スポンサーリンク

 

 

 

こんばんは!銀猿です。

これまで、

大まかな傾向。

一番人気馬。

馬券圏内に走った人気薄。

を、考察してきました。

今日は、今年の宝塚記念を予想する上で、注目したいポイントを確認しておこうと思います。

 

 

まずは基本

 

まずは例年予想のポイントとなる、基本事項から。

 

・2200m

・天候

・ローテーション

◆2200m

 

ここまで散々、宝塚記念は「主流ではない」と言ってきましたが、一番の理由は2200mという距離。

日本の競馬は、ダービーを頂点として作られており、競馬関係者の悲願はダービー制覇。

それは馬を作る人も、管理・育成する人も、馬に乗る人も、みんな同じ目標に向かっています。

勿論、ダービー以外のGⅠだって勝てば嬉しいでしょうし、未勝利戦一つ勝つことだって、嬉しいに違いありません。

ですが、競走馬に関わる方達にとってダービーは特別。

すなわち、東京の芝2400mで勝てる馬づくりが、日本のホースマンにとっての大目標。

そう考えれば、阪神の芝2200mで行われる宝塚記念が、主流ではないと考えるのは当然でしょう。

それに、日本の芝GⅠが行われる距離は、1600m・2000m・2400mが主流。

2200mという中途半端な距離設定は、やはり主流からズレます。

 

 

◆天候

 

宝塚記念は、例年6月の最終週に行われます。

6月も末ともなれば、夏が目の前の季節。

最近の日本の気候だと、夏本番さながらの気温になる事も珍しくありません。

その上、梅雨がまだ明けておらず、雨が多い時期でもありますので、馬場が悪化することが非常に多くなります。

近10年、良馬場6回に対して稍重が4回。

ここ5年で見れば、良馬場1回に対して稍重が4回です。

例え当日が良馬場でも、週中に雨が降ることも多く、パンパンの良馬場で行われる事の方が珍しいレースです。

この独特な気候で行われる宝塚記念は、他のGⅠと違った視点で見る必要があるでしょう。

 

◆ローテーション

 

上半期の総決算である宝塚記念は、前半戦のGⅠシリーズの最終戦です。

その為、ローテーション的には、前走がGⅠである馬も多くなります。

ですが、前走の条件が阪神の2200mと大きく異なる場合が殆どです。

天皇賞(春)は軽い芝の京都競馬場で、距離は3200m。

安田記念とヴィクトリアマイルは、軽い芝の東京競馬場で、距離は1600m。

唯一、つながりが強いと思われる大阪杯も、実は結構違いが出ます。

たった200mの違いなのですが、スタートしてから1コーナーまでの距離と、急坂に差し掛かる前に勢いがつけられるかどうかで、テンの時計が大きく変わり(宝塚記念の方が早くなる)、その影響から道中息が入らない競馬になりやすくなります。

大阪杯はどちらかと言えば、内回りながら上がりの瞬発力が要求されるレースになるのに対し、宝塚記念は、ラスト5Fの持続力勝負になりやすい傾向があります。

この前走と条件が異なる点が、荒れる宝塚記念を演出する、一つの要因でもあります。

 

変則開催

 

ここからは、今年限定のお話。

 

昨秋から京都競馬場が大幅な改修工事に入った為、関西の競馬においては、変則開催を余儀なくされています。

例年なら、11月の開催は京都競馬場ですが、去年は阪神競馬場で行われました。

そして年が明けてからも、通常なら3月から皐月賞終了までが阪神開催で、その後、6月まではお休みとなりますが、2月中旬からスタートし、天皇賞(春)も阪神開催でした。

昨秋に一ヵ月多く競馬が開催され、今年も一ヵ月多く競馬を開催。

 

但し、例年ならば開催4週目に行われる宝塚記念が、今年は開催2週目です。

先週始まったばかりの阪神開催ですが、もう今週で終わりとなります。

「開催2週目なので、芝はまだ絶好の状態!」

 

と、言いたいところですが、ここまで使いこんできた影響は無視出来ないでしょう。

しかも、先週はいきなりの雨に見舞われ、土曜は重馬場。

日曜も最後の2レースは良馬場でしたが、8レースまでは稍重馬場。

時計も例年通り、しっかり掛かっていました。

その上、週末は雨予報です。

使いこんでヘタッてきている芝に、道悪競馬が重なると、どのような馬場になるか分かりません。

今年は、例年以上に馬場状態がカギになる可能性は、十分高いと考えるのが妥当かもしれません。

 

 

まとめ

 

今日の内容は、巷で多くの方が仰っている内容と重なっていることでしょう。

ですが、競馬の予想とは不思議なモノで、頭の中に入っていたハズの傾向が、予想に集中するあまり、スッポリと抜け落ちてしまう事が多々あります。

今年は例年と異なり変則開催でもありますので、最終決断の前には、今一度自身の予想ポイントを確認する事をお勧めします。

僕の今年の宝塚記念の予想のキーポイントは、適正です。

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事