スポンサーリンク

 

 

こんにちは!銀猿です。

今回は機種名鑑第58弾「ギャンブルコンボ2」の登場です。

個人的には「打った事を全く覚えていなかった」、一度しか打ってないシリーズ該当機なんですが、世の中的にはどうだったんでしょうか?

今、改めて見返してみると、面白い/面白くないはさておき、かなり個性的で「尖った」機種だと思いますので、熱狂的に好きな方もいらっしゃったのではないでしょうか?

後の、アノ名機にも繋がる「源流」とも言えるゲーム性ですしね。

では早速、超個性的なゲーム性を振り返っていきましょう。

 

スペック

 

■メーカー

アルゼ

■発売時期

2001年7月

 

 

BIG REG 機械割 フル攻略時
設定1 1/444 1/438 95.4% 99.1%
設定2 1/426 1/375 99.4% 103.1%
設定3 1/408 1/327 103.5% 107.1%
設定4 1/393 1/288 110.2% 115.5%
設定5 1/378 1/261 115.1% 124.9%
設定6 1/357 1/237 119.9% 159.0%

 

 

 

 

 

 

 

 

出典777@Nifty様

 

 

消えるボーナス

 

多彩なゲーム性を持つ機種が、次々と登場した4号機時代にあっても、本機のゲーム性は「超個性的」でした。

本機はタイプで言うと「B+RT」になります。

このアルファベットの並びだけ見ると、特に異変は感じないでしょうし「RT」ですから、爆発力も「期待薄」と言った印象を受けるかもしれません。

が、本機は、その機種名に「ギャンブル」をつけただけの事はある、爆裂マシンです。

最大の特徴は、

「ボーナスが消える」という事です。

正確には「成立ゲームに揃えないと、そのゲームでフラグが消滅する」という事になります。

通常の機種であれば、ボーナスが成立すると、入賞(揃える)するまでフラグが消滅する事はありませんが、本機では「一発勝負」で揃える事が出来なければ、その時点で「終了」となります。

 

 

 

 

 

 

 

ボーナスの入賞方法

 

まずは普通の機種同様、レバーを叩き、ボーナス成立を待ちます。

上記ボーナス確率を見ると「Bタイプのくせにやたら重い」と感じられたでしょうが、実際に「フラグが成立する確率は」下記の通り「超軽い」です。

 

 

BIG REG 合成確率
設定1 1/148 1/146 1/73
設定2 1/142 1/125 1/66
設定3 1/136 1/109 1/60
設定4 1/131 1/96 1/55
設定5 1/128 1/87 1/51
設定6 1/119 1/78 1/47

 

 

このように、設定1でも1/73という破格の確率でボーナスが成立する訳ですから、確率的には5千円程度打てば、2度ボーナスを「引けます」。

ですが、上記したように「入賞」しなければ、このボーナスフラグも消滅してしまいます。

入賞させる為には、

 

①左リールはフリー

②中リールに、「7・BAR」図柄を目押し

③右リールに、「赤or青or黄」いずれかの7を目押し

※②と③は逆でもOK

が、必要となります。

最大の難関は、右リールの「3択」に「勘」で正解しないと、いくら目押しが正確でも、全くボーナスが揃わないという点です。

ですので、ボーナス成立確率×3 = ボーナス出現率 となります。

注意点としては、中リールの目押しをミスると「絶対にボーナスが揃いません!」

目押し自体は難しくないですが、ボーナスを揃える事に苦労してしまう目押し力の方は、絶対に打ってはいけない機種でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャンブルタイム

 

めでたく1/3の難関を突破し、BIGを入賞させる事が出来れば、BIG終了後にドキドキのギャンブルタイム(以下GT)の抽選が行われます。

GTの当選確率は下記の通り。

 

GT突入率
設定1 1/2.000
設定2 1/2.000
設定3 1/2.000
設定4 1/1.818
設定5 1/1.667
設定6 1/1.250

 

 

この抽選に見事当選しGTに突入すると、以下の状態になります。

 

①リプレイ確率がUP = RTに突入

②ボーナス成立時には、右リールの揃える絵柄の色をナビ

つまり、ほとんどコインを減らさずに(設定3の理論値で純増-0.29枚)、次のボーナスを入賞させる事が出来るのです。

しかも、GTの終了条件は「BIG成立」ですので、GT中のREGは完全に「引き得」となります。

ですので、運が良ければREGの連打で、どんどんコインを増やす事も可能となります。

GT中の注意点としては、BIGのナビ発生時に目押しを失敗してしまうと「以降のボーナス成立時に、ナビが発生しなくなる」事が挙げられます。

ボーナスが「入賞」するまで、リプレイ確率はUPしたままになりますが、最初のBIG成立で揃えられないと、ナビを獲得する権利を一切失ってしまいますので、その損失は計り知れないモノとなります。

 

 

 

 

 

 

その他の特徴

 

・3枚掛け専用

・ボーナスは完全告知

・ボーナス成立時には、高速消化によるミスを防ぐ為、ボタンが一瞬効かなくなる

・10連続で3択に失敗すると、次回ボーナス成立時にナビが発生する、救済ナビがある。

・中リールを目押しミスし、右リールの3択に正解した場合、次回ボーナス成立時にナビが発生することがある。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

文字で書くと難しく感じてしまいますが(僕の文章力の低さが問題なだけ)、実際に遊技してみれば、それ程「難しく」はありません。

ただ、特殊なゲーム性の為、打ち手を選んでいたのは事実ですし、このゲーム性上、通常ゲームが「告知待ち」となってしまうのが、退屈に感じられた事でしょう。

ジャグラーや、沖スロなど、完全告知の面白さは今では完全に市民権を得ていますが、この時代はまだソコまでではなかった事と、本機は、ボーナスの「成立」はまだ「入口」であった事から、通常時はやはり「面白くない」と、感じるユーザーが多かったと思います。

ただし、名前の通りギャンブル性のかなり強いスペックですから、熱狂的(中毒的)ファンはいらっしゃったでしょうし、本機の設定6は「掴めば万枚」という仕様でしたので、本機の設定6を使ってくるホールがあったならば、朝の台取りは「鉄火場」と化していた事は、安易に想像出来ます。

 

 

 

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事