スポンサーリンク

 

 

 

前回より、2003年8月の突入。

初日は、猛獣王の推定設定5の台で、十万両勝ちの超ロケットスタート。

大きなアドバンテージを得る事が出来た。

4ヵ月程、情けない稼働が続いている。

この勢いに乗って、今月こそは専業者らしい内容を見せて貰いたい。

では、第512話をご覧ください。

 

 

地味ながら

 

 

8月2日

今日の稼働はメイン店である、ラッキー&ボギー店から。

まずはラッキー店のキンパル。

先月、設定5と6を打たせて貰っている。

今日も高設定を期待して打ち始めると、三台目でリセットが引っかかる。

コレがBIGで、BIG中のハズレは2発。

喜んで追いかける代物でもないが、他にリセットがかかった台がなかったので、もう少し打ってみる。

最初のBIGで得た出玉が無くなる直前に、二度目のBIG。

このBIG中に、ハズレが3発出た時点で戦意喪失。

速攻でヤメる事を決意をしたが、運良く連チャン。

投資分の回収プラス、多少の浮きをもたらしてくれた。

お次はお店を移動して、お隣のボギー店へ。

座った台は・・・旋風の用心棒。

本当に自分でも分からないのだが、負けても負けてもこの台を選択する理由は何だったんだろう?

コメント欄にも書いて頂いたが、本当は好きでたまらなかったのだろうか?

いやいや。

この手のゲーム性の台はあまり好みでもないし、原作の映画も存じ上げない。

好きな理由は見当たらないのだが・・・。

この時の選択理由は「イベント対象機種」だったからなのだが、好きでもなければ、設定推測が安易な台でもない。

余程展開に恵まれないと、長時間打つ事は難しかろう。

「サクッ!」と16Kもむしり取られて終了。

何やってんだか。

ここからはハイエナタイム。

最初に打てたのは巨人の星。

相変わらずエース台なのだが、今日は上手くハマらず。

割と早めに当たってくれたが、BIG単発ではどうしようもない。

-3Kで撤退。

お次と行きたいが、打てる台がない。

遅め&長めの昼食をとったり、コンビニとの往復を何度もしたりしながら待つ事数時間。

やっと座れた台は、ハイエナでなく設定狙いでスロッター金太郎。

2,000ゲーム強回されており、BIG確率が1/300を切っている。

まだ回転数不足は承知だが、ボーナス確率の設定差が段階的に大きいのがスロ金。

確信は持てないが、一度打診するぐらいの値打ちはあるだろう。

ともかく一度当ててから考えるつもりで打ち始めると、初ボーナスは投資僅か3KでBIG。

そして、このBIG終了後にATゲットのおまけ付き。

まずまずの出玉を確保する事が出来た。

こうなれば、少なくとも、飲まれるまでは追う事が出来る。

そう思いながら打ち続けると、この後も好調を持続。

BIG確率は1/300前後をキープし続ける。

ボーナスが引ければ、必然的にATがついてくる確率が高くなるのがスロ金。

地味ながら安定感がある。

結局、最後までペースが落ちる事なく閉店時間を迎え、好調なままフィニッシュ。

何故打ったのか分からない用心棒の負債を回収し、見事に逆転。

連勝スタートとあいなった。。

 

 

店舗 機種 収支
ラッキー キングパルサー +4K
スロッター金太郎 +32K
ボギー 旋風の用心棒 -16K
巨人の星 -3K

 

 

 

小計 月間計
+17K +121K

 

 

 

第513話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事