スポンサーリンク

 

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第111弾「ネオマジックパルサー」の登場です。

銀猿が愛してやまないネオプラの後継機。

期待せずにはいられない機種だったのですが・・・。

雑感は、稼働日記に書いた通り。

とは言え、あくまでアレは個人的な感想。

大好きだった人だっているハズ。

早速振り返って参りましょう!

 

 

基本情報

 

 

■メーカー

山佐

■発売時期

2003年7月

 

 

BIG REG 機械割
設定1 1/343.2 1/686.3 98.6%
設定2 1/341.3 1/682.6 99.2%
設定3 1/321.7 1/643.4 102.2%
設定4 1/315.9 1/631.7 103.2%
設定5 1/298.4 1/596.8 107.0%
設定6 1/274.7 1/549.4 112.2%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイプ

 

 

本機は、BIG&REG搭載。

BIGのJACKゲームが3回なのでAタイプ。

内部的に成立したボーナスは全て一旦ストックされる為、STタイプ。

BIG時の平均出玉が500枚を超えるので、A-500+STとなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RT解除

 

 

本機のRT解除(ボーナス放出)条件は2つ。

 

①RTゲーム数解除

 

あらかじめ決められたRT解除ゲーム数に到達すると、ボーナスが放出される。

通常時はコレがメイン。

RT解除ゲームが、早い(連チャン)か遅い(ハマリ)かなどは、後述するモードにより異なる。

天井は1,344ゲーム。

ちなみに、次回ボーナスがREGの場合強制的に777ゲームに書き換えられる為、778ゲーム以上ハマッた場合は、BGI確定となる。

 

 

 

②小役解除

 

通常時の確率はかなり低くあまりお目にかからないが、特定小役を引く事でRTが解除される。

解除対象役は、特殊リプレイ・チェリー・オレンジで、全て1/4096で解除。

また、純ハズレでも解除されるが、その確率は1/16384と、GODの倍。

但し、後述する「マジカル×10ゾーン(MZ)」中は、大幅に解除される確率が上がる。

 

 

モード

 

 

上述通り、本機はモードで管理される。

そのモードは全部で6つ。

細かい数値はさておき、何となくイメージを掴んで頂ければ。

 

 

 

①通常モード

 

簡単に言えば「普通」のモード。

特に連チャンし易い訳でもなく、ハマりやすい訳でもない。

移行モード先は、良くて通常モードのループ。

ハマリ系モードへの移行確率が高い。

設定3以下では、連チャン系への移行はかなり少なく、設定6でも1/4でハマリ系のモードへ移行する。

平均放出ゲーム数は、240ゲーム。

 

 

②引き戻しモード

 

 

RT解除ゲーム数、161ゲーム以内が選ばれやすいモード。

但し「選ばれやすい」だけであって、抜ける可能性は結構ある。

このテーブルでも天井は1,312ゲーム。

161ゲーム以上が選択される確率が、約32%もある。

 

いわゆる連チャンが発生する可能性が高いが、ループする確率は低くほぼ他のモードへ移行する。

移行モード先は、高設定になる程連チャン系のモードに移行しやすく、低設定になればなる程ハマリ系のモードに移行しやすい。

設定5で連チャン系とハマリ系が五分五分。

設定6になると、連チャン系が上回る。

 

 

③連チャンモード

 

 

名前の通り、連チャンし易いモード。

早いRT解除ゲーム数が選ばれやすい。

モードの移行先も、ほぼ引き戻しか連チャンモードのループ。

設定5と6はループ率が上がる為、連チャンする確率が高くなる。

 

 

④中ハマリモード

 

ハマリ系モードの一つ。

160ゲーム以内での解除(0.39%)は絶望的。

多くの場合、161~1,056ゲーム以内が選択され、特に289~800ゲーム以内が選ばれやすい。

モードの移行先に設定差はなく、約98%の確率で通常モードに。

残りの2%を、5つのモードで均等に振り分けられる。

 

 

⑤大ハマリモード

 

約98%の確率で、1,313~1,344ゲームが選択される、鬼のようなモード。

殆ど移行しない・・・訳ではなく、設定1なら、通常モードと引き戻しモードの約42%で移行する。

設定6でも12.5%の確率で移行するので、結構捕まる可能性は高い。

ここを抜けると、約96%の確率で、引き戻しor連チャンモードに移行。(確率は五分)

また、ビッグバンモードへの移行率が最も高い。(と、言っても、2.73%だが)

 

 

⑥ビッグバンモード

 

ネオプラにも搭載されていた、超天国モード。

移行率は激烈に低いが、移行すれば、ループ率は86、7%と高い。

但し、RT解除ゲーム数のテーブルは引き戻し&連チャンモードと同じ為、ハマる可能性もある。

 

 

 

マジカル×10ゾーン(MZ)

 

 

本機最大の特徴でもある、特殊解除ゾーン。

リプレイの一部(いわゆる、揃わないリプレイ)とチェリーを引いた時に、突入抽選が行われる。

また、天井が儲けられており、あらかじめ決められたゲーム数までにMZが発動していなければ、強制的にMZに突入する。

天井ゲーム数は、設定変更・ボーナス終了後・MA終了後に、リセットされる。

天井は最短で20ゲーム、最長で600ゲームだが、600ゲームが最も選択されやすい。

 

MZに突入すると、上述した小役解除確率がハネ上がる。

解除対象となる特殊リプレイの出現率自体も上がる為、ボーナス放出の可能性が高まる。

継続ゲーム数は20~600ゲームだが、現実的には20~30ゲームが基本。

ハマリ系モード滞在時に、ここで解除出来るかどうかが、運命の分かれ道となる。

 

 

演出

 

長くなったのでサラッと。

本機は、ネオプラで採用されたELヴィジョンを搭載。

リール前面に配置された液晶で、多彩な演出が繰り広げられる。

名前に「パルサー」がついているので、当然、主役は目玉のついた土星ではなく、お茶目なカエルである。

 

 

立ち回り

 

 

高設定狙いと言いたいところだが、前身機ネオプラと比較しても、設定看破はかなり難しい。

正直、ノーヒントだと、設定6も分からないかもしれない。

778ゲーム以上ハマればBIGが確定する上、出玉も多く、そして、連チャンモードへの移行も期待出来るので、ハイエナが効果的に思える。

が。

連チャンゾーンが160ゲームと長めで、運良く連チャン系のモードにいても、160ゲームを超える事もしばしばな事を考えると、積極的に狙いづらい。

それでも、期待値がプラスであれば、勿論打って良しだが。

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事