スポンサーリンク

 

 

こんばんは!銀猿です。

専業生活2年目となる2002年も、今回でラスト。

一年目以上に、迷いが多かったこの二年目。

「正解」がある生活ではないが、一年目より苦しさを感じる事が多かった年だった。

「苦しさ」と表現したが、勝手気ままな生活をしているのだから、そんなものは苦しさなんてうちに入らない事は承知している。

誰に強制された訳でもなく、自分で選んだ生活スタイルなのだから、泣き言を言うのお門違い。

四の五の言わず、自分が納得出来る立ち回りでスロットを打てば良いだけの事。

最後の最後ぐらい納得のいくスロットを打ち、一年を気持ち良く締めよう。

では、第345話をご覧下さい。

 

 

文句なし

 

 

12月31日

大晦日の今日も、朝からボギー店へ。

この日の事は、鮮明に覚えている。

メールの内容は今日も熱め。

珍しく、狙いの機種も台も明確に決まっている。

打つ機種は猛獣王。

打つ台はアノ台と決めている。

この店に通い始めて一ヵ月。

そろそろ「傾向」らしきものもチラホラ見え始めてきた。

もし、今日設定6が入るとすれば、自分の中で候補は2台。

特に「本命」の方に入る確率が相当高いと予想している。

「大晦日にAT機の設定6?」とも思ったのだが、メールの内容からは期待度十分。

年の暮れにバカ面を並べて開店待ちするのも何だが、気合い満点で、いつも以上に早く並ぶ事にした。

9時前。

お店に到着すると、してやったりの先頭。

コレで、狙い台が確実に取れる。

大晦日の気温と言えば、極寒の部類。

そんな寒空の下、原付きの運転でキンキンに冷えた身体を、お茶とコーヒーで何とか温めながら開店を待った。

10時開店。

一目散に猛獣王のシマへ向かい、無事に狙い台をGET!

常連のUさんから「やっぱり銀猿さんもコレ狙いでしたか」と、声を掛けられた。

今日、この台が熱いと思っていたのは僕だけではなかったようだ。

打ち始める前に、恒例の店内チェックを済ませたが、流石に人が多い。

僕が言うのも何だが、大晦日ぐらい、家族と過ごせば良いのにね。

心の中で「よろしくお願いします」と、一礼をして打ち始めると、投資1K、10数ゲームでいきなりREG降臨。

開店僅か2分程で、イキナリ勝負所を迎えた。

純ハズレではなくREGだったので、皆の視線が集まっているのが、背中越しに分かる。

REGでサバに入っていた場合は、MAX BETオンでサバが始まる事が多い。

祈ったって仕方がないが、気合い満点で祈りを込めてMAX BETボタンを叩くと、

「チャッチャラッチャララ~」と、鳴り響く鯖サウンド!

いきなりサバ降臨である!

コレでボルテージは一気に最高潮。

この時点で自分の中では8割方「貰った」感触があるが、当然まだ確定はしていない。

平常心を装い、淡々とサバを消化していくと「無事」単発で終了。

ここまでは100点満点のスタート。

後は、早く「確信」させて欲しい。

2度目の山場は、BIGを挟んでトータルゲーム数300ゲーム付近で訪れた。

今度は、純ハズレ。

状態は低確。

「コレで鯖に入れば、まず当確だろう」

そう思いながら打っていると、画面には幸せの使者「ダチョウさん」が、コレでもかと頻発。

心の中のニヤつきが止まらない中、回りに悟られないようにゲームを進めていき、最後は小役ナビ降臨からのサバ!

この時点で確信したのだが、最後のダメ押しで、この2回目のサバが3連で終了。

・・・大晦日に猛獣王の設定6。

勿論、ソレを期待し、ソレを狙ってやってきたのだが、現実のモノになるとは・・・。

この後は、猛獣王の設定6を十分に満喫。

ギリギリではあったが万枚にも手が届くおまけつき。

「良い形で年を越したい」と願っていたが、まさかこんな最高の形で一年を終えらるとは思ってもみなかった。

自身、最高の大晦日となった。

 

 

店舗 機種 収支
ボギー 猛獣王 +174K

 

 

小計 月間計
+174K +392K

 

 

 

第346話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事