スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第50弾、「ナイツ」の登場です。

老舗の山佐からリリースされた、今までにない個性溢れる機種。

筐体も一新され、操作性も格段にアップにした本機。

山佐の新たな一面を存分に堪能でき、また、ゲーム性も優秀な面白い機種でした。

5号機でもリメイクされている本機。

元祖ナイツを振り返っていきましょう。

 

スペック

 

 

■メーカー

山佐

■発売時期

2001年2月

 

BIG 機械割(フル攻略時)
設定1 1/199.8 96.8%
設定2 1/188.3 100.8%
設定3 1/178.1 104.9%
設定4 1/165.5 110.9%
設定5 1/150.3 119.6%
設定6 1/119.6 144.9%

 

ナイツ筐体

 

 

 

 

 

 

 

 

Yタイプ

 

 

本機はJACKゲームが「1回」であり、タイプに分類すると「Bタイプ」。

今までBタイプと呼ばれる機種は、JACKゲームが「2回」でしたが、本機は「1回」だけ。

メーカーの山佐は独自のゲーム性を指して「Yタイプ」と名付けていました。

REGがなくBIGオンリーなのは、その他のBタイプ同様ですが、ボーナス確率が異なります。

ここまで当ブログで紹介してきたBタイプは、おおよそ1/250(設定1)~1/150(設定6)程度が主流でしたが、本機は、設定1でも1/200を切ります

そして、設定6においては1/119と、ほとんど甘デジ並みの確率となり、本機の大きな特徴となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツインBIG

 

 

次の特徴として「ツインBIG」が挙げられます。

今までもツインBIGの機種は幾つか紹介してきましたが、本機もノーマルとハイパー、2種類のBIGがあります。

同社のハイパーラッシュ同様、BIG中の「15枚役のナビの有無」によって、獲得枚数に違いがあり、ノーマルの場合平均約180枚、ハイパーの場合平均約410枚と、雲泥の差があります。

誰もが望むハイパーになる条件ですが、まずは通常時の1/3で振り分けられます。

その次に、「ハイパーゾーン」中に引いたBIGの全てが、ハイパーBIGとなります。

で、そのハイパーゾーンへの突入及び転落条件が、少々ややこしいです。

分かり易くまとめて下さっているサイトがありましたので、引用させて頂きます。

 

突入条件

ハイパーBIG終了後のみ

セーフティハイパーゾーン

最低10G継続。10G消化後は、ランプの25%でデンジャラスハイパーゾーンに移行。

突入条件

パーフェクトハイパーゾーンからの転落。
通常時のスイカの50%
デンジャラスハイパーゾーンの6枚役成立時の25%

デンジャラスハイパーゾーン

6枚役の成立の25%でセーフティハイパーゾーンに移行。6枚役の成立の50%で通常状態に移行

突入条件

セーフティハイパーゾーンからの転落

なんか小難しいですが、 要は、ハイパーBIG後は平均144G|スイカからの突入後は平均37G ハイパーゾーンにいると思えばOKです。

引用元 闇スロドットコム様

 

なんか小難しいですが、 要は、ハイパーBIG後は平均144G、スイカからの突入後は平均37Gでハイパーゾーンに滞在すると思えばOKです。

 

 

 

シフト持越し機能

 

 

上記獲得枚数の平均値を見て、若干違和感も持たれた方もいらっしゃるかもしれません。

ノーマルはいざ知らず、ハイパーの場合平均400枚を超えてきます。

そのカラクリは「シフト持越し機能」にあります。

小役ゲームを最大限使える事と、15枚役のナビにより、JACKゲームが1回ながら、ノーマルAタイプと遜色ない獲得枚数を実現していました。

この辺りは「流石は山佐」と、感じさせます。

 

 

ナイツリーチ目2

 

 

 

 

 

 

 

演出

 

長くなりましたので、演出は一つだけ。

本機はフラッシュをメインにした多彩な演出と、山佐特有のリーチ目、そして、フリーズなど様々な演出がありますが、何と言っても個人的フェイバリット演出は

「バウンドストップ」

です。

リールが止まる瞬間に「ブルッ」と震えながら止まる、今となっては「定番」とも言えるアレです。

バウンドするリールによって期待度が変わりますが、第一リール発生時でも結構期待が持て、出ただけで熱くなれる楽しい演出でした。

スロットには様々な演出がありますが「遅れ」同様、

「派手さはないけど、すこぶる熱い」

銀猿的に大好きな演出です。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像元 癒しのリーチ目様

 

 

まとめ

 

 

革新的機種であり、老舗山佐の力を感じさせる、名機に相応しい台でした。

ただ、ここまでの同社の機種同様「攻めどころ」が薄く、専業生活者には、なかなか手が出し難かったのは残念でした。

「各機種6あり」などのイベントがあれば攻めてみたかったですが、機会に恵まれる事はありませんでした。

本機の6は相当楽しかったでしょうね。

ホールで実際に打たれた事がある方は、是非、感想をお聞かせ下さい。

 

 

 

 

 

※5分10秒付近に、バウンドストップが出てきます。

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事