スポンサーリンク

 

 

こんばんは!銀猿です。

時は、2002年5月。

この当時のパチスロ市場は、爆裂AT機が主役を張る時代。

獣王・アラジンサラリーマン金太郎が人気を集めていた。

その他にも、大量獲得機の、大花火ガメラもまだまだ人気で、パチスロ界が大いに賑わっていた時期。

二年目に突入したパチスロ専業生活も、五ヶ月目に突入。

この当時の立ち回り方は、日替わりイベントで狙えそうな台を狙うか、夕方前から発表される札台狙い。

どちらも、お店の言う事を信じて・・・と言うか、お店の言いなりになって台を選ぶ事が多い。

時折、自分で「読み」を入れた台を打つ事もあるが、その機会はめっきり減った。

いくつか使えそうな店を抱え、その日、その日で少しずつ打つ店・打つ機種を変えていく。

交換率は7枚と7.6枚が多く、たまに6枚交換の店がある程度。

集団で動く事はなく、一人で行動する。

今日も朝から一人、パチスロ屋へ向かう。

 

 

獣からのネズミ

 

5月23日

今日は朝からクレイン店。

特に何も狙いがない時は、獣王で設定6のまぐれ当広い&リセット高確でのまぐれサバ狙いからスタート。

どちらにしても、まぐれ狙いに変わりはない。

その獣王で運良くBIGスタートから、純ハズレ2発目でサバGET。

このサバは残念ながら単発だったものの、何故かその後もBIGを引き続け、ノーマルAタイプのような勝ち方。

高確ハズレが1/3のヒット率になったのでヤメ。

お次は、少し気になるゲッターを減算値判別をしてみるも「気になる」程度では、判別は落ちない。

まだ多少勝っているうちに、サッサッと勝ち逃げを決め込む

 

 

店舗 機種 収支
クレイン 獣王 +15K
ゲッターマウス -6K

 

 

※一言コメントなし

 

小計 月間計
+9K +317K

 

 

 

 

獣からのネズミその②

 

 

5月24日

今日も朝からクレイン店。

この日は打つ機種に悩む事はない。

獣王が「全台設定4or5」というイベントだから。

6が無い事が確定しているのは微妙だが、熱い事は熱い。

台取りの心配をしていたものの、そこは銀猿御用達のお店。

それ程熾烈な並びにはならず、無事台をGET。

当然の高確スタートから始まったのだが、最初からどうもチグハグ。

純ハズレのタイミングが悪い。

BIGは確率以上に引けても、高確ハズレが引けなければ、獣王で大きく勝つ事は難しくなる。

それでも投資の低さと、低確サバや、BIGのヒキに助けられてプラス域をキープ。

21時半を過ぎ。

BIG後の高確状態から落ちた時点で、残り時間を考えてヤメ。

幾ばくか浮いたのでそのまま帰れば良いのだが、ボーナス確率が設定5以上のゲッターを発見したので、確認の判別の為打つ。

ここはこの日の収支は関係なく、もし落ちれば、仕込みを入れて明日に繋げる作戦。

そんな絵を華麗に脳に描いたのだが、まず最初のハードル、減算値判別が不合格では話にならない。

収支を伸ばすつもりはなかったが、少ない勝ちを削られて終了。

自分で考えて打ったので、この結果に文句はない。

二日続けて、同じ店で同じ機種を打っているが、一応中身は違う・・・と、自分では思っている。

 

 

店舗 機種 収支
クレイン 獣王 +14K
ゲッターマウス -6K

 

 

コメント
クレイン店の獣王が、全台設定4or5。
BIGは引けても、高確ハズレがタイミング良く引けない、もどかしい展開。
追い銭をこまめに強いられる苦しい流れも、粘って、粘って何とか勝利。
小計 月間計
+8K +325K

 

 

第227話に続く

一日1ポチお願いします!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事