スポンサーリンク

 

 

 

前回で2003年7月の稼働が終了。
今回より、8月に突入する。
4月、6月、7月と、情けない結果に終わっている。
勝負事なので波がある事は避けれないが、こうも連続する以上、原因は「波」にあるとは考えなられない。
そもそも、高設定狙いで立ち回っているのに、高設定奪取率が低すぎるのが原因。
ダメなところが分かっているのなら、後は改善に取り組めば良いだけ。
今月は、どんな立ち回りを見せてくれるのだろうか?

では、第511話をご覧ください。

 

 

大正解

 

 

8月1日

8月最初の稼働は、先月よりイベント日に通い始めたN・E店から

今日は金曜日。

勿論、イベント日である。

狙いは当然猛獣王の設定6。

駄目なら、再度野獣を狙ってみようか?

それも駄目ならネオプラ

いずれにしても、そこに「ある」可能性が高い中から探すのは、ドキドキするし、ワクワクもする。

それが例え8枚交換だとしても、だ。

香ばしい匂いがするおじ様たちの後を追い、猛獣王のシマを目指す。

到着すると、既に3台は抑えられている。

残り二台のうち、カドの方を選んで携帯を置いた。

台を抑えた後は開店チェック。

猛獣王を外した時の行先をあらかた決め、台に戻りいざ勝負開始。

今日も狙いは設定6なので、サバ抽選3回までは黙って打ち続ける。

そう決めて打ち始めると、投資1Kで純ハズレ降臨。

だが、これはあえなくスルー。

設定6の可能性が少し下がった。

二度目のサバ抽選を目指して打っていくと、現れたのは純ハズレではなくBIG。

投資僅か3K。

持ちコインができ、少し気持ちが軽くなったところで、早くも二回目の純ハズレが降臨。

しかも、今は高確中だ。

固唾を飲んで液晶を見守っていると、口元が思わずほころぶ、ダチョウさんのご挨拶。

「貰った!」

と、思ったところで、マングース登場からめでたくサバ発動!

してやったり!

二発目の純ハズレでサバGETである!

但し、前回同じパターンでサバが単発に終わり、追いかけた挙句-48Kと大敗を喰らっている。

ここは是非とも「三連」で終わって欲しい。

そう願っていると、最初のサバ終了後まもなく、いきなり金カバ登場!

コレで単発はなくなった。

後は、三連で終わってくれる事を祈るばかり。

運命の三連目を消化。

ここで止まれば、設定6の可能性激高。

再度固唾を飲んで液晶を凝視していると・・・液晶ではなく、遅れ発生から15小役成立のサバ確定演出が出てしまった。

残念ながら五連以上が確定。

この時点でまだ可能性は残されているものの、設定6の可能性はグッと低くなった。

仕方ない。

こうなれば、このサバが伸びる事に期待する他ない。

そう思いながら打ち続けると、このサバは11連で終了。

もっと伸びて欲しい願望は勿論あるが、十分な連チャンだ。

さて。

この後をどうするか?

目の前の台が設定6である可能性は極めて低い。

試行回数は少ないが、現時点で設定を予想するならば、3or5が濃厚だろう。

設定5の確証がない以上、ここでヤメるのも立派な手だ。

だが。

残りの4台の挙動を見ていると、設定6ではない可能性が非常に高い。

カド台なので、逆側の2台がサバの抽選を何回受けているか分からないが、サバに入っていない事だけは確か。

猛獣王への設定6投入率が高いイベントで、設定6が無い可能性が高い状況。

そして、自分の台は設定5の可能性が十分にある。

その上、十分な持ちコインがあり、この店は8枚交換。

うむ。

ひとしきり考えた結果、ここは「続行」を選択。

設定5における、高確抽選時のサバ当選確率は「1/1.7」

多めにみて後三回。

いや、後二回高確ハズレを引くまで頑張ってみよう。

そう決めて、そのまま打ち続けた結果・・・

コレが大正解っ!

二度目の高確ハズレからも、見事サバに突入し、サバ連をGET!

その時点で設定5の気持ちを強め、ブン回しモードに突入。

そこからもコンスタントに出玉を伸ばし、最後は、22時前に高確が抜けたところで、少し早めのフィニッシュ。

ジェットにメダルを流すと、万枚には届かなかったが、刻まれた数字は8,000枚オーバー。

十分納得の大勝利。

南の空に打ち上がっていた大量の花火が、僕の勝利への祝砲に思えた一日となった。

 

 

店舗 機種 収支
N・E店 猛獣王 +104K

 

 

 

小計 月間計
+104K +104K

 

 

 

第512話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事