スポンサーリンク

 

 

 

連勝スタートを切った8月だったが、あえなくすぐさま連敗。

初日の勝ちが大きかったので収支的にはまずまずだが、コレ以上の連敗は避けたい。

スタートダッシュを決めたのに、失速して引退の危機・・・。

先月の二の舞いは御免だ。

では、第515話をご覧ください。

 

 

良く出来ました

 

 

8月5日

今日の稼働はラッキー店から。

狙い台はスロッター金太郎。

お気に入りの機種。

三日前には高設定を掴んでいるし、二日前にも高設定と思える台があった。

もしかして今が旬の台?

期待を持って、本日も朝から狙い打つ。

10時開店。

昨日、下見を終えているので、狙い台は決まっている。

一直線に狙い台に向かい、携帯を投げ入れた。

ラッキー店はもとより、隣のボギー店の開店チェックを済ませてから台に戻り、いざ勝負開始。

この台の肝は「ボーナス」

ATもついているし、ATのヒキが悪ければ高設定でも苦戦を強いられる事はあるが、基本はボーナス。

ATの入り口がボーナスなのだから、当然と言えば当然。

プレミアATもあるし、プレミアが引ければ、その日単体の勝負は「勝ち」になる公算が非常に高いが、そのプレミアの入り口も結局はボーナス。

そう、この台は、金太郎と言う名がついており、しかもAT搭載機なのだが、基本的にはノーマルAタイプと考えて立ち回るべき機種。

但し、花火バーサスのように減算値判別は効かないので(そもそも小役カウンターがついていない)、設定推測はボーナス出現率のみ。

そう考えると手を台づらいように思えるが、ベースが高い(コイン持ちが良い)事に加え、ボーナス確率の差が非常に大きいので、案外攻めやすい機種である。

「金太郎」という看板の大き過さと、前作のイメージが強過ぎる事、そして、出玉増加速度の遅さから、当時のメインユーザーから支持を得られなかった。

その為、ライバルが非常に少なかった事も、立ち回りをし易くしてくれていた。

そんなスロッター金太郎。

この日は絶好調の一言。

朝イチ3KでBIGを引くと、その後は一切財布に触れず。

ボーナスは順調そのもの。

その上、ATのヒキも確率以上に快調だった為、出玉は右肩上がりに伸びていく。

結局、終日ハマリらしいハマリもなく、ボーナス確率は設定5と6の間を保ってフィニッシュ。

ATのヒキが強かったにせよ、この確率で収支は+63K。

上出来の結果。

やはり、この機種の高設定域の安定感は半端ない。

気持ちの良い快勝で連敗ストップ。

前日狙い台がしっかり高設定で、終日打ち切っての勝利。

今日は、良く出来ました。

 

 

店舗 機種 収支
ラッキー スロッター金太郎 +63K

 

 

 

小計 月間計
+63K +152K

 

 

第516話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事