スポンサーリンク

 

 

 

前回、王様店で見事に花火の設定5をゲットしたものの、収支は+5Kとしっかり出し切れなかった。
投資38Kを捲っての勝利ではあったので「負けなくて良かった」とも言えるのだが、やはり「チャンスを逃した」という気持ちが大きい。
とは言え、引きずっていても仕方ないので、気持ちを切り替えて今日の戦いに挑む。
そもそも確率なんて、そんな簡単に収束しないと言っていたのは、誰であろう自分自身でしょ!

では、第447話をご覧ください。

 

 

止まらない

 

 

5月20日

昨日の稼働はお休み。

一日空けた今日も朝イチは王様店から。

復活の兆しを見せてくれた以上、イベントを行っている時は最優先で来るべきお店だ。

狙いは当然花火。

最早コレ一択である。

いつも通り、少ないお客さんと共に入店。

相変わらず、開店直後だがじっくりデータを確認して台を選ぶ。

10時1分で、こんなにノンビリ台が選べるお店も珍しい。(今では珍しくないかもしれないが、時は2003年ですからね)

吟味の結果、一台を選んで打ち始める。

すると、投資僅か2Kで素早くBIG。

そして、判別プレイが来る前に、BIGをもう二発!

この時点で「貰ったかも!?」と、正直思ってしまったのだが、何の事はない、完全無欠の早とちり。

判別結果は不合格だと。

設定4以下が確定したので、コインを流して台移動。(この当時は、ほぼ持ちコインでの台移動は出来なかった)

二台目に選んだ台も、僅か3KでサクッとBIG。

しかも、先程以上の連チャンが炸裂!

「コレじゃ、なかなか判別出来ないよぉ~」

ニヤけた面をしていたかもしれない。

それ程気持ち良く連チャンしてくれた。

勿論心の中では「今度こそ貰った!」と、半ば確信めいた気持ちになっていたのだが、何と、何と、判別結果は不合格。

単なる「鬼ヒキ炸裂でした」と言うオチ。

一昨日の分が、早くも戻ってきた形。

この時点で不当に浮いている。

しかもまずまずの額。

こうなると、無理に攻める気が失せる。

残りの台にはあまり食指が動かない。

と、言う事で、二台判別を終えた時点で、王様店を後にする。

外に出て、原付きに跨り、向かった先はE・T店。

ちょくちょく来る「強いお店」なのだが、実践成績は良くない。

この時も、ぐるぐる回った挙句、ハイエナがてらキンパルを触ってみるも、結果は芳しくなかった。

無駄に勝ちを減らす前に、そそくさと退散する。

再度原付きに跨り向かった先は、いつものラッキー店。

この状況なので、完全にハイエナ一本で待機策。

すると、暫く待って座れた台はキンパル。

それ程ハイエナ向きの台ではないが、自分の「打って良いライン」は超えているので、ここは臆さず勝負。

結果は、この機種にしては上出来の+7K。

うん。

悪くない。

この後も待機策。

ジッと待つ事数時間。

やっと打てる機種が空いた。

座った台は海一番。

以前にも書いたが、この機種は自分の中ではハイエナ専用機。

打つべきゲーム数と、ヤメるべきゲーム数が明確で、しかもヤメ時は37ゲームと勝負が早い。

120数ゲーム回す事が必須である他の機種と比べれば、断然ヒット&アウェイが効く。

この時も「素早く決着させて次」と思いながら打ち始めたのだが、予想外に勝負が長引いてしまった。

理由は、最深部まで連れていかれた・・・のではない。

確かに、初当たりに投資はかかったが、勝負が長引いたのは「連チャンが続いたから」に他ならない。

ジュゴンを引いた訳でもないのに、連チャンが止まらない。

この機種の場合、連チャン≒BIGだし、放出ゲームが早い。

その為、もの凄い勢いでコインが増えていく。

結局、めくりくるBIGの連打のお陰で、このハイエナでの収支は+54Kと、超出来過ぎの結果!

朝イチの花火でのラッキーパンチと合わせると、何とも不当な大勝利。

不当であろうと何であろうと、この勝ちは大きい。

コレで、収支的には「一息」つく事が出来た。

してやったりだ。

 

 

店舗 機種 収支
王様 花火 +19K
E・T店 キングパルサー -4K
ラッキー キングパルサー +7K
海一番 +54K

 

 

小計 月間計
+76K +232K

 

 

第448話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事