなに苦しくても、途中で投げ出したりはしない訳だが、しんどい事はしんどい。

結局、最終最後までギアは上がらずじまいのまま閉店終了。

何とか負けは免れはしたが、超絶消化不良に終わってしまった。

まぁ、高設定をツモって終日回した事に意味がある訳で、結果は致し方ないところ。

今日は、連日高設定を奪取出来た事に満足しておく事にする。

 

 

店舗 機種 収支
ファースト 花火 +5K

 

 

小計 月間計
+5K +303K

 

 

第524話に続く

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事