スポンサーリンク

 

 

 

高設定が掴めず、なかなか波に乗れない稼働が続く2003年4月。

そんな時に頼りになるハイエナも、今月は先月のように上手くハマらず、収支が伸びない。

まだ焦る程ではないが、月末にはゴールデンウイークが控えている。

それ程のんびりと構えていられる余裕はない。

立ち回りを見直す?

新店を探す?

何かしら、手を打つ必要があるのだろうか?

では、第420話をご覧ください。

 

 

やっとこさ

 

 

4月13日

今日の稼働も、ラッキー&ボギー店からスタート。

朝イチは、ラッキー店のキンパルでまずはご機嫌を伺う。

設定を狙うのなら、現状一番期待が持てる機種はコレだろう。

そう思っているのなら、徹底的に攻めれば良いのにね。

狙い台はあるが、この機種にはリセットもあるので、臨機応変に動く予定。

10時開店。

お目当ての台に座るも、リセットは掛からず。

ここは予定通りカニ歩き。

一台ずつ左に移動していく。

が。

一切なしのつぶて。

全台据え置きか?

勿論その可能性は否定出来ないが、確信は持てない。

一番最初に打った狙い台に携帯を置き、一度考えを整理する。

少し考えて出した答えは、曲がりなりにも日替わりイベントを行う店なので、全台据え置きは無いと判断。

そして、攻めるのなら、自身の狙い台だとも判断。

だが、その前にやる事が一つ。

隣のボギー店のキンパルも、リセット確認しておく。

一度離れても、誰かに取られる可能性は相当低い。

通い慣れた店なので、これは自信を持って言える。

そんな所に自信を持っても仕方ないのだが、抑えていたラッキー店のキンパル一旦手放し、ボギー店のキンパルを二台打つ。

そして、予定通り?何も起こせず、そそくさとラッキー店のキンパルに舞い戻る。

朝から一体何をやっているのだろうか?

傍から見れば滑稽な様だろうが、やっている本人は至って真剣。

コレが勝つ為の動きだと、信じてやっているのである。

舞い戻ったキンパル。

自身の読みを信じて打ってみたものの、判別結果は思わしくない。

それ程大きなダメージを喰らう事はなかったが、14時過ぎには低設定と判断し、すごすごと撤退。

僕の「読み」なんてこんなモノか。

ここからはハイエナといきたいところだが、目ぼしい台が無い。

「空けば打ちたい」レベルの台もほぼない。

どうしたものかと、本日二度目のシンキングタイム。

そして、出した答えは「ネオプラを打つ!(爆)」だった。

う~ん。

17年経った今でも、どういった思考回路を経て辿り着いたのか理解出来ないのだが、この時はベターな選択だと判断したのだろう。

ただ打ちたかっただけ・・・だとは思いたくないし、認めたくもない。

そんな良く分からない状況で打ち始めたネオプラだったが、コレが意外にも吉と出る。

少ない投資で当たったと思ったら、設定差のある「自力解除」でのボーナスがチラホラ。

持ち玉にもなったので、ここは飲まれるまで「全ツッパ!」と、意気込んで打ち続けると、快調に出玉を伸ばし、見事、日当勝利をもたらしてくれる結果に。

散々打ちながら、なかなか結果が出せなかったネオプラ。

やっとこさ実を結ぶ形になった。

 

 

店舗 機種 収支
ラッキー キングパルサー -13K
ボギー キングパルサー -2K
ネオプラネット +50K

 

 

小計 月間計
+35K +87K

 

 

 

 

第421話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事