スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

七ヶ月目に突入したパチスロ専業者編。

2001年7月に入り「コレでもかっ!」と、言うぐらい、花火に特化した立ち回りとなり、面白みはないものの(この時は、毎日楽しかったが)、安定した専業生活が送れるようになってきた。

物足りなかった収支面も、前回の連勝で一気に上昇。

このまま、7月を駆け抜ける事が出来るのか?

では、第75話をご覧ください。

 

動きは完璧

 

7月28日

朝からファースト店へ。

今日の狙いは、昨日最後に打った花火の5。

閉店時は自分で打っていたので、クロスの仕込みはOK。

土曜日ながら閉店5分前にお店に到着し、タバコを一本吸ったところで、タイミングよく開店。

他のお客さんが全くいない訳ではないが、一目散に花火のシマに向かうのは僕ぐらいのも。

労せずして狙い台を確保し、いざ勝負開始。

しかし、狙い台の最初の1Kの回転数は30回強と通常のもの。

残念ながら変更された模様。

このパターンで同一設定の打ち直しを確認した事がないので、予定通り即ヤメし、上げ狙いの凹み台に移動。

もし、他の台が全滅だったら、また後で。

移動した凹み台で程なくしてBIGを引き、減算値判別開始。

すると、読みが鋭くなってきたのか、一発OKの判別合格。

前日最後に設定5を確認し、変更判別の為の仕掛けを仕込み、朝イチに挙動を確認。

変更(下げ)を確認した後、別の最初の狙い台で設定5をGET。

ここまで、前日夜から流れるような立ち回り(自画自賛)で、完璧な動き。

やれる事はキチンとやっている。

後は「出す」だけ。

・・・前回「ヒキが戻ってきた!?」なんて調子に乗ったからか、またも確率を下回る結果に。

まぁ、勝ってはいるし、それ程酷い欠損ではないんだけどね。

 

 

店舗 機種 収支
ファースト 花火 +20K

 

 

 

コメント
昨日のラストに見つけた「5」は変更。
予定通り、上げ狙いの一台目で「5」GETも、
またまたヒキ弱で、悲しみの1,800枚。
小計 月間計
+20K +424K

 

 

お魚さんと戯れる

 

7月29日

今日も朝からファースト店へ。

狙いは昨日の花火・・・ではなく、またもやパチンコ狙い。

ファースト店はイベントをそれ程頻発しないが、やる時の期待値が高いのは、以前にも書いた通り。

それは、パチンコもスロットも同様。

前回も書いたが、可能であれば、花火以外を打つ日を増やしたい気持ちもある。

今は大丈夫でも、同じ人間が、こうしょっちゅう花火の5を朝から晩まで打ち続ける状況を、店側が良く思わなくなる可能性は十分にある。

昔のパチンコ店の中には、専業(プロ)と共存する考えを持っていたお店もあった。

お店がしっかりお客さんに還元する台を用意していても、普通のお客さんだと終日打つ事が出来ない事が多い為「出し切れない」場面がどうしても多くなる。

その点、生活をかけて打っている専業者は、良い台ならばとことん追ってくれるし、キチンと出してくれる事が多い。

それが、他のお客さんへのPRになると考えるお店もあった。

勿論、その専業者の「人間性」は大切で、自分さえ良ければ(勝てれば)構わないという考え方を持ち、店のルールを守らず、他のお客さんの迷惑になるような、言動や行動を取る輩はダメ。

良い「呼吸」で、お店と共存していける存在でなければならない。

そんな「存在」なれるかどうかは分からないが、ファースト店は自身にとって非常に居心地の良いお店。

少しでも長く大切に使っていきたい。

と、言う訳で、朝イチはパチンコのシマへ向かう。

イベント台が取れなければ、昨日の花火に向かえば良い。

そんな気持ちで列に並び、パチンコのシマに向かうと、運良くイベント対象機種をおさえる事が出来た。

そのイベント機種は「ギンギラパラダイス」。

今の海物語からは考えられない程小さな液晶がついている、海の元祖となった名機である。

先月は、ミルキーバーで大勝しているが、こちらの3回権利はどうか?

一般電役機である「ナナシーやドラ伝」と比べれば、当然、勝ち負けの波は大きくなりやすいが・・・。

22時。

当初の心配は杞憂に終わり、後ろに多くのドル箱を積んでいる状態。

終日お魚さん達と戯れ、楽しい一日となった。

パチンコも、この頃はまだまだ面白い機種が多かった。

 

 

店舗 機種 収支
ファースト ギンギラパラダイス +62.5K

 

 

※一言コメントなし

 

 

小計 月間計
+62.5K +486.5K

 

 

第76話に続く

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事