スポンサーリンク

 

 

こんばんは!銀猿です。

今週末より、いよいよ秋のGⅠシーズンが本格的にスタートですね。

普段は黙々と英語の練習をしている僕ですが、現在唯一の趣味と言えるのが競馬。

同僚のE君にも記事作成を依頼されたので、宝塚記念に続いて、簡単にですがGⅠ考察をしてみたいと思います。

 

競馬場が違う!

 

今年の秋華賞最大のポイントは、京都ではなく阪神で行われることなのは、皆さんご承知でしょう。

同じ内回りの2,000mではありますが、直線が平坦である京都に対して急坂がある阪神。

馬場改修後、随分と軽い馬場になったとは言え、京都ほど生粋の軽い馬場ではない阪神。

やはり例年との違いは出ると考えるのが妥当ではないでしょうか。

 

阪神・内回り・2,000m

 

阪神・内回りの2,000mはスタート直後に急坂があり、直線までの距離も325mとそれ程長くない為、前半はスローになりがち。

その上4コーナーの角度が急である為、外を走らされる馬にとってはロスが大きいコース形態。

必然的に前半から前に行ける先行力と、動きたい時に動ける俊敏さと言うか、機動力が強い武器となるコースだと思います。

好走馬のイメージは、

「ある程度前につけられて、メンバー中上位の上がりが使える馬」

と、言った感じですかね。

 

ソダシ

 

その好走馬のイメージにバッチリ合致してしまうのが、圧倒的一番人気が予想されるソダシ。

前走のオークスこそ2,400mという距離の壁が厚かった感じですが、クロフネ産駒として初の2,000m重賞勝利。

札幌の1,800m・2,000mで重賞を勝てるパワーを持っている上、桜花賞ではレコードタイムで勝利するスピードの絶対値も証明済み。

勝つときは僅差での勝利が多いですが、勝ち切る勝負根性があるとも言えます。

クロフネ産駒だけに血統面で疑ってかかられる場面が多いですが(僕もそうでした)、これまでの成績を見れば「クフフネ産駒」だから、という理由でケチをつけるのは、最早言いがかりに近いでしょう。

「ある程度前につけられて、メンバー中上位の上がりが使える馬」

残念ながら、この好走イメージにもピッタリ当てはまります。

 

上位人気馬

 

現時点で上位人気が予想されるのは、

 

・アカイトリノムスメ
・アンドヴァラナウト
・ファインルージュ
・ユーバーレーベン

と言ったところ。

 

アカイトリノムスメ

桜花賞4着・オークス2着馬。

春のGⅠ戦線の主役の一頭で、これまでも堅実な走りは見せている。

位置取りもある程度前に行けそうだし、上がりも4~6位程度は使えそうなイメージはある。

ただ、その位置取りにしても上がりにしても「ソコソコ」の印象は拭えず、着順も「ソコソコ」で終わりそうな感じもある。

前走東京2,400mと今回の阪神2,000mならば、東京2,400mの方が合っているように思える。

何とも言い難い馬ではあるが、複系の馬券ならば買える馬だろうが、オッズ次第と言ったところ。

 

アンドヴァラナウト

ローズS勝ち馬。

有力どころでは、唯一春のクラシックを走っていない馬。

前走のローズSは、中段外目から上がり最速を使って0.2秒差勝ちの内容。

ここまでオール連対の上「ある程度前につけられて、メンバー中上位の上がりが使える馬」にこれまたドンピシャの成績。

福永Jがファインルージュではなくこちらを選択したと思われる事からも、期待度の高さが伺える。

ソダシと未対決なので、未知の魅力もある。

馬体があまり大きくない為、パワーを求められると厳しいかもしれない。

馬体重は減らしたくない。

 

ファインルージュ

桜花賞3着・紫苑S1着。

桜花賞は8番人気からの「激走」だったが、前走の紫苑Sは2番人気で0.3秒差をつけての完勝。

こちらはアンドヴァラナウトと違い500kg近い雄大な馬体を持っているし、フェアリーS・紫苑Sと、中山の重賞を二つ勝っていることから、パワー勝負も急坂も全く問題ない。

例年の京都で開催ならばアンドヴァラナウトの成績の方に目がいくが、阪神で開催される今年はファインルージュの成績の方が目を惹く。

ルメールJに乗り替わるので、位置取りももう少し前につけられるかもしれない。

有力だろう。

 

ユーバーレーベン

オークス1着馬。

勝ち味に遅い馬だったが、前走は後方から豪快に追い込んでゴールドシップ産駒初のGⅠ制覇となった。

豊富なスタミナから長く良い脚が使えるタイプのようで、前走のオークスはその強みが活きた内容。

今回も、メンバー中早い上がりを使える可能性は高い。

が。

他の有力馬と違い、位置取りが後ろになる可能性が高く、また、デムーロJの出遅れ癖も気になる。

脚部不安明けもあり、人気ならば嫌いたい一頭。

 

人気薄

 

現時点で下位人気が予想される馬の中で、銀猿的に気になる馬は、

 

・アナザーリリック
・エイシンヒテン
・サルファーコスモス
・テーオーラフィット
・マリアエレーナ

あたり。

 

特にアナザーリリックの前走は秀逸。

古馬相手の準OPで0.4秒差をつけての圧勝。

しかも負かした2着馬は次走で準OPを勝ち上がり、3着馬は小倉記念を勝っている。

弱くない相手を圧勝で負かしている訳だから、いくら斤量が軽かったとは言え評価できる。

体質的に弱い面があるようなので、間隔を開けたローテも良いハズ。

位置取りは後ろになるだろうが、人気はそこそこだと思うので、オッズ的な妙味を考えれば狙ってみたい一頭。

 

最後は指数で

 

予想はこんな感じですが、最終的には枠順とオッズをを見てからと、何と言っても使っている指数を確認してから決めます。

希望としては、

 

・アンドヴァラナウト
・ファインルージュ
・アナザーリリック

あたりに高い指数が与えられれば、何も迷うことなく馬券が買えるレースなのですが、果たしてどう出るでしょうか?

最終決断は、土曜日の夜or日曜日のレース直前(この場合はツイッターで)にて!

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事