スポンサーリンク

 

 

 

稼働出来る日数は、残すところ5日。

負債額は53K。

一日で取り返せない額ではない。

二日あれば十分巻き返し可能である。

だが。

フラフラと、軸が定まらないままここまできたのである。

自信を持って攻められるお店も、気合い満点で並びたいイベントもない。

そんな状況の中で後五日・・・

どうなる事やら。

では、第430話をご覧ください。

 

 

迷いが透けて見える

 

 

4月26日

月間収支がマイナスに終われば即引退。

この鉄則がある中、残り5日で-53K。

痺れる状況である。

冷静に努めようとしても、思考が「正解」に辿り着けないかもしれない。

本人は至って真剣そのもの。

その時、その時で、どうすれば勝てる確率が高いか?

どのお店が、高設定を掴みやすいのか?

どの台が高設定なのか?

グルグルと脳内を駆け巡りながら、一生懸命に考えていた事だろう。

だが、しかし。

この日の収支表を見ると、迷いに迷っている姿が浮かび上がってくる。

今、17年の時を経て見返してみると、明らかに「不正解」としか言えない。

お店選びも、機種選びも、納得出来ないモノばかりだ。

今日の稼働内容は、機種数も多く(延べ)、細かい移動を繰り返している為、詳細は割愛。

最後の一覧をご確認頂き、強いプレッシャーの中、迷走し、右往左往しながらスロットを打っている青年の姿を、感じ取って欲しい。

まず、朝イチからしておかしい。

以前から、お客さんが少なく、閑古鳥が鳴いていると言っているJ・I店の花火からスタートしている。

ここはラッキー&ボギー店近くのお店。

両店に打つべき台が無い時に、ハイエナ出来る台を探しに来るお店。

そんなお店で朝イチから花火・・・。

当然、何かしらのイベントをやっていたのだろうが、そんな所に期待を寄せてしまう時点で、判断が鈍っていると言えよう。

勿論、減算値判別に合格する事はない。

その上、花火が低設定に終わったにも関わらず、その後、ネオプラと大花火を打っている。

年に一度の大イベントだったろうか?

それにしてはお客さんが少ない。

共に少額の負債で済んでいる事は幸いだが、運良くすぐ当たって、すぐさまペロリと食べられたのが関の山だったのだろう。

今もって、朝イチからJ・I店に行っていた事が信じられない。

この後はラッキー&ボギー店に戻り、ここからは大迷走。

両店を行ったり来たりしながら、設定狙い、ハイエナ狙いと、打ち散らかす。

しかも、この後に及んで、まだネオプラを打っているところが痛々しい。

一月に出した万枚が忘れられないのだろうか?

都合、3店舗で7機種(延べ)を打ち散らかし、この日の稼働は終了。

負債が小さかった事だけが救いだが、この状況でこんな稼働内容しか残せないのならば、引退した方が良いのかもしれない・・・。

 

 

店舗 機種 収支
J・I店 花火 -4K
ネオプラネット -2K
大花火 -1K
ボギー ネオプラネット +5K
キングパルサー -4K
ラッキー 海一番 +6K
キングパルサー -4K

 

 

小計 月間計
-4K -57K

 

 

第431話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事